営業アシスタントの仕事


あまり聞きなれないですが、営業アシスタントという仕事があります。
これは派遣会社では人気のある事務ワーク系の仕事です。
営業アシスタントの仕事は、営業スタッフを様々な面からサポートします。
プレゼンテーション用の資料を作成する準備をしたり、スケジュール管理をしたりします。
営業スタッフが注文を受けてきた製品のストックの確認と納品の手配や納入時期の交渉もします。
他にも営業アシスタントの仕事には、見積もりや請求書の作成、伝票処理などがあります。
主に社内の各部署と連絡を取りながら行っていくのが、営業アシスタントのお仕事内容です。
様々な書類を作成する関係上、表計算やワープロソフトは使いこなせる必要があります。
顧客からの電話を営業スタッフの代わりに受けることもよくあるでしょう。
外出している営業スタッフが多いからです。
スキルの一ひとつとして言葉づかいやマナーなども身につけておきたいものです。
営業アシスタントの仕事をする人は、スムーズに対応できるように扱う商品の知識や、仕事全体の状況をできるだけ把握しておくことが重要です。
会社内の作業だけではなく、外出する機会もあります。
顧客への届け物をしたり、営業スタッフのためのチケット手配などもするからです。
名前のとおり、営業スタッフのいろいろな手伝いをするのが、営業アシスタントの仕事なのです。

就職戦線異常有り職業選択の自由についての一考察のTOPへ

アロマテラピストの就職先


アロマテラピストの資格を生かして活躍できる職場にはどんなところがあるのでしょうか。
アロマテラピストとしての主だった就職先をご紹介しましょう。
精油や関連商品を専門に扱うお店でアロマテラピーショップが、アロマテラピストが働ける一番メジャーなところです。
それぞれのアロマテラピーショップで、アロマテラピストに対する必要な知識が変化します。
ショップごとに扱う精油や品質、ターゲットが違ってくるからです。
アロマテラピーショップには、ルームフレグランス的な生活の中に取り入れられるようなものを求めるお客さまや、心身の改善ができるものを求めるお客さまなどが主にやってきます。
アロマテラピストはそういった方々にアドバイスをするのが仕事です。
適切な精油を紹介したり、基本的な注意事項を伝えます。
医療関係者や、サロンを取引相手としてアロマ関連商品を供給する立場である精油のサプライヤーも、アロマテラピストの仕事です。これは高度な知識が要求される場合が多々あります。
アロマテラピーマッサージやトリートメントの技術を身につけると、美容サロンで美容施術を行うこともできます。
同じ美容サロンでも、治療院よりの美容サロンとエステティックよりの美容サロンがあります。
医療関係の場合、アロマテラピストとしてだけでは施術できませんが、治療院などの医療関係もアロマテラピストの就職先のひとつになります。
このような場合はアシスタントとして働くことになるでしょう。
医療関係の資格を持っていないからです。
看護免許などを同時に持っていると、アロマテラピストとして働く幅が広がるようです。
治療院やアロマテラピーサロンを将来自分で開業をするといった選択肢もあるでしょう。

就職戦線異常有り職業選択の自由についての一考察のTOPへ

通関士試験合格への道


通関士試験は、通関士として就職や転職する人にとって避けては通れない試験ですが、この通関士の資格試験に合格するにはどのような対策をとったらよいのでしょうか。
通関士の試験内容ですが、「通関業法、関税法、関税定率法およびその他関税に関する法律」「外国為替および外国貿易管理法」「通関書類の作成要領および実務」の3科目になります。通関士試験に一発合格したいなら、まずしっかりと自分の勉強計画をたてることが大切です。
通関業務に携わっている人は、科目が免除されることがありますので通関士試験受験案内を詳しくチェックしておきましょう。
自宅で勉強するのか、学校に行くのか、自分に合った勉強方法を見つけることが大切です。
通関士試験の通信講座もありますから利用するといいでしょう。
ヤル気を失わないコツは、通関士試験までの無理のない勉強計画です。
通関士試験の勉強は、とにかく問題をたくさん解くことで、過去の通関士試験の問題出題傾向などを把握することです。
問題集のほうに答えを書き込んだりするとただの参考書になってしまいますので、避けましょう。
通関士試験当日まで何度も見直しに使うからです。
テキストの方にどんどん書き込んで自分だけのテキストを作りあげる事がポイントです。
一通り通関士試験問題を解いたら忘れないうちに復習すること、またわからないことがあっても、とにかくどんどん解くことが重要です。
一日に出来る量を決め確実に頭に入れるようにして間違ったところの見直しも重要です。
通関士試験に合格して、無事就職、転職できたときのことを思い浮かべてください。
通関士試験を最後まで頑張れる力になるのは、夢と希望を持って試験に臨むことではないでしょうか。

就職戦線異常有り職業選択の自由についての一考察のTOPへ




非常識な転職・就職の極意