転職活動を始める前に


簡単に、今の仕事や会社に不満がたくさんあるからといって、転職するべきなのでしょうか。

転職を焦りすぎて今よりも待遇が悪い会社を選んでしまったり、憧れで転職した企業の仕事内容が自分に向いていなかったりなどのパターンもあり、このように転職を後悔することにもなることがあるのです。

次の仕事を、転職してから時間を空けずに探すことになっては、せっかく苦労して転職をしても、無意味になってしまいます。

仕事に求めるものは、給与であったり、やりがいであったり、人それぞれ違うものです。

今の職場や仕事に、一度は理想を見出して就職したけれども、仕事内容や職場環境が想像していたものと異なり、違和感を感じるかもしれません。

しかし、結果を先走りして求め、そこで転職へと決めてしまうのは時期尚早ではないでしょうか。

今の職場と自分を、転職活動を始める前に、見直すと良いかもしれません。

まずは、なぜ転職したいのかをじっくりと考えてみてください。

今の不満は現在の職場では本当に解消できないのか、再度検討してみる必要があります。

何か良い解決策はないのか、上司や同僚と話し合うというのもひとつの方法です。

意外と話し合いの場を避けていることが、不満を抱えて転職を検討している方には多いようです。

人間関係や仕事のやりがいについて、同じ仕事の仲間と話し合う機会も持たずに、職場から遠ざかっているかもしれません。

社会人として仕事をしている以上、自分から行動を起こさなくては物事が進まない時もあるでしょう。

しかし、行動を起こしても解決されない場合には、より自分に合った仕事や職場を求めて転職活動を始めるべきかも知れません。

投稿者 友近由紀子

転職の計画について


転職の計画について紹介したいと思います。

転職をする場合にはいろいろと計画を立てるということは大切なことです。

転職の際にはどのように計画を立てればいいのかというと、まずは就業規則を確認してみましょう。

転職活動をする場合には、まずは今いる会社の就業規則を調べてみましょう。

就業規則を見れば退職にかかわる規則も掲載されていますから転職活動の計画を立てる場合には、とても役に立つと思います。

退職願を出して、退職に至る日数を調べることは転職をする際にはとても役に立つのではないでしょうか。

転職の際には今いる会社の退職の期間のからみも発生してきますから意外と大変なのです。

法律では就業規則に関係なく、退職の意思を伝えてから2週間後にやめることができると決められていますが、転職をスムーズに進めて円満退職をするためには、出来ればもっと前から引き継ぎなどもきちんと行って円満に退職できた方がいいのではないでしょうか。

転職先の目星が大体決まってきて、退職を決めたら、上司にはすぐに相談する方がいいですね。

転職活動をするにあたっても直属の上司に話をしておいた方がスムーズに動けると思います。

退職の日程は会社の就業規則を見て決めて、あなたの業務を引き継いで上司が納得いくような日を選ぶといいでしょう。

そして転職の計画の時間ですが、在職しているときに転職活動をするというのはなかなか難しいものですよね。

失業中の転職ならまだしも、在職中の転職活動というのは難しいものです。

投稿者 友近由紀子

転職する場合の市場調査チェック


いい転職先があるのか?あるとしたらどんな条件の転職先なのかチェックしてみます。

また逆から考えて自分が転職したいと思っている会社や転職したい仕事は、どんな条件や資格が必要なのかということも求人情報誌を見ているとわかるのではないでしょうか。

市場調査を目的にした場合に求人広告でチェックしたい点は仕事の内容、資格の条件、給料の面の3点をきっちりとチェックしておきましょう。

転職先のどんな仕事にどんな応募資格が必要で、転職したときには、給料はでどれくらいもらえるのか調べておきましょう。

転職先の企業は必ずしも今までのあなたの経験を考慮して給料を支払ってくれるところばかりではありません。

自分の会社にとってあなたがどれだけ価値のある仕事をしてくれるかということを考えて給料は支払われます。

なかなか転職というのは厳しい道のりですがしっかりと市場調査をして自分の市場価値がどれ位あるのかということを知ることは大切なことだと思います。

きちんとした準備をして市場調査をしていれば、きっと転職もスムーズに進むのではないかといわれていますから自分で自己分析と市場価値を調べてみて転職につながるようにしたいものですね。

転職応援サイトなどでは、手軽に市場価値を調べることができますので利用してみるのもいいのではないでしょうか。

投稿者 友近由紀子




非常識な転職・就職の極意