就職先さがしの方法


ハローワーク以外にも就職先探しの方法として、いくつかの手段があります。
一般の企業では今ではたくさんのメディアを通して就職の情報が提供されるようになってきました。
就職情報は、現在ではハローワーク以外にもさまざまな手段で取得できるようになりました。
人材会社・人材派遣会社に登録する。新聞広告や求人雑誌で応募する。
またインターネットからの応募などもあります。
インターネットの就職サイトは、情報量が多く、地域、職種、雇用形態、給与、休日など、細かい条件から検索することもできます。
履歴書や職務経歴書を郵送して結果を待つという、時間も日にちもかかる作業がありません。
エントリーシートと呼ばれる、簡単な履歴書のようなものをネット上で入力し、送信することによって企業にアピールできます。
その後面接など段階がスムーズに進みます。
それから、スカウト求人という企業から自分へスカウトを受け取れるシステムもインターネット求人の魅力の一つです。
履歴書などを企業に公開して、是非会いたいと思ってくれた企業かららのスカウトを受けるシステムです。
もちろん、履歴書の公開は匿名でできます。
人材派遣会社での就職先探しでは、その派遣会社のスタッフとして登録します。
その後、人材を求めている企業を紹介してもらい、自分のスキルや条件などを考慮し派遣契約が結ばれます。
スタッフと派遣先企業との間で合意すれば、派遣先会社と派遣会社との間に労働者派遣契約が結ばれ、それと同時に、派遣会社とスタッフとの間に雇用契約が結ばれることになります。
以上のように今では、就職情報を集めるにはいろんな方法が利用できます。
自分の利用しやすい就職先探しの方法を早く見つけることがスムーズな就職活動の第一歩です。

就職戦線異常有り職業選択の自由についての一考察のTOPへ

ハローワークで就職先探し


現在の就職先探しの方法はさまざまなものがありますが、ハローワークで就職先探しをする利点とは何でしょうか。
イメージにおいてのハローワークは「時間がかかる」「込んでいる」「暗い」などなどマイナスなもの多いと思う人が多いのではないでしょうか。
確かに、実際ハローワークに行ってみてそう感じたという人もいるでしょう。
長い時間待たされたり、職員さんの態度があまり良くなかったり、民間のサービス業ではないので比べてしまったらけして良いとは言えないというのもうなずけます。
何となくですが、「親身になって就職先探しを考えてくれてないな」と感じてしまいます。
確かにハローワークは、あまり良いイメージではないというのが現実ですね。
でも、ハローワークにもメリットがあるのです。
誰でも、どんな年齢でも性別でも無料で就職先探しが出来るのです。
仕事を探すのに費用がかかりません。
ハローワークでは、パソコンでの検索の他に、自己分析の仕方や履歴書の書き方、面接の受け方など指導してくれますし、セミナーも無料で参加できるのです。
どちらかといえば、地域密着型の就職先が多く、自分の住んでいる地域の近辺での就職先探しができます。
もちろん県外の情報もあります。
また、年齢もどちらかというと幅広く募集しているので厳しい年齢制限で諦めてしまった人も応募しやすいのもメリットです。
しかし、通うのに不便な人、限られた台数しかないパソコンの順番待ちなどどちらかといえば時間がかかるのがハローワークの就職先探しの実情です。
そのような時は、インターネットでハローワークを利用してみてはいかがでしょうか。
自分の都合の良い時間にパソコンに向かい仕事検索ができます。
たまに、新聞広告の求人や就職情報雑誌にハロワークと全く同じ求人が掲載されていることもあります。
ハローワークから紹介してもらうほうが気が楽かもしれません。
このようなときは自分で連絡するよりも良いかもしれませんね。

就職戦線異常有り職業選択の自由についての一考察のTOPへ

インターネットでの就職活動


インターネットを使った就職活動についてまとめてみました。
たくさんある就職情報を効率よく集めるためには、求人情報誌、新聞の折込広告、街頭のフリーペーパー、ハローワークへ出向くなどの方法があります。
ここ数年はインターネットを利用して就職の情報を集める人が増えているようです。
実際に検索サイトで「転職」と検索してみると、非常に多くの就職支援サービスのサイトが出てきます。
その中で自分に合ったものを選ぶのは容易ではありません。
インターネット上で提供されている就職支援サービスには「登録型」と「スカウト型」の2つあります。
この2つの違いを理解することが自分にあったサービスを選ぶ第一歩でしょう。
就職支援サービスの1つ目「登録型」というサービスは、比較的大手の就職支援会社が行っているサービスです。
就職希望者がその会社が運営している求人サイトのホームページ上からエントリーします。
その後、その就職支援会社のキャリアコンサルタントとの面談を行います。
キャリアコンサルタントとの個別面談では、いままでしてきた仕事内容、これからやりたい仕事、さらに希望する待遇面など様々な相談にのってもらうことができます。
その面談内容を考慮した上で、希望に合致した複数の企業の面接を受けることができます。
自分のこれから進むべき道がまだはっきりと決めかねている場合には、キャリアコンサルタントに相談してもらえるこの登録型をおすすめします。
もう1つの「スカウト型」は、前もって求人サイト上から、自分の職務経歴や履歴書のほか、希望する職種や待遇内容などを登録しておきます。
そしてこの登録情報を見た企業の人事担当者からのアプローチを待つスタイルです。
インターネット上の「ヘッドハンティング」のようなもので、人事担当者の目に止まるように、履歴書・経歴書・自己PR分をしっかりと作成することが必要になってきます。
自分のやりたいことがはっきりとしていて、現在の就職先と同じような企業を探している場合はこのスカウト型を利用すると良いでしょう。
インターネットを上手に活用すれば就職先探しの幅も広がるかもしれせん。

就職戦線異常有り職業選択の自由についての一考察のTOPへ




非常識な転職・就職の極意