【就職について考える】 の記事一覧


ニートと就職活動


フリーターという言葉は今までよく使われてきましたが、最近よく耳にするニートとは、どんな人のことを言うのでしょうか。

言葉自体はイギリスで生まれたもので、仕事も就職活動も職業訓練もしていない人のことです。

定義の上では、ニートとフリーターは違うものです。

フリーターは正社員にはなっていなくてもアルバイトやパートの仕事にはついており、生計を立てる手段を持ってはいます。

一方、ニートは何の仕事もしていません。

そして、手に職をつけるための勉強や就職に向けての努力もしていないのです。

そのため、ニートという言葉を日本で用いる時は、いい意味があまり含まれていません。

働く意欲を持たない人や引きこもり生活の長い人など、ニートのイメージは暗いもののようです。

実際に働く意欲のない、就職活動をしない若者が増えており、現在の日本において社会問題となっています。

その理由は様々ですが、労働意欲が奪われているという側面も存在しているようです。

ニートという言葉の発祥地イギリスでは、就職していない人という基本的な意味は一緒です。

つまり、ボランディア活動に従事している人や、病気や障害で休職中の人、育児や家事を行っている人もニートといいます。

日本のニートのような印象は、イギリスのニートにはありません。

女性の転職と面接


どのような人であれ、採用試験を受けるに当たっては面接をクリアしなければなりません。

面接において、女性であることはどう関係し、どこを気をつけるべきでしょう。

採用面接試験での重要な点は、その会社を志望する理由を明快に答えられるかです。

しっかりと答えることができるようになるためには、自分の適正とその仕事が本当に合致しているかをよく知っていることが大事です。

前もってその会社のリサーチをし、会社の特長や業務内容は知っておきましょう。

自己アピールや志望理由はよく聞かれる話題です。

戸惑わずにすぐに答えられるよう、内容を書き出し覚えておけば答えやすくなります。

この他、女性が働く上では家事や子育ての問題も関わってきます。

それらと仕事をどう両立させるかも答えられるようにしましょう。

採用選考の際には、面接した女性と一緒に働きたいとお互いが思えるかどうかがポイントになるようです。

特に女性の場合は笑顔を心がけ、感じが良い印象を与えるように努力することが大切です。

面接でいい印象を持ってもらうには、自分の考えを言葉にして話すこと、女性的な口調を念頭に置きゆっくりめに話すこと、相手の発言をきちんと聞いてみせること等がポイントとなります。

女性の転職で重要なのは、面接時にどれだけ自分の仕事に対する情熱とスキルをアピールできるかです。

そして、女性ならではの良さをいかに伝えることができるかにかかっているといえるのではないでしょうか。

女性の転職と資格について


ひとつの手段として資格を取ることも、女性がより良い職場に転職を成功させるためには良いことです。
資格を取ることで自分自身のスキルをアップさせて企業にアピールすることが女性が転職する際に、可能になります。
その人のスキルが高ければ、女性の場合で結婚して子供がいたとしても、企業は評価をして採用してくれるのです。
単純に資格を取れば良いというわけではありません。
女性が転職を成功させるためには、仕事に役立つ資格を取ることが重要なのです。
最近のビジネスには英語は欠かせないものとなっています。
ですから女性の転職に有利な資格として人気があるのがやはり英語関係の資格でしょう。
英語のスキルを身につけることができれば、女性の転職にとても良い影響があるに違いないでしょう。
TOEICは英語のスキルをはかる資格としてはかなりメジャーな存在です。
今日本の企業の中で昇進や昇格の条件となっているのがTOEICで、取り入れている企業は多い資格だといえます。
ですから女性の転職を成功させるためにも大変有利な資格なのです。
一般的にスコアが日系企業ではTOEIC600点以上、外資系では850点以上の人が英語のできる人材として求めらるのです。
今女性に人気のある資格には、フードコーディネーターやインテリアコーディネーター、WEBデザインなどがあります。
とはいっても実際に企業側から評価されるかというと、そうでもない資格も多数あるというのが事実のようです。
転職でステップアップしたいと考えている女性は、本当に企業側が高く評価している資格取得を目指す必要があるといえるでしょう。

就職戦線異常有り職業選択の自由について考えるのTOPへ




非常識な転職・就職の極意