営業アシスタントになる方法


営業マンに、営業アシスタントとして信頼されるようになるには、共通して言えることは、とにかくコミュニケーションを図っておくことです。
営業マンは顧客に、営業アシスタントは担当する営業マンにです。どんな仕事をするにも、信頼関係が大切です。
営業マンは断られることが多い仕事だし、なかなか売れない時もあり、ストレスもたまりやすい職業です。
そこで普段からの営業アシスタントとのコミュニケーションが役に立つときもあり、いざというときに助けてくれたりします。
なにかのときに営業アシスタントが状況を把握していることが、敏速な対応や取れクレーム処理の迅速化を促すことにもなり、ストレスがたまる心配もありません。
営業アシスタントといえども人間ですから、営業マンが顧客の話を聞いてあげるように、営業アシスタントも営業マンの悩みを聞いてくれるのです。
人間関係が上手くいっていれば、仕事も自ずと楽しくなるものです。
信頼される営業マン、営業アシスタントになるということは、すなわち信頼される人間になることだともいえるくらいで、騙したり嘘をついたりすれば、ばれた時に一気に信用を失うということを忘れないようにしましょう。
自分の売り上げ、目先の売り上げばかりにこだわり、相手のことを考えない営業マンには、契約を取ることもできず、それでストレスもたまり、遂には仕事自体が面白くなくなって、職を離れることにつながりかねません。
約束は絶対に守るということがなによりも大切なわけで、営業マンであれば顧客との約束は必ず守る、営業アシスタンであれば営業から依頼された事をきちんとやる、これこそがもっとも大切なことです。
約束を守ることを一番に考えていさえすれば、どんな仕事をしても成功していくでしょう。

就職戦線異常有り職業選択の自由についての一考察のTOPへ

アロマテラピストの活躍ぶり


アロマテラピストはどういったところで働いているのでしょうか。アロマ精油やアロマ関連商品を専門に扱うお店をアロマテラピーショップといいますが、アロマテラピストは主にこのアロマテラピーショプで働きます。
アロマショップが扱う精油や品質・ターゲットはそれぞれ違っているので、アロマテラピストはそれぞれ必要な知識を持っていなければなりません。
アロマテラピーショップには、生活の中に取り入れられるルームフレグランスを求めてくるお客もいれば、心身の改善を目的としてくるお客などもいます。
アロマテラピストはそういった方々に適切な精油を紹介し、基本的な注意事項やアドバイスをするのが仕事です。
アロマ商品を供給する立場にある精油のサプライヤーは、取引相手が医療関係者やエステサロンだったりするため、アロマテラピストには高度な知識が要求される場合もあるそうです。
エステサロンで働くにはアロマテラピー・マッサージやトリートメントの技術をつけ、施術を行います。
そんなサロンには、エステティックよりのサロンと治療院よりのサロンがあります。
治療院などの医療関係で仕事をするアロマテラピストは、医療関係の資格を持っていないアロマテラピストとしてだけでは施術はできないので、その場合はアシスタントとして働くことになります。
看護免許などを同時に持っていれば、アロマテラピストとして幅広く働くことができるでしょう。
またサロンや治療院等を自分の手で開業することも可能でしょう。日本におけるアロマテラピーはまだまだ始まったばかりで、それゆえに今後ますますアロマテラピストの活躍の場が広がることが期待されます。

就職戦線異常有り職業選択の自由についての一考察のTOPへ

最近話題のアロマテラピストとは?


アロマテラピーで癒しを求めてくる人々の力になれるのが、今注目されているアロマテラピストというお仕事です。
日常に癒しを求める人がほとんどでというのが、何かとストレスの多い現代社会の実情ではないでしょうか。
癒しには音楽や温泉など、様々な方法がありますが、アロマテラピーもそのうちのひとつと言うことができるでしょう。
アロマテラピストとは芳香療法家という意味です。
具体的には、アロマテラピーの安全で正しい知識を広めたり、個人に合った精油の選択をしたりやブレンドをしたりするのです。
また使用法などの提案、薬理的作用を利用したマッサージの施術などを行うのが、アロマテラピストのお仕事です。
アロマテラピストはその団体によっていろいろな呼び方があり、アロマテラピーアドバイザー、アロマテラピーコーディネイターという呼び名もあります。
ほかにもライブセラピスト、アロマケアスペシャリスト、アロマリフレクソロジスト、アロマ心理セラピスト、アロマ心理整体師、などといった様々な呼び名が存在しています。
アロマテラピストはアロマの香りを親しみ、楽しめることはもちろんですが、人間に対して愛情や思いやりを持つことも必要とされます。
そう考えると、信頼してくる相手に応えられる人こそが向く職業ということがいえるでしょう。
アロマの香りの効能だけでなく、相手を心底気持ちよくさせることができて、初めてアロマテラピストとしての仕事ができたということになるのでしょう。
そんな意味からも、アロマテラピストは優しさに溢れた職業ということができるでしょう。

就職戦線異常有り職業選択の自由についての一考察のTOPへ




非常識な転職・就職の極意