営業の仕事テクニックについて


どのように工夫したらお客に商品を買ってもらえるのか、そのコツを自分なりに見つけることが大切です。
営業マンは、あらゆる方法で商品を売り込みます。
中には玄関に居座って「しつこい営業」をして、無理やり買わせることもるそうです。
確かに営業職は、会社の利益がかかっていますから、当然「売りたい!」はずですよね。
実際にノルマが厳しく、プレッシャーに負けて、営業職を離れていく人もいます。
会社は営業職に対し、成果をあげれば、その分の給料を支払う「歩合制」を適用しているところがほとんどです。
自分の成績を上げるために頑張るからです。
では、どうしたら売れる営業マンになれるのかお話します。
まず営業活動を把握します。
一年、一ヶ月、一週間、一日と売上目標を決めて、活動することが必要です。
スケジュールは、営業アシスタントと協力して決めていきます。「いかに営業アシスタントを使えるか」という能力が求められます。
営業アシスタントがいない場合は、自分だけでなく上司に相談するなどして、自分だけで背負わないことも大切です。
営業活動しているとさまざまなトラブルもありますから、営業アシスタントがいると、早い対応もできますし、それだけ早く解決できるということです。
営業のテクニックとして、セールストークがあります。
いかにその商品に魅力を与えるか、お客様に買いたいと思わせるか、営業マンは日々研究しています。
これもコツですから、自分を良く知り、自分の特徴を活かすことも、売り上げにつながるのです。
さらにどんなにセールストークが素晴らしくても、人に与える雰囲気が悪ければ意味がありません。服装の乱れや、悪い印象の髪型、靴が汚れているのはよくありませんし、営業職はスーツを着ることが多いですが、クリーニングやアイロンで整えておき、靴や靴下にも気を配りましょう。
女性の営業職の場合もふさわしい化粧や髪型にするように気を配りましょう。
いずれにしても清潔感のある印象をお客に与えるように気を配ることが大切です。
もうひとつの営業テクニックは聞き上手になるということです。
自分の言いたいことをただ一方的に話していても、相手は退屈してしまいます。まずはお客様のして欲しいことや悩みなどをじっくりと聞くことで信頼関係を築くことが大切です。
その上で自分の営業を展開していくこともひとつの営業のコツであるといえるでしょう。
またいくらアポイントを取ってからの営業だとしても、相手は緊張しています。
その場の雰囲気を和ませるためにもユーモアのあるトークをしてみましょう。
聞き上手ともにふざけすぎない程度のユーモアはひとつの武器になるでしょう。
営業のテクニックは自分自身で見つけていくことも大切ですが、たまには営業アシスタントを話をしてみましょう。
自分の特徴などを聞いてみると、気がつかなかった新たな一面に気がつくかもしれません。

就職戦線異常有り職業選択の自由についての一考察のTOPへ

営業の仕事に就職したら


営業アシスタントとして働くためには、営業職そのものについて理解しておく必要があるでしょう。
営業アシスタントとの仕事を理解するには、その仕事が営業のサポートをする支えであることを知っておくことです。
そうすれば営業にとってどんなう役割を果たし、アシスタントとして何をするべきなのかがわかってくるでしょう。
営業職とは、物品、サービス、情報などの商品を、利益に結びつける仕事です。
会社に利益をもたらす重要な役割をしています。
営業の能力が高ければ高いだけ、会社に大きい利益をもたらすといえます。
それぞれの会社によってその役割は様々ですが、販売業務が中心です。
営業アシスタントは会社にとって重要な役割を果たす営業マンにとって心強い味方です。
仕事がスムーズに運べるのは営業アシスタントのサポートのおかげなのです。
営業の仕事には、新規顧客の開拓が求められます。
見込み客に営業をかけたり、広告などを利用したり、既存の顧客からの紹介などで、新規顧客を開拓していきます。
電話であらかじめアポイントを取ってから訪問する営業や、アポイント無しのいわゆる「飛び込み営業」など、そのスタイルは会社によってですが、商品を売り込み購入してもらうまでには、いろいろな努力が必要です。
相手とのコミュニケーションの能力だけではなく、商品についてどれだけ知っているかをどのように伝えるかも重要です。
話だけは聞いてくれることもありますが、商品を実際に購入してくれるまでにはそう簡単には至らないのがほとんどです。
逆に言えば、簡単にいかないから面白いかもしれません。
購入してくれたときの喜びは大きいものです。
達成感、満足感が得られるのも、営業職の特徴です。
営業は商品販売後も、顧客のケアをしていかなければなりません。「売って終わり」では次に続かないのです。
営業は時間との戦いでもあります。なぜなら営業には売り上げの目標が課せられるので、顧客管理だけではなくスケジュールの管理、予算管理など自分で行うべきことがたくさんあるからです。

就職戦線異常有り職業選択の自由についての一考察のTOPへ

就職先としての日雇いバイトの良い所悪い所


就職先として日雇いバイトを選ぶメリットは、比較的時給がいいということと、やはり時間を選ぶことができるという点でしょう。
日払いが多いので、まとまった金額をすぐ手に出来るのは、いいかもしれません。
そんな日雇いバイトの時給は、ほぼ1,000円くらいです。
けれども、その仕事はだいたいハードなものがほとんどで、高いと思われる時給も、それを考えると見合ったものかも考えものです。ハードな仕事に耐えられなくて、仕事を抜け出てしまったなどといことは、たまに聞く話です。
その逆に楽な仕事が全くない、というわけではありません。
ただ、日雇いバイトは交通費が出ることがほとんどありません。
近くだったらいいのですが、遠いときついものがあるかもしれません。
まず社会勉強も含めて、自分が知りたい分野での仕事を経験するためや、人脈を作っておくなどのために、この日雇いバイトというものをやってみるのはいいかもしれません。
日雇いバイトは目先のお金を稼ぐにはいいかもしれませんが、ずっと続けるとなると、きついかもしれません。
それはまず時給が上がる可能性が低いから、ということがあります。
毎日仕事があるとはかぎらないので、生活が安定しないといえます。

就職戦線異常有り職業選択の自由についての一考察のTOPへ




非常識な転職・就職の極意