就職セミナー


就職活動を行っているうえでよく耳にするのが会社セミナーや合同説明会ではないでしょうか。

学生たちにとっては、この就職活動のセミナーや説明会は企業との大切な接点にもなりますからチャンスですよね。

就職活動を始める時から業界を絞り込んで動くのではなくて、セミナーや説明会に積極的に参加することでいろいろな業界などを知っていくことが大切だと思います。

就職のセミナーにはいろいろな種類があります。

就職セミナー、強盗企業説明会といったものは、就職支援企業によって行われています。

大きな会場で行われることが多くて、それぞれの企業ごとにブースが用意されていて、それぞれの企業に直接話を聞きに行くことができるスタイルになっています。

それから就職のための会社説明会というのもありますね。

会社説明会の方は、それぞれの企業で行われることが多くて、企業の理念や今の企業の情報を得るためにはとても大切な機械です。

志望企業が会社説明会を開いている場合には必ず参加した方がいいでしょう。

場合によっては会社説明会に参加していなければエントリーできない場合もあります。

それから就職活動の支援セミナーというのもありますね。

学生団体や就職支援組織などが行っているセミナーなのですが、模擬面接を行ってくれていたり、就職活動で必要なビジネスマナーなどを教えらもらうことができますから一度は参加しておいた方がいいかもしれませんね。

就職の会社説明会を参加する際のポイントとしては、セミナーや説明会に参加する前に、ホームページや会社案内などをよく見て、企業の情報をあらかじめ知っておきましょう。

事前に調べておくと、当日、何か質問したいことがあった場合でもスムーズに質問することができます。

それからセミナーや説明会へ参加している場合には、ノートを取るようにしましょう。

就職活動に有利なことや面接に有利なことを話していることもあります。

面接の前に読み返すとためになる情報もあるのではないでしょうか。

そして就職セミナーや説明会に参加する場合には、積極的に質問をするということも大切なことです。

わからないことや質問したいことがあったら遠慮なく聞きましょう。

積極的に質問している姿は好印象になることもあります。

しかし何でも聞けばいいというわけではありません。

パンフレットやホームページを見ればわかるような質問は避けた方がいいですね。

このように、就職セミナーや会社説明会に行く際には心得的なポイントがたくさんありますから実行してみるといいですね。

就職のエントリーシート


就職のエントリーシートについて紹介したいと思います。

エントリーシートというのは、第一関門といってもいいくらいの就職活動の最初のスタートに必要なものです。

就職ではこのエントリーシートが通過しなければ面接までたどり着けないことが多いのです。

エントリーシートを書く前にまずは、確認しておくことがいくつかあります。

このエントリーシートを使って、志望企業の採用者に自分は何を言いたいのか、このエントリーシートを使って自分をどんな人間だという印象を持ってもらいたいと思っているのか、この二つのポイントが就職活動のエントリーシートの重要なポイントになると思います。

就職活動では行動に起こす前に目的をしっかりと把握することが大切なのです。

エントリーシートの中によく出てくる質問としては、一番学生時代に頑張ったことは何か?とか、志望動機、自己PR,そしてこれから先の自分について、これから先のこの会社についてなども聞かれると思います。

これらについて就職活動を始める前にはあらかじめまとめておくとスムーズに進むのではないでしょうか。

就職活動のエントリーシートを書く際のポイントですが、相手にいかに読みやすい文章にするのかということがまず一つ目のポイントです。

そして自分らしさが十分に発揮できているようなエントリーシートであることも大切なポイントになります。

就職のエントリーシートを書く際には、言いたいこと、伝えたいことは一番最初に書くようにしましょう。

やはり自分の伝えたいことを一番に書くということは大切なことですし、社会人としての基本的なことでもあるからです。

就職のエントリーシートは、提出期限のギリギリに出すというのはやめましょう。

就職先は何百通ものエントリーシートを確認するわけですから最後にいい加減にチェックされるよりも、はじめの方に出して余裕を持って読んでもらえる方が有利だと思いませんか?

就職のエントリーシートは早めに出すことをお勧めします。

就職のエントリーシートをまとめると、何を伝えたいのか、相手がイメージしやすいように数字なども使いつつ、そして自分ばかりアピールすることが全面に出るのではなくて、客観的に評価する声も取り入れながら、伝えたい言葉は何度も繰り返して書くというのが就職の際に有利なエントリーシートの書き方ではないでしょうか。

履歴書と同じくらい、それ以上に重視している企業もありますから、書く際には真剣に丁寧に書きましょう。

就職活動の自己PRと志望動機


就職の際には、自己PRと志望動機をはっきりとさせておくということはとても大切なことではないでしょうか。

就職活動をしているときには自己PRも志望動機もしっかりといえるように、答えられるようにしておきましょう。

自己PRと志望動機のポイントですが大切なことは企業を知るということではないでしょうか。

自分が就職したいと思っている企業の情報はホームページや会社案内、説明会などで必ず情報収集しておくようにしましょう。

自己PRのまずポイントとしては就職の際には、相手をきちんと納得させるような出来事や根拠をつけ加えて話すようにするといいですね。

たとえばあなたに強みがあったとして、どれくらいその強みが、会社に貢献できるのか、それを具体的なエピソードや出来事、根拠や理由と一緒に話すことが大切です。

就職活動で自己PRをするときには今までやってきた成果だけをアピールするのではなくて、出来事やそれによって何を得たのか、その辺のところまで話すようにしましょう。

評価をする場合には客観的に話をして、自分を採用すればこんなメリットがあるというようなことを意識させながら話すようにしましょう。

自己PRは就職活動の面接の際などではだいたい1分で話ができるくらいの量にするのがいいでしょう。

就職先を志望した理由である志望動機ですが、採用する企業は、内定を出した人に内定辞退をされては大変ですから内定辞退にならないためにも、志望動機がしっかりしているのかということをチェックしています。

もちろん第一志望で希望している人を優先的にチェックしているといってもいいでしょう。

就職活動の志望動機では、いろいろな行会社企業があるのに、なぜ、この業界のこの会社をなぜ選んだのか、その点にポイントを置いて、この質問に答えられるように考えておけば、乗り越えられると思います。

志望企業の特徴や強み、他の企業とはどのような点が違うのか、その点についてもきちんと答えられるようにあらかじめ情報収集しておくことが大切です。

就職活動における自己PRと志望動機は一番のチェックポイントといっても過言ではありませんから、企業にとっても自分にとっても有利に答えられるようにイメージトレーニングをしておくことが大切ではないでしょうか。

いかに自分という人材が企業にとって有利な存在であるか、企業にとってメリットの大きい人材であるか、それが自己PRのポイントになると思いますからこの点を頭に入れておきましょう。




非常識な転職・就職の極意