【パートについて考える】 の記事一覧


パートの仕事とは


どういう仕事のことを、パートの仕事と呼んでいるのでしょうか。

パートの仕事とは、法的にはパートタイム労働法によって定められています。

同じ事業所の正社員よりも、一週間の所定労働時間が短いものがパートということになります。

もしくは一日の所定労働時間がその事業所の一般労働者と同じでも、パートタイム労働者として、一週の所定労働日数が少ない者があてはまります。

さらに呼び方は違いますが、パートもアルバイトも臨時社員も法律ではパートタイム労働者というくくりになります。

比較的正社員と近い仕事を行っている事業所が多く、パートの特徴としての雇用形態が異なる、労働時間が正社員よりも短いという部分以外は正社員と変わりません。

今多いのは、子育てが落ち着いて時間に余裕のできた主婦が、社会復帰するという形で従事するというパターンです。

正社員と違って、パート社員の場合には短時間の就業時間や休みの融通性があるので、仕事としては主婦に適しているのかもしれません。

雇用先の都合でたとえ長期間の就業を希望しても仕事がなくなる場合もあることは、パートの仕事のデメリットだといえるでしょう。

とくに子供を持つ主婦の場合はパートの仕事に従事することになるでしょう。

フルタイムでの仕事や残業等が出来にくい状況にあるからです。

とはいえいろいろと不利なところもあり、給与面や福利厚生も正社員と比較すれば決して満足できるものではないでしょう。

しかし、家庭の用事と仕事を両立させなければならない主婦にとって、働く時間や休日を考慮してもらえるパートの仕事はメリットのある働き方のようです。

投稿者 北野誠




非常識な転職・就職の極意