転職支援サービスで転職活動をする


日本では現在、終身雇用という考え方がだんだん減ってきています。
そんな中で転職活動をする人が増加し、よりよい職場を求める人がたくさんいます。
転職活動をする人にとって転職支援サービスは強い味方になるといえるでしょう。
転職を手助けしてくれるサービスである転職支援サービスとは、具体的にどのようになものなのでしょうか。
インターネットで簡単に転職支援サービスをしてくれる会社を見つけることができます。
このシステムは、その会社に相談すると経験豊富なキャリアコンサルタントが、自分のキャリアや希望に合ったぴったりの求人企業とマッチングして仲介をしてくれるというものです。
人材登録会社に登録して、転職支援サービスを受けるようにすると一般には公開されていない求人を紹介してもらえることもありえます。
そうすることで転職活動の幅を広げ、情報収集をすることが容易になるでしょう。
さまざまな相談をすることもでき、キャリアカウンセリングを受けたりできるのが転職支援サービスの利点だといえます。
面接に関するアドバイスを実際に面接を受けるときには受けることができます。
また職務経歴書の添削なども受けられますので強い味方です。
厚生労働大臣の認可を受けて、転職支援サービスをおこなっている民間企業が多々あるようです。
転職を考えている人は効率的にできるという点からも自分ひとりで転職活動をせずに、転職支援サービスを利用することをおすすめしたいと思います。

就職戦線異常有り職業選択の自由についての一考察のTOPへ

損害保険会社の事務資格


損害保険会社の事務仕事につくために必要な資格は、まず損害保険募集人資格です。
この資格は損害保険業務の最も基本的な部分についての資格で、専門性が高くなると資格の種類もグレードアップします。
たとえ資格をもっていなかったとしても損害保険会社の事務の仕事をすることはできます。
ただし即戦力が欲しい損保会社などは、採用条件に資格を必要としていることろが多いようです。
保険業法第276条に定められていることがあります。
それは損害保険の募集を行うには資格が必須ということです。
そういうわけで、資格がないままに損害保険会社の事務として採用された場合、会社の意向に従って資格試験を受験することになるでしょう。
以前は損害保険会社の事務の資格そのものは各社共通でした。
損保協会が資格について取り仕切っていたからです。
ですが各社ごとの商品が大きく異なってきたため、現在は損害保険募集人資格以外は会社独自で資格試験を行っています。
事務の資格試験を損害保険会社で行う場合、試験自体そんなに難しいものではありません。
保管会社から送られてくるテキストを一読しただけで、実際に損保事務の仕事をしている人ならば合格点が取れるくらいのものでしょう。
かつては一度資格を取得すればずっとそのまま有効な資格であったのが損害保険募集人資格です。
現在は5年ごとの更新制になっています。
更新試験を5年毎に繰り返し受験しなければならなくなったのです。

就職戦線異常有り職業選択の自由についての一考察のTOPへ

円満退社の仕方


円満退社の仕方についてまとめています。
次の会社の就職活動をはじめるに当たって、必ずしなければならない事がいくつかあります。
まず第一に現在の会社を円満に退職することです。
会社に在籍していた期間が長くても短くても辞める際には、会社や他の社員の方に迷惑がかからないような退職ができるように心がけましょう。
まず退職の2ヶ月前には直属の上司にその意思を伝えます。
上司に話す前に同僚に話すのはやめましょう。
1ヵ月半前に退職日の相談をします。
退職が決定すれば、期間的に少なくとも30日前には退職願を提出するようにします。
さらに10日前にはすべての取引先への挨拶等、引継ぎがすべて完了するようなスケジュールを組みます。
できるなら、会社の繁忙期を避けるようにして、十分な引き継ぎ期間が取れる日程を組めるようにしましょう。
一番最後の退職日当日は、会社から貸与されているすべての物品を返却します。
その他にも机、ロッカー、下駄箱、社用車などが片付いているかどうかを確認します。
これらの作業はしっかりと日程を組んでしまえば済むのですが、やはり一番ネックになるのが会社に対して退職の意思を伝えることでしょう。
退職の意思を伝える時に大切なのは自分の意思がしっかりと固まっていることです。
その意志を自分で確認した上で「相談があるのですが・・・」とあくまで相談という形で、上司に話を切り出すようにします。
よくあるトラブルなのですが、直属の上司に退職の意思を伝えたからといって、すぐに同僚や部下に退職の話をするのは避けた方が無難です。
なぜなら退職の報告を受けた上司は、退職したあと業務を滞りなく進めるにはどうしたら良いか、後任をどうするのか、などを考える必要があるからです。
それが済んでから、正式に会社から辞令が出るまで自分から話すことは避けるほうが好ましいでしょう。
退職理由を報告するときの、円満退社をするためのポイントは、個人的な理由を挙げることです。
反対に会社に対する不満を退職理由にしてしまうと、その改善を理由に退職を引き止められることも予想されます。
さらに残る側にとっても、退職する時にあれこれ不満を残していったのであれば、言われた側はあまり良い気がしないからです。
退社の意志を伝えたときに、思っていた以上に強く引きとめられる可能性も考えられます。
引き止められた場合には、これまでに会社で教育を受けたことに感謝しながら、自分の退職したいという意思を伝えるようにします。ここで円満退社のために重要なのが、否定的な退職理由ではなく「キャリアアップするために新たなる会社に就職したい」などの自分にとって前向きな理由を話すことが効果的です。
退職の意思を伝えてもなかなか許可が下りなくて、時間がどんどん経過していつまでも平行線のままとおいう例も聞きます。
実は、退職することは法律で認められた労働者の権利なので、会社は強制的に労働者を雇うことは出来ません。
もしもなかなか退職させてもらえないのであれば、労働基準監督署に出向き相談することもひとつの方法です。
条件や待遇の改善によって引き留められた場合でも、本当に上司が自分のこれからのことを考えてくれているのか見極めることが大事です。
いずれにしても引き留められて気持ちが揺らぐようでは転職後も後悔するようなことになるかもしれません。
しっかりと自分の意思を固めることが一番なのではないでしょうか。

就職戦線異常有り職業選択の自由についての一考察のTOPへ




非常識な転職・就職の極意