損害保険会社の事務に必要なスキル


損害保険業務全般を扱う損害保険会社の事務の仕事には、損保の内容について広い知識が必要になります。
さらに常に学び続ける知識欲も損害保険会社の事務には必要なことです。
損保の内容は年々多様化しているからです。
迅速で的確な行動が取れるように保険についてはしっかりと頭に入れておかなくてはなりません。
直接電話対応をすることもあるからです。
そういうこともあって、損害保険会社の事務職の選考の際には過去の経験が重視されます。
経験の有無や資格の有無が採用の時の条件にあることもあります。損害保険募集人資格、損害保険代理店資格等を持っている人は損保事務の仕事を探す上では有利です。
また、損害保険会社の事務は電話による質問やクレームにしっかり対応し、ちょっとした言葉使いや気遣いで相手を思いやることのできるコミュニケーションスキルも必要になります。
ですから専門的な知識や事務処理能力の他にも、基本的なビジネスマナーや会話力そのものが損害保険会社の事務には必要なことです。
損害保険会社の事務にはパソコンのスキルも必要です。
今損害保険会社では保険の見積もりを手計算で行うことが困難になってきました。
商品が多様化し、商品数自体も増加しているからです。
事務の仕事としての見積書の作成や、契約書の作成、更新などは全てコンピューター管理の損害保険会社がほとんどなのです。
パソコンのスキルをアップさせておくとこれらの損保業務にスムーズに取りかかることができます。

就職戦線異常有り職業選択の自由についての一考察のTOPへ

損害保険会社の事務仕事


損害保険会社やその代理店では事務処理全般を担当する仕事があります。
それが損害保険会社の事務の仕事です。
金融の自由化により損保業界も内容が多様化し、事務的な部分でもスペシャリストが必要とされています。
一般事務より専業化した損保事務スキルを身につけることができれば、損保会社の事務の仕事によって一層のスキルアップをはかることができるでしょう。
主な損害保険会社での事務の仕事は、様々な書類の作成です。
保険に関する見積書や申込書、契約書、保険証書などの書類です。また保険加入の相談、損害保険の契約に伴う申込書、変更書類の内容のチェックと専用システムへの入力などの処理業務を行います。事務の仕事にはさらに保険料の清算や入出金の処理なども含まれます。
さらに保険会社が出力した明細と合わせて、契約者から領収した保険料を照らし合わせることも大切な仕事です。
顧客と電話等で直接相談しながら最適な保険を選択して見積書等を提出することや、事故連絡を受け付けての保険会社への連絡もします。
クレーム対応や、保険金請求書類などの送付、回収も保健会社の事務がやることのひとつです。
人と話す機会が事務というわりにはかなり多い仕事であるといえるでしょう。
この仕事には専門的な知識が必要になってきます。
システムが会社ごとに異なる部分もありますし、一口に損保といっても傷害保険、自動車保険、火災保険などの保健の種類が違えばまた扱いが異なってくるからです。
そういう理由からも、損保事務に関する特別な資格も整備されています。

就職戦線異常有り職業選択の自由についての一考察のTOPへ

雇用者には都合の良い日雇いバイトの問題点


日雇いバイトには問題点が多く、賃金が安い、賞与も出ない場合が多い、仕事の内容が正社員と同じであっても、低賃金で雇用されるケースがほとんどであるなど、改善されなければならない点が山積みなのが現状です。
昇給などほとんどなく、退職金も払われないケースが多く、その雇用形態も短期契約ばかりの日雇いバイトは、、将来への明るい展望など臨めることはほとんどないのです。
日雇いバイトでは、正社員では当たり前の各種保険に加入することも望めず、交通費も支給されないケースがほとんどで、その労働環境は劣悪なものばかりなのです。
日雇いバイトだと、決まった企業と期間契約を結んだりはしないのが一般的な雇用形態です。
毎日仕事を得ることが出来るとは限らず、生活保障の手段も一切無い、一般のパート・アルバイト労働者以上に不安定な労働条件なのが実情です。
また日雇いバイトは、正社員に比べて景気動向による雇用の影響を受けやすいことも、大きな題になっています。
その収入と将来性が不十分であることが、日雇いバイトをしている人のほとんどの状況です。
それで結婚を諦めてしまう人も多く、孤独になるなど精神的には少なからず不安定になりがちなのです。
日雇いバイトをしている年代は幅広く学生から30〜40代の男性が多いようです。
ケガを負ってしまうという作業中の事故も、不慣れな作業をするせいで多いようです。
時間あたりの賃金が安く、雇用側が社会保険を払わないことも多いのです。
そのため人件費を節減しやすく社員としての経費がかからないというメリットがあるため、日雇いバイトが急増する傾向があると思われます。

就職戦線異常有り職業選択の自由についての一考察のTOPへ




非常識な転職・就職の極意