転職の情報収集方法


転職の情報収集をするときには、本職の差し支えないような朝や夜にしなければいけないことが多いと思います。

面接なども転職先に相談して日曜や土曜日、夕方などに行ってもらえるか考慮する必要があります。

もしも面接を受けることができる日程が合わなかったとしても、在職している会社に迷惑をかけるような営業の途中に面接を受けに行くといったことは転職活動のマナー違反ですからその場合は在職している仕事を休ませてもらって転職活動をするようにしましょう。

有給消化期間中に転職活動をするというのもいいかもしれませんね。

転職活動にかかるお金は意外とたくさんかかりますから計画を持って転職する方がいいでしょう。

たとえば失業や離職しているときにはその間の生活費が必要ですし、面接にも交通費がかかりますし、転職先で転居しなければいけない場合には引っ越しの費用もかかります。

面接のときに交通費が結構かさむと大きな額になるとも言われていますから転職の計画やお金の面でも十分に立てた方がいいでしょう。

投稿者 友近由紀子

転職して仕事を変わる期間について


だいたい3ヶ月から半年が、転職を検討し始めてから次の仕事先が見つかるまでの平均的な期間だといわれています。

それ以上、転職するための期間をかけてしまうと、新しい仕事先を探す気力が薄れてしまい、転職を断念してしまうケースが多くなるそうです。

多くの中途採用で募集している企業は、即戦力を求めているといいます。

余程のスキルと自信があれば別ですが、1ヶ月後に勤務可能な人材と半年先でなければ入社不可能な人材の場合、どちらが転職に有利かはハッキリしています。

事前に退社のタイミングを、希望の仕事に転職するためにも、計っておく必要があるでしょう。

転職の話は、新しい仕事先が決まるまでは、上司や同僚に話をすることは必要なことではありません。

ただし、管理職などの責任あるポジションに就いている場合には、現在関わっている仕事が一段落して引き継ぎできるまでは、転職活動を控えるのがベターです。

計画的な引き継ぎをしないと、面接の時間を割くのも難しくなりますし、自分自身のゆとりも奪われてしまいます。

さらに、新しい職場への入社可能日は、引き止められた場合のことも考えて、現職の規定の退職準備期間よりも遅めに設定したほうが良いといえます。

せっかく新しい仕事先が決まったのに、入社日が延びて転職がご破算となるのは避けたいですよね。

遅れが短期間であれば、就職先の企業も納得してくれる可能性も無いとはいえません。

前もって計画を立てて、転職して仕事を変わる場合には、周りに迷惑をかけないようにすることが重要なのではないでしょうか。

投稿者 友近由紀子

転職活動にはエージェントを


新しい仕事を探すとき、転職エージェントを利用する方が増えているようです。

転職活動に割ける時間は、転職を考えていらっしゃるほとんどの人が、仕事に現段階では就いている可能性が高いものなので、限られているのが現状です。

休日出勤や残業が多い仕事をされている人なら尚更そんな時間はありません。

相手先との都合が合わずに、転職のため面接に行きたいけれども、やむおえず応募を辞退したということがある人もいるのではないでしょうか。

そんな時に頼りになるのが転職エージェントです。

中途採用に的を絞り、仕事を探している求職者と、求人情報を出している企業先との架け橋となってくれる存在が、転職エージェントなのです。

転職エージェントを利用するメリットが多いことが、転職エージェントの利用者が年々増えていることからもよくわかります。

はじめに、転職エージェントとの対談をするのですが、そこでは求職者のスキルに合わせた転職の可能性を考慮し、比較的転職が成功しやすい仕事先を紹介してくれるなど、求職者の希望する仕事の紹介だけではなく、現在の市場の動きと照らし合わせたいろいろなアドバイスをしてくれるのです。

それから、企業への連絡を、メールで転職エージェントに応募の意志を伝えるだけで、行ってくれるサービスが導入されているようです。

魅力なのは、毎回履歴書を書く手間が省けることではないでしょうか。

一切の費用が無料で、このような転職エージェントのサービスを受けることが可能です。

仕事を変わりたいと思い、転職活動をする時には、ぜひ利用してみてください。

投稿者 友近由紀子




非常識な転職・就職の極意