現在の転職市場における動向について


求人情報や求職情報を扱うホームページなどから、現在の転職事情がどのような形になっているかを職種別に整理してみました。
なんといっても、転職に関してはIT関係が活発であるようです。モバイル関係のジャンルは、その中でも成長性が見込めます。
モバイル技術を持っている人は、これからの転職活動を有利に進めることができるでしょう。
モバイル関係の転職状況なら、この後も売り手優位に話が進むようです。
売り手市場が続いている職種には、金融業界があります。
中でも、保健関係の競争はますます激しくなっており、2007年から銀行窓口での販売が解禁されたことや、外資系企業の保険への参入で、国内企業は現状打破が必要になっています。
金融業界の転職市場では、銀行出身者や保険会社出身者など、金融業界でのスペシャリストの需要が高くなっているようです。
また、どのような業界でも事務や営業の転職市場も売り手優位が続いています。
新しい事業を立ち上げるにしても、既存の事業を拡大するにしても、事務や営業は欠かせない職種です。
その点については金融業界もIT業界も変わらないのではないでしょうか。
その分野での確かな経験と技術を持ち、会社において即戦力となりうる人が、これからの競争社会ではますます必要になります。
即戦力となるスペシャリストはどの会社でも重用されることが多く、売り手市場と呼ばれる現在の転職状況でもそれは同様です。


就職戦線異常有り職業選択の自由について考えるのTOPへ

転職市場での第二新卒の位置付け


第二新卒とは大学などの学校を卒業し、企業に勤務してから3年までで、年齢的には25歳ぐらいまでの若い人たちを示すようです。今までは第二新卒の転職にはあまり良いイメージは持たれませんでした。
ですが、第二新卒にはメリットが多くあり、勤続年数がまた少ないために前の企業風土に染まっていないまま最低限のマナーは身につけています。
そのため、新たな企業風土に比較的染まり易く、年齢的にも大きな可能性が期待できます。
そのため、最近では第二新卒も人気が出てきており、求人でも求められていることが多いようです。
そもそも最初から働きたいと思っていたところとは違う職に就職していたり、勤めて内実が見えてきたら希望していた形と違っていたという人が次の仕事を求めて第二新卒となります。
そのため転職市場には、第二新卒者の数はかなり多いと考えられています。
この世代の人たちは終身雇用に関心が薄いこともあるでしょう。
どの企業でも団塊の世代が定年退職を迎えており、人材の補充の必要性に迫られています。
そんな状況であるからこそ、職を探す第二新卒者にはぴったりです。
第二新卒者の転職市場において需要が高い職種は、営業、事務で、即戦力として重宝がられているようです。
また、若い人をターゲットにしたマーケティング分野やIT関連企業などもそうです。
転職市場の中でも、若い人の感覚やフィーリングに期待している分野での需要があるようです。

就職戦線異常有り職業選択の自由について考えるのTOPへ

転職市場活性化の時期


1980年代後半から1990年代初頭にかけて、バブル景気と呼ばれる好景気がありました。
その頃は企業の求人人数もどんどん増えていきました。
経営がうまくいっていたため、事業規模の拡大が活発だったからです。
バブル期の就職事情は今までにないほどの売り手市場で、各企業は新規採用の学生を競って獲得していました。
バブル期までの日本では、転職はほとんど行われず就職した企業には定年まで勤め上げるという形がオーソドックスなものでした。
ですが、バブルが崩壊して景気が悪くなると、終身雇用制の習慣が崩れ、転職して複数の会社を経験する人も増加しはじめてきました。
労働者全体から見ると少数ではありましたが、転職市場は活性化する兆しが見えていました。
とはいえこの当時はバブル崩壊直後で転職市場は冷え切っており、転職活動そのものが困難だったようです。
定職をもたないフリーのアルバイターをさす「フリーター」という言葉ができたのも、この1990年始めの頃です。
転職市場がまた活況を呈してきたのは、バブル崩壊の余波も小さくなり経済が回復しはじめた2003年頃で、団塊の世代の大量退職の影響も受けています。
年間を通してみると転職市場が活性化するには時期にも傾向があります。
だいたい12月〜翌3月か、6月〜7月くらいの時期は転職、求職、求人が増加傾向にあります。
どちらの時期もボーナスが出る頃であることや、12月〜3月に関しては年度が切り替わる時期であることが主要な原因でしょう。

就職戦線異常有り職業選択の自由について考えるのTOPへ




非常識な転職・就職の極意