何故日雇いバイトは急増するのか?


派遣会社に登録して基本的な説明を受け、日雇いバイトを希望すると、自分が働きたい時に日雇いバイトを紹介してもらえます。
まず翌日の日雇いバイトの仕事があるかどうかをあらかじめ電話やメールなどで確認して、仕事があるならば当日に集合場所の現場に直接行きます。
その場で現場に行く人員の点呼などが管理されます。
この集合場所に予定人員が集まらない場合は、人数合わせの為に他の日雇いバイトの登録者に電話がかけられて、必要な人数を集めたりもします。
労働者派遣法が1986年に施行され、99年の派遣法大改正によって規制緩和が導入されたことにより、単純労働での派遣や、日雇いバイトなどのスポット派遣が認められるようになりました。
それが、日雇い派遣、日雇いバイトが広がるという現在の問題を作るきっかけとなってしまったのです。
残念なことに、日本の労働者派遣制度は、労働者保護という点では世界最低水準です。
諸外国の労働者保護法を見習うべきという声も最近ようやく上がってきました。
急増している背景には、実は本当に日雇いで満足している人などほぼいないということがあります。
転職がスムーズにいかず、つなぎのつもりから正社員になかなかなれず、不本意ながらも日雇いバイトを続けるという人はたくさんいるはずです。
わけあって親元を離れた若年層もいれば、度重なる不安定な雇用のために家賃を払えなくなってアパートを退去せざるを得なくなった人もいるでしょう。
このような厳しい現状のもと、やむを得ず日雇いバイトをしている人も決して少ないのです。
この事は、社会問題として真剣に各々が考えなければいけない問題だと思います。

就職戦線異常有り職業選択の自由についての一考察のTOPへ

新聞配達のいいところ


新聞配達は、バイトの中では時給がそこそこいいおいしいアルバイトだということができます。
ボーナスが出るところもあればや、元旦などに特別手当が出ることもあるそうです。
また、金銭面以外でもメリットはあります。
新聞配達のバイトは、朝刊配達がメインとなる場合が多いでしょう。
早いところになると朝3時から配達を開始する場合があり、5時くらいまでには配達が終わるといいます。
昼間の時間がまるまる空くので、他の予定とまずかぶりません。
毎日決まった時間に働くということで、規則正しい生活を送ることができます。
元々早起きができる人は問題なくできるでしょうし、だれでも慣れれば早起きも苦にならなくなるようです。
また、新聞配達のバイトは配っている間は1人で作業を行うものです。
回りの人に気を遣わずに配達作業に従事でき、人間関係の煩わしさはありません。
責任を持って新聞を配達する作業は、バイトといえどもやりがいの持てる仕事でしょう。
新聞配達の他にも集金や営業も同時にできれば、収入を増やすことができるでしょう。

就職戦線異常有り職業選択の自由についての一考察のTOPへ

新聞配達のバイトの詳細


新聞配達のアルバイトは、時給1000円〜1300円が期待できる、かなり割のいいバイトです。
日本には独特の新聞販売店システムがあります。
各新聞販売店が個別の家庭と新聞の宅配契約を結び、宅配、集金を行っています。
新聞販売店でのアルバイトの中には、新聞配達員の他に広告折り込み作業員や新聞代金集金、また新聞販売店の電話番などがあります。
新聞配達のアルバイトは、それぞれの新聞販売店に雇用される形になり、家庭や会社の事務所などに毎日新聞を配達するのです。
最近はほとんどバイクですが、配達される地域の住宅事情により、自転車による配達もできるようです。
新聞配達のアルバイトは、夕刊だけの配達というのはあまりなく、大抵は早朝の作業になります。
新聞配達のアルバイトを探すには、求人情報誌やインターネット求人の検索で探せばすぐ見つかります。
新聞販売店の店頭に募集のポスターが貼ってあったり、新聞折り込みに求人広告が入る事もあります。
当然のことですが、新聞配達は雨の日も風の日も、どんなときでも休まず配達をしなければならない仕事で、体力を必要とするバイトです。
大量に広告が入った日の新聞はかなり重くなり、運ぶのも大変でしょうが、それだけに時給も高く、アルバイトとしては割のいいものだといえるでしょう。

就職戦線異常有り職業選択の自由についての一考察のTOPへ




非常識な転職・就職の極意