転職エージェントの就職活動でのメリット


求職活動をする時に転職エージェントを利用すると、仕事探しの上で有利な側面があります。
どこの会社が新たな人材を捜しているか知ることは容易です。
転職情報が掲載されているインターネットサイトや雑誌を調べましょう。
けれども自分自身のキャリアと今後の展望に基いて、就職したい、そして就職できそうな企業を探すことはかなり手間と困難を伴います。
情報を端から端までチェックした結果、やはり見つからなかったということもあり、そうなっては手間をかけた時間分の損です。
その点、転職エージェントは希望や条件を伝えることで、求める職業を効率よく探し出してくれます。
また、転職エージェントの保有している未公開の求人情報の中には、公開情報の中から一生懸命探しても見つからなかったいい条件の求人情報が眠っているかもしれないのです。
このような転職エージェントの仕組みを理解し、効率よく使いこなせば、価値の高い求人情報に出会えるでしょう。
また、転職活動に当たり、自分の技能や経験はどのランクに位置するかわからないことがあります。
自身のスキルはどの程度の待遇を望むのが適切か、わからない点もあります。
そのようなキャリアやスキルのレベルについても、転職エージェントで相談すれば客観的な評価を得ることができます。
仕事を探す際にも、スキルが十分にあるというならば問題はありません。
とはいえ、未だスキルが不十分だという時は、希望を引き下げるか、スキルを磨き直すか、転職そのものが難しい時期だと判断するしかないかもしれません。
そのような点も、転職の専門家からの助言を得ることができるでしょう。

就職戦線異常有り職業選択の自由について考えるのTOPへ

転職エージェントの非公開求人


これから転職を考える場合、ホームページや求人雑誌に公開されている転職情報を確認するという形が普通です。
公開されている情報に対して非公開情報というものもあり、転職エージェントでは非公開情報の方が多いくらいです。
非公開にする理由は幾つかあります。
将来性の高く求職者が多く希望する一流企業の場合、求人情報をオープンにすると応募が殺到して大変なことになります。
求人情報を広く告知せず、転職エージェントに任せるのです。
この他に、新規事業や新商品を開発するため、新たな人材を採用したいという会社もあります。
内容によっては情報を外に漏らしたくないため、求人も内密に行います。
専門職の高い、厳選された職種などの人材を募集する場合も非公開になります。
時間をかけてじっくりと求める人材を選んでいる時や、公開して選ぶ時間が惜しいほど急ぎの採用の時も公開はされません。
つまり、公開したくない理由がある求人情報が、非公開の形で転職エージェントの元にあるのです。
このような非公開の求人情報は、転職エージェントに登録した求職者のスキルや求める職種に応じて、転職アドバイザーとの面談を経て閲覧が可能となるのです。
非公開にされている情報は、転職エージェントに保有されている情報の中でも有用な人材を求めている結果といえます。

就職戦線異常有り職業選択の自由について考えるのTOPへ

転職エージェントとは


代理人や代理業者を英語で表すと、エージェントといいます。
従って、転職に関わる代理業務を一手に担う人たちを転職エージェントといいます。
法律では、「求人及び求職の申し込みを受け、求人者と求職者との間における雇用関係の成立をあっせんすることをいう」という職種としています。
有料職業事業所という呼び方が本式です。
つまり、民間の職業あっせんを専門にした業者で、厚生労働大臣の認可を受けています。
転職エージェントは求人者が必要としている人材を、求人者に対し、的確かつ迅速に紹介、あっせんします。
そのことより、求人者より成功報酬を受け取っています。
相談料といった名目で、求職中の人や転職を希望する人からお金をもらうという点はないことが特長です。
転職エージェントにある情報は、求人者から直接集めた情報です。転職エージェントは求職者のキャリアパスやこれまで培ってきた経験、将来の展望などのデータを元に、求人側の求める希望に適合した相手をあっせんし、互いの希望が満たされるよう取り計らいます。
求職者の面接日程の調整や待遇面についての交渉も転職エージェントに任せることができます。
応募書類の書き方や面接の対策など指導してもらえ、仕事を見つけ採用されるまでを細かく助けてもらえます。
これから仕事を探す人、転職を志す人にとって頼りになる存在といえます。

就職戦線異常有り職業選択の自由について考えるのTOPへ




非常識な転職・就職の極意