自分に合った就職情報の選び方


自分に合った就職情報の選び方について考えてみます。
転職活動をスタートする際には、まず就職情報を集めることですが、インターネットや求人情報誌などのたくさんある就職情報の中から、いかにして自分の希望する本当に適した就職先を見極めることができるのかが就職活動を成功させるためのポイントです。
まず最初に、就職先探しをする上で自分にとって絶対にゆずれない項目をいくつか選択しておくことをおすすめします。
そうすることで就職先を選びやすくなります。自分に適した就職情報をいかにして効率よく見つけるかが転職活動を成功へ導く為の第一歩だからです。
自分が次の就職先を決めていく時に、これだけは絶対にゆずれないポイントを絞っておくだけでも「これだ・・」と思えるような、希望している条件と合致する就職先を見つけやすくなります。
具体的な募集要項の各項目については、仕事内容・会社の雰囲気のほか給与面・通勤場所など、できるだけ具体的に考えておく必要があります。
就職情報の見方も勉強する必要があります。
インターネットの求人サイトやハローワークなどで見られる募集要項の各項目の見方です。
たとえば、募集要項に表示されている給与は、特別な表記が無い限り、通常は総支給額(税金や保険料を引く前の金額)になります。そこからおよそ20%が差し引かれることを頭に入れておかなくてはなりません。
社会保険完備という表記の場合、次の4つのことを指します。
雇用保険、労災保険、年金、健康保険のことです。
これらの保険は、就業する条件によって加入できない場合もあるので、自分でも保険や年金の制度を勉強しておくことをおすすめします。
また「週休2日制」と「完全週休2日制」は似ているようでまったく違います。
完全週休2日制は年間を通じて1週間のうち必ず2日は休めるということです。
一方、週休2日制は、1ヶ月のうち1週でも休みが2日あれば良いのです。
たとえば残りの3週は、週に1回しか休みが無いということもありえるのです。
以上のように、募集要項の表記方法でも普段見られないものもあるので、求人している企業にアプローチをかける前に、しっかりと自分で勉強することも大変重要になってきます。

就職戦線異常有り職業選択の自由についての一考察のTOPへ

就職先探しには自己分析が大事


就職先探しには自己分析をすることがポイントです。
就職先探しで大事なことは、自分が自分をどれだけ理解しているかということです。
何を基準に選べばいいのか、迷っている人が多いのではないでしょうか?
それは自分を良く知らないからです。積極的なのか、消極的なのか、真面目なのか、楽天家なのか、何が好きなのか、何が嫌いなのか、肉体派なのか、頭脳派なのか、何が得意なのか、何が苦手なのか、自分はどんな性格でどんなタイプの人間なのか、性格に答えられる人はほとんどいないでしょう。
分析できれば、逆に長所短所を活かすことが出来て、就職先探しも容易になります。
ここで云う自己分析とは、なにも性格や能力の分析だけでは無いのです。
自分の経験をしてきたことを思い出したり、自分が生きてきた過程を振り返りることでできることなのです。
自己分析は、ただ思うことではなく、紙に書くことで、いろいろなことが見えてくるのです。
これを機会に自己分析ノートを作ってみてください。
就職先探しに役に立つ、必要になる、自分自身の今まで気付かなかった事が見えてくるはずです。
自己分析は自分独りですればよいのでしょうか?
自分を客観的に見ることが出来ても、あくまでもそれは自分の目線でしかありません。
自分の短所には目をつぶりがちです。今まで生きてきた過程で、たくさんの人と関わってきたはずです。
自分は人に対してどんな印象を与えているのか、どんな風に思われているのかなど、家族や、親しい友達や、学校の先生にも聞いてみるといいでしょう。
予想もしないような意見もあるでしょう!
これからはじめる就職先探しにはもちろんのこと、今後必要になってくる履歴書作成や面接にもきっと役立つでしょう。
自己分析をするかしないかで、就職先探しの楽しさを見出せるか見出せないかが分かれてくると思います。

就職戦線異常有り職業選択の自由についての一考察のTOPへ

就職先を探す前に


就職先を探す前に自分の事をよく考えてみましょう。
就職先を探す前に何をすればいいのでしょうか。
下準備は、必ず必要です。
就職先を探すといっても、会社の雇用形態も時代の変化と共に変わってきており、一番の問題は労働者側の希望と経営者側の希望との間にズレが生じて、以前に比べてマッチングが難しくなっているのです。
今非常に問題になっている格差社会の影響があるのでしょうか。
ここ最近では、派遣労働者の業務についての問題などが取り上げられたり、違法な雇用形態によりニュースになっている派遣会社もあるようです。
そんな中で、就職先探しは、年々難しくなってきているようです。このように年々複雑になっていく就職戦線の中で、効率よく自分が求める職に就く為にはどのようにするべきなのでしょうか。
就職先探しは、自分の能力に見合った給料であるのか、生きがいを感じる仕事かどうかなど、人それぞれの最低条件を考えなければなりません。
就職先探しをする前に、世の中の現状や自分を取り巻く環境や、自分の能力などを知らなければならないのです。
人脈も1つの手段です。
就職就職先探しには信頼関係も必要です。
ここで云う人脈は、それを悪い意味でのコネと捉えずに、信頼関係の賜物だと、自分だからこそ採用してもらえたという自信につなげるのです。
自分の希望と合致する就職先に関する情報を積極的に収集しましょう。
比較するポイントは、給与、休暇、福利厚生、手当てなど、たくさんあります。
自分の希望条件を前もって整理しておくことも大切です。
仕事をすることで得られる給料は、生活をしていく上でなくてはならないものですから、いままでの家計の収支を計算しておくことも大切です。
家族の協力が得られるか否かは、今後の生活に大きな影響をおよぼします。
ぜひとも家族と一緒に生活している人は、ひとりで就職活動をするのではなく、周りの人ともよく相談しながら進めていくことも必要です。
とにかく「情報、状況を把握すること」が、効率良く就職先探しが出来る第一歩といえるのではないでしょうか。

就職戦線異常有り職業選択の自由についての一考察のTOPへ




非常識な転職・就職の極意