仕事を辞める為の準備期間について


仕事を辞めたいと言うのは簡単ですが、実際に仕事を辞めるとなればそれなりに準備期間を要します。

辞めたいと思い立ってすぐに辞めるのではなく、半年程を退職のための移行期間と考えます。

例えば引継ぎです。

人事異動や求人情報の掲載から始まり、新しく入った人への伝達まできちんとこなさなくてはなりません。

大事な役割を担っていた方は特に引き継ぎが大事です。

放り投げるような仕事の終わらせ方をして退職しては、退職をして後でもトラブル原になったりもするでしょう。

満足に引き継ぎもできずに会社をやめてしまっては、社会人としては失格と言わざるをえません。

新しい仕事を探し、採用試験を受け、採用が決まるまでには数ヶ月かかることもありますので、そのつもりで算段をする必要があります。

可能ならば今の仕事を続けながら、こっそりと求人情報をチェックして採用試験を受けに行くことです。

雇用保険や雇用契約に関して、退職の際には確認する必要があります。

転職に住居の移転が伴う場合には、費用や期間についても視野に入れて準備しなくてはなりません。

いくら仕事をやめたいと思っても、転職にはタイミングがあります。

今だけは辞められないという時もあり、辞めたいという気持ちが強固なものであっても堪えなければならない時代はあります。

辞めたいという決意が確たるものなら、雌伏の時はぐっとこらえて仕事の替え時を見極めましょう。

投稿者 友近由紀子
 
[PR]
|保険何でも相談室|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局|
|初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン|キャッシングローンミニ知識|

仕事を辞める前に


どうしても仕事を辞めたいという時、何をするといいものでしょう。

仕事を辞めたいと思ったときには、同時に本当に離職をしなければならないのかということも考えて、整理してみましょう。

職場の環境に関することが問題なら、上司に悩みを打ち明けてもいいこともあります。

一緒に働いている人が、似たような悩みを抱えていることもあります。

あるいは、全て打ち明けてしまった方が、事態を改善する方法が見つかることもあります。

解決の糸口は案外と身近な人のところあるかもしれません。雨降って地固まるという言葉もありますし、辞めたいとまで思う職場であれば恐れるものはないはずです。

溜め込んでいたことを出してしまって、問題点を浮き彫りにすることが良い展開を生むこともあります。

状況を分析しながら他者とコミュニケーションを取ることは自分にも利になりますし、もし状況が好転すれば、以前よりずっと納得のいく職場環境になることもあります。

考え方を切り替えて、会社の不満点に対して少しくらいなら目をつぶることも、会社で働く時には必要になることがあります。

難しい事態に向き合っている時の方が、一皮剥けた自分自身になれるきっかけになるといえるでしよう。

また、給料が安いために仕事を辞めたいと考える人は大勢いますが、仕事を変えれば年収が上がるわけではないことに注意しましょう。

転職に時間がかかればかかるほど、財布事情も乏しくなって生活を切り詰めなければなりません。

給与体系ばかりを気にかけていると、仕事の実体や勤務日数などの確認がおろそかになります。

辞めたいと考えている時こそ、全体を広く見て、仕事場の改善や転職で得られるメリットをよく検討しましょう。

投稿者 友近由紀子
 
[PR]
|保険何でも相談室|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局|
|初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン|キャッシングローンミニ知識|

仕事を辞めたいと思ったら


もう1日たりとも働いていられない、もう辞めたいと考えることはありますが、その気持ちに至った理由を客観的に見ることも大事です。

何の理由もなく仕事を辞めたいという方はまずいません。

たいていの場合は、給与や残業など待遇の問題や、人間関係や仕事内容に不満点があるようです。

単なる自己過大評価や理想論による退職では、仮に転職が叶ったとしても長続きさせるのは難しいでしょう。

今の立ち位置をきちんと把握した上で、それでも仕事を辞めたいか考えましょう。

はっきりしたビジョンを持たないままに仕事をやめてしまっては、その後もずっと同じことを繰り返して堂々巡りになることも考えられます。

自分は何故この今の仕事を辞めたいのか、一度じっくり考えてみる必要があります。

自己過大評価や、独りよがりになってしまうのを防ぎましょう。

家族や友人はもちろんのこと、在籍している会社の上司や同僚などにも相談することが大切です。

親身になって話を聞いてくれそうな、信頼のできる相手を厳選してじっくり話し合ってください。

できれば1人ではなく、数人からアドバイスを受けることで、複合的な視点から判断ができるようにすると的確な判断が期待できます。

似たような環境にある人とネットで交流をしたり、書籍で転職情報を確認するのも役に立ちます。

どうして仕事を辞めたいと思っているのか、ノートに肉筆で一つ一つ書いてみると思考が整理できます。

仕事を辞めたいと思ってもすぐには辞めず、まず状況を整理しまわりの人と相談しながら、何が最善なのか考えることが大事です。

投稿者 友近由紀子
 
[PR]
|保険何でも相談室|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局|
|初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン|キャッシングローンミニ知識|




非常識な転職・就職の極意