医療従事者の転職活動


転職活動を医療従事者がする場合について。

職場での精神的なストレスが原因で、うつ病などの心の病に罹るケースが医療従事者にかかわらず急激に増えている。

心の病による労災認定者数や自殺者の数も増える傾向にある。業種別にみると、製造業、卸売、小売業、建設業が上位を占めており、本来病む患者を癒す職業である医療従事者が心の病になる割合も上位に及ぶ勢いにある。

全体的なマンパワー不足はもちろんのこと、医師不足などの問題に隠れ、医療従事者自身のメンタルヘルスについては、なかなか表にあらわれにくく対策も遅れがちである。

医療の資格を活かそうと思えば、医療関係の業種は他の業種と比べて求人件数がたくさんあり転職も可能だ。

心の病や不調を乗り越えられる可能性があるものとしては、転職活動を上手く進めて環境を変えることではないだろうか。

しかし選択肢が多いからといって、医療関係の転職活動を安易に進めるのは厳禁だ。

よくあるのが、現職場と次期職場が意外なところで繋がっているという場合だ。

せっかく今の職場環境を断ち切って、専門分野や業務内容をガラリと変え転職したと思いきや、新しい職場でも同じだったという話はよく聞かれるものである。

転職活動を、医療従事者が職場環境を改善するために行うのであれば、この点に要注意だといえる。

自分にとってどんな職場環境が適しているか、転職活動をしながらあらためて検討するとともに、心の病の再発を予防していくことは医療従事者としての果たすべき責任でもある。

投稿者 山本 モナ

転職の志望動機を考える


転職の志望動機を考えることで見えてくるものがあります。

仕事に対する自分自身の姿勢が、転職の志望動機を考えるなかで明確になるのではないでしょうか。

はじめに転職したい企業について理解することが、転職の志望動機を書く方法のひとつとしてあげられます。

転職活動で今行っていることは、未来の自分に関係ないとはいえません。

ですから数年先の自分の姿を想像しながら転職の志望動機を書くようにしましょう。

さらに自分が転職をしたいと思っている企業についても検討しましょう。

そうすることで、志望動機を考えていたり、転職情報を調べている時には、雇用条件の良さばかりに気を取られてうっかり見落としてしまっていた点が発覚することもあるでしょう。

真摯に転職志望動機と向き合うことで、その志望企業のデメリットに目が止まるようになることもあります。

どこの企業でも短所はあるので、デメリットも考慮した上でも転職したいと思える企業を見つけるようにしましょう。

それとは逆に、今働いている企業の長所を再発見して転職をやめるということも考えられます。

転職してから後悔しないように転職の志望動機を通して自分や企業をしっかりと見直すことも大切です。

自分にとっても、志望動機をしっかりと考えながら履歴書を作成するということは、とてもプラスになるものです。

本などの履歴書のマニュアルを単純に参考にするのではなく、自分の気持ちのこもった転職の志望動機を作成するようにしましょう。

転職の志望動機を書く方法


志望動機を書くときに、転職の志望動機を書く方法のマニュアルを参照すると、堅苦しい内容のものになってしまうことがあるようです。

なかなか熱意のある転職志望動機が書けないとお悩みの方も少なく無いようです。

はじめに転職したい企業について理解することが、転職の志望動機を書く方法のひとつとしてあげられます。

別の企業や在職中の企業と比べて、志望する企業とはどんなところが具体的に優れているか箇条書きにしてみるのがおすすめです。

転職の志望動機を書くことをスムーズに進めるためには、転職したい企業の長所を明確にすることからスタートすることではないでしょうか。

あまり給与面ばかりに目を向けた志望動機では、転職は成功しないのものです。

志望動機を考えるときは、給与のところだけでなく他の部分も考慮することが大切です。

どのようなメリットをこうすることで志望する企業に転職した後、もたらす事が可能でしょうか。

自分を客観的に評価する冷静さも転職の志望動機を書く際には不可欠です。

また、自己分析がしっかり出来れば自分の強みにも気が付くはずです。

志望動機はそのままの自分をアピールするチャンスなので、過大評価でも過小評価でもなく自分を正しく評価するのは難しいかもしれませんが、転職活動をしていくうえで志望動機がきちんと時間をかけて作成するようにしましょう。

いろいろと転職の志望動機をまずは実際に書いてみましょう。

深く考えすぎずに行動してみることも重要なのです。

しっかりと熱意のある志望動機を作成し、それを武器に転職を勝ち取りましょう。




非常識な転職・就職の極意