【就職について考える】 の記事一覧


就職活動の身だしなみ


就職活動をする際の身だしなみについて紹介したいと思います。

やはり就職活動の身だしなみといえば清潔感が一番ではないでしょうか。

清潔感のあるような身だしなみを心がけて就職活動をしましょう。

初対面の面接官に少しでもいい印象を与えるタメにも、身だしなみは大切です。

まず男性の就職活動の身だしなみですがネクタイはスーツに会っているようなもので、あまり個性的で派手なものは避けましょう。

結び目もしっかりと締めてネクタイはまっすぐです。

Yシャツは、首の回りのサイズもしっかりしていて、普通の白い色がいいでしょう。

ボタンはきちんとすべて留めましょう。

就職活動のスーツですが、若い漢字をアピールするためにも、シングルのスーツを選びます。

体にきちんと合ったサイズのスーツを選んで、ヨレヨレとした印象を与えないようにしっかりとプレスしてズボンにもアイロンがけをしましょう。

靴下ですが、紺色か黒い色の靴下がいいでしょう。

就職活動の靴下で白い色というのは厳禁です。

靴の色は、革で黒がいいでしょう。

きちんと磨くことも忘れずに。

就職活動中の男性の髪型ですが極端な茶髪や長髪は避けましょう。

ひげもきちんと剃っておきましょう。

そして次に紹介するのは就職活動中の女性の身だしなみです。

女性もスーツは清潔感があってシンプルなものでブラウスは白、トレンドや個性もある程度取り入れるくらいならいいですが派手目のものは避けましょう。

爪やアクセサリーにも気を配り、指輪やネイルはしない方がいいでしょう。

ストッキングはナチュラルな色で、靴の高さはヒールは低めで黒、茶の色の靴がいいですね。

スーツのスカートですが就職活動中なら、スカート丈は、ひざが隠れるくらいの長さがベストです。

そして化粧についてですがナチュラルに見える程度で化粧はしましょう。

全くのすっぴんでもかまいませんがやはりビジネスマンとして少しは化粧をするのがマナーです。

派手なメイクは避けましょう。

そして髪型ですが、清潔感のある髪型がいいですね。

パーマやカラーもある程度ならいいですがあまりにも個性的で就職活動に似合わないような髪型は避けましょう。

髪の毛が長い人の場合にはひとつにまとめておくと清潔感もでて好印象ではないでしょうか。

このように、就職活動をするときには、身だしなみには十分注意しなければいけません。

ヒトの第一印象というのは9割が見た目で判断されるといわれていますから、身だしなみには注意しましょう。

就職と履歴書


就職活動を行う際に大切なポイントの一つに履歴書がありますね。

多くの会社がエントリーシートに履歴書の内容も一緒にしているところが多いといわれています。

履歴書は自分を最初にアピールするための一つの手段ですから書く際には十分に注意しなければいけません。

就職活動の履歴書を書くポイントを紹介したいと思います。

まず一つ目ですが捺印しなければいけないときには、周肉を使って印鑑を押して、記入前に押しましょう。

記入してからハンコを押すと失敗したときにまた一から書き直さなければいけないからです。

そして黒い色の水性ボールペンを使いましょう。

就職の際の履歴書の文字ですが丁寧に自分の一番の綺麗な字で、楷書を使って書きましょう。

もしも文字を間違えて書いてしまったときには、修正液を使ったり、修正テープを使うのではなくて新しい紙に書くのがいいでしょう。

修正液などを使うと失礼に当たりますから必ず書きなおしましょう。

そして就職の履歴書に写真をはるときには、写真の裏には、名前と学校名を書いておくと、写真が万が一はがれてしまったときでも安心ですよね。

そして履歴書には、現住所を書く場所があると思いますが、きちんと都道府県から書いて、番地なども正確に省略しないで書きましょう。

今紹介したのが、就職活動の履歴書の一般的なポイントです。

他につけ加えて言えば、履歴書を就職先に提出する時には、コピーをとっておいた方がいいでしょう。

それから就職活動中には提出する先に合わせて何枚も書くことになると思いますが、その企業や就職先、提出先に合わせて内容を変えて書く方がいいでしょう。

特に自己PRの欄などは、その会社によって職種なども違うでしょうから、その会社に採用してもらえるのに有利なことを書くのがいいと思います。

就職先の提出する履歴書は、空欄を作らずに、書くことがない場合でもきちんと何か書くようにしましょう。

短所や長所の面は採用担当者も気になる部分ですから特にしっかりと書くようにしましょう。

短所は正直に短所を書くのではなくて、短所でもあり長所でもあるといった感じで書くのがいいかもしれませんね。

就職活動で履歴書は一番に自分と企業との接点を持たせるとても大切なものですから丁寧に書くことを心がけて、かけたら何度も見直しをしてから確認した方がいいでしょう。

誤字脱字はもちろん気をつけて、間違えたら必ず書き直しをしましょう。

ニートの就職成功への道


ニートが就職活動をしていく上で、問題もいろいろあります。

採用試験の面接の場では、ほぼ確実に質問が飛んできます。

これまで定職についていなかったことや、職探しをしていなかったことについてです。

ニートが実際に働くことになったとしても、すぐに辞めてしまうのではないかというレッテルを貼られていることも事実です。

会社側としては、結果的に会社に貢献してくれる人が欲しいので、新卒のほうが欲しいはずだなどと思い込まずに、一生懸命働く意欲をアピールすれば、きっと働くチャンスをもらえるはずです。

就職活動をうまくやり遂げるためには、やってみたい仕事にはとにかく応募することでしょう。

今がニートだから、正社員は難しそうだから、と気を回してばかりでは何もできません。

たとえニートでも、求人条件に問題がなければ応募には全く差し障りがないわけです。

あまり自分を卑下せず、プライドを持って応募してください。

職探しの権利はどんな人であっても等しく享受すべきです。

卑屈になることはありませんから、身だしなみを整え心構えを持って応募し、面接に臨んでください。

緊張しすぎないよう、練習をしておくといいでしょう。

ニートを辞めるには、採用試験をくぐり抜け新たな会社で仕事をして生きていこうと思うことでしょう。

ニートを抜け出すには、アクティブに向き合う気持ちが大事です。




非常識な転職・就職の極意