営業アシスタントのお仕事


営業は会社の対外交渉全般を担当する部署で、注文の受注や客先との使用交渉、契約書や見積書の提出、納品などの仕事を行っています。
何から何まで自分だけというのは、かなりの仕事量になってしまいます。
そこで活躍するのが営業アシスタントです。営業アシスタントとは、顧客への直接的な営業活動以外の付帯業務をサポートする仕事です。
具体的な業務内容は様々ですが、いずれらせよ営業担当者が動きやすいように仕事を様々な形でサポートし、よりよい環境を整えるという点ではどの営業アシスタントも一致しています。
優秀な営業アシスタントを抱えているところでは、営業そのものの成績にも大きく影響すると言われています。
営業アシスタントは、その仕事内容から、細かい気遣いや気配り、調整能力、コミュニケーション能力が必要になってきます。
商品資料を作ることや、見積書や請求書などの作成、入金の確認なども営業アシスタントの仕事ですし、取引先との日程の調整も行われています。
「縁の下の力持ち」的な営業アシスタントは、営業の中でもとても重要です。
営業の仕事が滞りなく進むような諸作業を行っています。
営業アシスタントは、営業の活動を把握するとともに、あらゆる業務をこなさなくてはなりません。
営業の「秘書」とも言えます。
営業アシスタントも、会社の利益に関わる重要な仕事をしているのですね。
女性の営業アシスタントが多いことも、この職種の特徴です。
いずれも女性独特の優しい物腰や気配りなどが期待されているのです。

就職戦線異常有り職業選択の自由についての一考察のTOPへ

通関士の仕事内容?


通関士が仕事をするところはどんなところなのでしょうか。
それは「通関業者」とよばれる会社が主なものになります。
実際に就職できる先としては、輸入品を扱っている百貨店やスーパーなどや、運送会社や倉庫会社、商社、貿易会社、金融機関など様々な会社があげられます。
幅広い分野で活躍できるのが通関士として仕事の特徴でしょう。
通関士が働く会社のほとんどが通関業との兼業をしている会社です。
通関士専門業務の会社はほとんどありません。
必ず一人の通関士を置かなければ、通関業務を営むことができないというきまりがあります。
通関書類の審査、作成、押印などは、物品を輸出入している業者には欠かすことのできないことですので、通関士が必要になるわけです。
通関士としての仕事は実に様々です。
通関手続きや通関書類の作成のみにとどまらず、関税計算書類の審査や不服申し立て、主張・陳述の代行などがあります。
今では情報化が進み、税関との書類のやり取りは専用端末を使っているようです。
また今は通関の時間が短く、迅速な対応をしなければなりません。それは航空貨物が増加しているからです。
日本の物流を大きく担うのが通関士の仕事です。
とても責任重大だといえます。
通関士への就職や転職は、中途半端な気持ちで取り組むと成功しません。
通関士がいなければ国際物流は成り立ちません。
そして通関士は私たちの生活に関わるたくさんの種類の物品を扱い、毎日の生活にも大きく影響する仕事なのだといえるでしょう。

就職戦線異常有り職業選択の自由についての一考察のTOPへ

通関士への就職方法


いろいろな職業がこの世の中にはありますが、通関士という職業を聞いたことがあるでしょうか。
通関士になるために、そして通関士として転職するためには、どのような準備が必要なのでしょうか。
通関士とはどんなものなのかというと、一言でいえば物品の輸出や輸入に関わる国家資格です。
財務省が管轄していて、世界と日本の間の国際的な物流を支える重用な仕事です。
日々私たちの知らない間にも世界から日本へ、また日本から世界へとたくさんの物品が輸出入されています。
通関士は、海で運ばれてくる海上貨物、飛行機で運ばれてくる航空貨物を、「誰が」「どこから」「何を」「どれくらい」輸出入するのかを、税関に報告して許可をもらう「通関手続き」をする仕事です。
さらに通関士は輸出入申告がきちんと正確に行われているかどうかを審査するとともに、麻薬、拳銃などの物流を阻止しなければならないのです。
さらに消費税や関税などを正しく徴収するという仕事もあります。通関士の資格を持っている者だけが、通関書類の審査をして、書類に押印できるのですから責任重大です。
通関士の資格を持っていない人は貨物の輸出入申告をすることはできないことになっています。
ですので通関士は、さまざまな物品の知識が必要な仕事だといえるのです。そして商品分別の能力と迅速な対応が求められます。

就職戦線異常有り職業選択の自由についての一考察のTOPへ




非常識な転職・就職の極意