【転職について考える】 の記事一覧


マイナスの転職理由


転職の動機がマイナスなものであった場合、就職活動に支障を来すことがままあります。
とはいえ、職場の人間関係に悩んだり、労働時間が長すぎるなどの条件面から転職を思い立つ人は多いと思います。
人間関係の不満の他、労働時間と給与の問題が、もっとも多くあげられる離職の動機であるといわれています。
転職の際、後ろ向きの動機を告げるのはよくありませんが、実際に離職するための理由がマイナスの動機であってはならないということには、必ずしもなりません。
転職したい理由が後ろ向きなものなので、それでは今の職場を辞められないと我慢してばかりいたのでは、何も良くはなりません。
労働に関する見方が変わり、終身雇用という慣習が見直され始めているため、そういったありかたにこだわる必要はなくなっています。
今の仕事からの逃避が目的となり、辞めたいの一心を転職理由に転職を志した場合、その後がなかなか続かないことは念頭に入れておきましょう。
逃げたいという気持ちだけで仕事をやめると転職が目的となってしまいます。
転職とは、あくまで目的であってはならず、手段にすぎません。
転職の理由に逃避的要素が入っていたとしても、必ずしも問題であるわけではありません。
しかし、どうして今の仕事場から逃げたいと思うのか、どのような状況ならば満足できるのか。
それをしっかり認識してから転職の算段をつけた方が物事がうまくいきます。

就職戦線異常有り職業選択の自由について考えるのTOPへ

プラスの転職理由


プラス方向に転職の理由を考えていくことは、転職の際に有利になってくるだけではなく、将来においても有益なものになっていきます。転職が自分にとってプラスになったという思いがあれば、その後の人生での支えが生まれます。マイナスな理由から転職しようと決心したのであったにせよ、そうした理由をプラスな理由に置き換えてしまうことができれば、以後の支えになります。最初に、自分はどういった理由から転職を考えているのかをじっくりと見つめ直し、紙に書き出してみましょう。就職活動で人に見せるための動機ではなく、自分を納得させるための転職理由を明確化するのです。転職活動用に表現の形を考えるのはその後からで構いません。残業が辛い、業務が厳しすぎる、人間関係に悩みがあると感じている人でも、その理由をより具体的なものにしてみます。そうした上で、どういう条件になればいいのかを考えてみます。残業が辛いと感じているとしても、実際には時間ではなく仕事内容に対する不満が原因の場合があります。やりがいのある面白い仕事なら、多少の残業も頑張れるものです。自分が仕事に打ち込めないのは何故なのか、実際にはどんな仕事がしたいのか。そのようにして、やってみたい仕事の内容と、現在の自分の状態との差を明確化し、「自分はこんな風にしていたいのだが、現在はこんな感じ」というように状況を整理することで、プラスの動機の発見につなげます。

就職戦線異常有り職業選択の自由について考えるのTOPへ

就職活動での転職理由


どの職種の会社の面接でも、転職理由は問われます。
就職活動の面接で転職の理由を聞くのは、その質問の答えを聞くことでどんな人物なのか知るという意図もありますが、以前の仕事を辞めた理由と同じような理由で今回の会社をやめたりしないか確認するためでもあります。
その会社が比較的残業が多いところなら、残業時間の長さが不満で元の会社を辞めた人は同様の理由で辞めていく可能性が高いので、まず採用することはないでしょう。
職場を変える理由には人間関係の問題を挙げる人が結構いますが、そのような人は会社を変えれば問題は消えるのでしょうか。
しかし、漠然と人間関係が悪かったというだけの転職理由では就職活動では不利になりかねません。
面接をする人によっては、職場の顔ぶれはは変わっても、協調性に乏しい人間なら同様のトラブルが発生するかもしれないと判断する可能性があります。
まして問題の原因を元の職場の上司や同僚のせいばかりにしていてはまず採用されません。
他人に責任を転嫁し、自分の問題を考えていないという印象を与えることになるためです。
人間関係が転職理由であることをひた隠しにする必要はありません。
その問題をどう捉えてるかを言い表す方法に気を配りましょう。
同じ理由でも、どのような表現の仕方をするかで面接官の印象は異なります。
面接で話す時は、人間関係のどういう点でトラブルが発生し、自分はそれに対して何をしたかを合わせて話してみましょう。

就職戦線異常有り職業選択の自由について考えるのTOPへ




非常識な転職・就職の極意