仕事の市場について


仕事を辞書で引くと、働く事・勤労・憲法に定められている国民の義務の1つでもあると掲載されています。

働き手の情勢という言葉で仕事市場という言葉は用いられるようです。

日本の仕事市場について調べてみました。

労働者に支払われる賃金水準は下り坂傾向にあり、給与の引き上げや賞与の見直しを訴える声は大きくなっているようです。

正社員の賃金水準引き上げを約束した企業は、2008年では約40%でした。

2006年度、2007年度から引き続き上昇していて、ここ数年は賃金上昇圧力が高まっています。

業界別に状況を分析すると、サービス業、製造業の上昇率が飛び抜けています。

金融業や不動産業の賃金を引き上げた企業の割合は低調でした。

正社員からの賃金上昇欲求が増すと共に、会社側もその訴えに対して給与を引き上げる対応を取りうるようになりました。

では、正社員以外の雇用状態にあるパートタイマーやアルバイト、派遣の職にある人たちはどういった仕事市場にいるのでしょう。

賃金引上げがあると回答した企業は、2割程度しかなく、2007年度に比べて若干増加したに過ぎないようです。

逆に、賃金を据え置くと答えた会社は4割をオーバーしています。

これは、非正規雇用の仕事市場がかなり苦しいことを表しています。

フリーターと就職


フリーターとはどういう意味何でしょうか。

フリーターとは日本で就職していない就労形態のことを意味します。

フリーターの人たちは、暮らしを立てていくためにパートやアルバイトにつきます。

フリーアルバイターとも言われており、職種を指す言葉ではなく、どういった働き方をしているのかを識別するための用語です。

厚生労働省はフリーターの定義として、在学・就職をしておらず、女子は加えて未婚であることのうちどちらかの条件を満たし、年齢は15歳以上34歳以下であることとし、1991年に実質調査を行いました。

現在、就業している者については勤め先における呼称が、正社員ではなくアルバイトやパートと呼ばれている雇用者である事です。

現在、無就業の者については、家事も通学もしておらず、就職では無くアルバイトやパート、派遣といった就業形態での仕事を希望する者の事を指します。

最初にフリーターという単語ができたのはアルバイト情報誌でした。

1997年に作られたこの言葉は広く使われるようになり、広辞苑にも載っています。

日本で作られた単語なので、英語にはフリーターという言葉はありません。

フリーランスとアルバイターを組み合わせた和製英独語です。

英語ではパーマネントパートタイマーという表現になるようです。

1980年代後半のバブル経済の時期に、ミュージシャンや俳優になるという夢を持っている為に、正社員として就職せず、日々の生活費はアルバイトで稼ぐ若者がいました。

将来への希望を叶えるために頑張っている若者達を否定せず応援する言葉としてフリーターという言葉は生まれました。

プータローとは意味が違うというわけだったのでしょう。

ニートの就職活動のポイント


労働意志のないニートに労働意志を与えるには、求人情報が全てと言ってもいいのかもしれません。

一旦ニートと呼ばれる状態になると、新卒者と競争をして採用枠を勝ち取ることは容易ではありませんが、頑張って取り組んでください。

ニートの就職活動では、面接も重要なので、長所や短所を知っておくことは、自分にとってもプラスになります。

求人誌、新聞の折り込み、インターネット、ハローワークなどでしっかり情報を収集しましょう。

自分の望む会社に出会えるかもしれませんし、就職活動をしているのだという自覚が生まれ、少しずつやる気が出てくるはずです。

社会との関わりを持つことで、みんな頑張って働いているのだという刺激を受け、孤独感もなくなってくるでしょう。

就職の必要性も自ずと理解していくことが出来るはずです。

自分がどんな仕事をしたいのか、少しでもその方向性が分かっていれば、ニートの就職活動もしやすいでしょう。

これといってやってみたい仕事がなく、どんな仕事ならやり遂げられるかもわからないという人は、就職支援サイトの適性検査で何かわかるかもしれません。

見つけたら、試してみてください。

これはニートの就職活動の重要なポイントです。

自分自身を客観的に判断し、長所や短所をしっかり把握できます。

そして自分にピッタリの仕事を見つけることへとつながっていくのです。

面接は、就職試験で最も大事な瞬間です。面接に備えて自分のセールスポイントや弱点を知っておくと役に立つでしょう。




非常識な転職・就職の極意