【転職について考える】 の記事一覧


転職活動の仕方


近年日本では終身雇用という考え方がだんだんと薄れ、転職を繰り返しながらキャリアアップをしていくという人が増加しています。会社に就職してから、特に最初の2〜3年で転職を考えることが多いようです。
実際に若い世代における転職活動は活性化しています。
実際に転職しようと思った時に何をどのようにすればスムーズな転職活動かできるのでしょうか?
まず必要なのは、「何故自分は転職したいのか?」を自分なりに整理することが大切です。
次に転職活動と職探しの流れを把握することも大切です。
各人、転職のきっかけは様々です。
今の会社をやめて仕事を変わろう考えた時に最初にすべきことは、自分の考えをまとめることです。
そして、これから就職活動をするに当たって自分が身に付けたいものは何なのかを考えます。
そのためには、まず今までの自分の仕事内容、キャリアを振り返って、自分の好きなこと・嫌いなことを整理してみることです。
その上で進みたい方向を検討することを始めます。
それからいよいよ就職先探しです。
インターネットやフリーペーパー、もちろんハローワークにも通って、いろんな媒体を調べて仕事情報を集めましょう。
その中から希望の会社をピックアップします。ぜひやってみたい仕事、チャレンジしてみたい仕事が見つかれば、職務経歴書や履歴書を作成して、その会社に応募してみましょう。
応募の前には、面接や試験の準備もしっかりしておく必要もあります。
内定をもらうことができたら、いまの会社の退職する日を決めて直属の上司に退職願いを提出します。
会社から指示された書類などの各種手続きも漏れなく完了させて円満退職することを目指します。
自分がしてきた業務の後任者には、最後まで丁寧に引き継ぎをするよう心がけましょう。
ここまで説明してきた転職活動の流れを目安に転職活動の日程を組み立ててみましょう。
いまの会社を退職して次の仕事を決めるまでのおおまかな転職活動の流れのスケジュールを決めていきます。
転職活動にかかった期間はだいたい1ヶ月〜3ヶ月ぐらいという人が多いようです。
まずは、このくらいの期間を想定して自分なりの転職活動スケジュールを立ててみましょう。

就職戦線異常有り職業選択の自由についての一考察のTOPへ




非常識な転職・就職の極意