フリーターとニートの就職支援


政府の就職サポートは、フリーターやニートに対しては何かあるのでしょうか。

総務省の労働力調査によると15〜34歳の若年者で、正社員にならないアルバイトやフリーターの人数は減少している事が分かりました。

近年は景気が回復したことによって各企業の事業は徐々に拡大傾向にあり、それに伴って新規採用人数も毎年増加傾向にあるようです。

また、国家単位でニートやフリーターへの就業支援も盛んに行われているようです。

正社員の総数は順調に回復し、現時点での国内の就職率は1980年代後半のバブルがはじける直前ぐらいまで戻っており、フリーターの割合も減っているようです。

政府が進めるフリーターおよびニートの減少に向けた就職支援対策が、功を奏している事も考えられるでしょう。

フリーターやニートとなって、正社員を諦めるという人は徐々に少なくなりつつあります。

この先、景気が回復し政府の就職支援対策が更に充実すると、フリーターは更に減るのでしょうか。

フリーターやニートは減っては行くでしょうが楽観視は出来ないかも知れません。

いくら企業や政府が就職支援をしても、若者の考え方が変わってきている事もあります。

正規雇用につかなかった理由で最も主流なものは、仕事の他にしたいことがあったから、というものです。

正社員になれなかったのでやむをえずフリーターをしているという人は少数派で、好きなことをしたいのでフリーターになったという人が案外と多いという現状があるのです。

就業補助策も現状に合わせる必要があります。

会社都合でフリーターになったという人は少ないのです。

インターネットで転職相談


転職活動のための情報収集にネットを活用している人もかなりいるようです。

転職活動を今ほど堂々と大っぴらにできなかった時代やそれ以前の頃は、どのような手段で転職相談や情報収集をしていたのでしょうか。

転職をする時はハローワーク程度しか存在しなかったようです。

人手の足りない会社を知っている知人を頼ったり、親や親類縁者、世話になったことのある人から紹介してもらっていたのでしょう。

転職活動をしたくても、なかなか思うようにはいかなかったのではないでしょうか。

現代では転職活動に対する認識も変化し、転職相談も転職エージェントやハローワークを使うことができます。

仕事が長続きせずに転職を繰り返すばかりという状況になってしまってはいけませんが、転職に有利な時代が訪れたといってもいいのではないでしょうか。

仕事を変えるということに対する印象が変わっただけでなく、最近の転職活動では転職エージェントやハローワークなどの転職支援システムを使わずに仕事を探して、新しい働き口を見つけることが可能になりました。

ネット環境が整ったことにより、ネットでの情報探しが格段に楽になったのです。

今や賢い転職活動には、インターネットでの情報収集が欠かせません。

転職に役立つ情報や履歴書の書き方、面接のコツや転職に臨んでの考え方など、様々な情報をインターネットで知ることができるのです。

転職活動中の人が集まる掲示板や転職に関わる現場の声が聞ける交流の場などもあり、口コミ情報なども知ることができます。

就職先の企業訪問


就職活動の際の企業訪問について紹介したいと思います。

就職活動を行う上で企業を訪問した方がいいのかと迷っている人は多いと思います。

OBやOGを訪問した方がいいのか、これは就職活動や選考にとても有利になることが多いといわれています。

なぜなら、業界や仕事の内容がよくわかりますから理解するいいチャンスになると思います。

また積極的に行動している、熱意なども伝えることができると思います。

他にも、就職先で実際に働いている人から就職活動についてのアドバイスも受けることができるからです。

これ以外にも就職活動に有利なことが企業訪問にはたくさんあると思います。

就職活動の企業訪問のポイントとしては大学の就職課などにまずは相談してみるといいかもしれませんね。

自分が就職先に選択している企業にOBやOGが働いているのかどうかを聞くというのはいいですね。

またミクシーなどを利用して探してみるというのもいいかもしれません。

会社のコミュニティーがある場合もあります。

企業の人事部に直接聞くこともできますが、会社によっては社員の紹介はできないところもあります。

そして会社説明会を受けに行った時に訪問してもいいのか聞いてみるというのもいいかもしれませんね。

もしも自分で電話でアポを取って就職活動の一環として企業訪問をしようと思っている人は、電話の仕方も気をつけなければいけません。

電話の内容はとにかく簡潔にすることがポイントです。

相手が見えませんからどうしても緊張感もほぐれてしまいがちですが声だけできちんとした印象を見せるというのは実は難しいことなのです。

電話をかける前にはあらかじめ要件を考えておくか、書いておくことが大切ですね。

就職活動で企業訪問をしたい旨を伝えてそれが実際に可能かどうか、可能な場合には、うかがう時間などもきちんとしておく必要があります。

電話を切る際には、お忙しいところありがとうございましたという一言くらいは言って電話を着るのがマナーですし、もちろん電話は相手が切ってから自分が切りましょう。

もしも相手も電話を切るのを待っているようならば、フックを押してから電話を切りましょう。

間違っても、受話器をがちゃがちゃと音をたてておいて切るようなマナー違反にならないようにしましょう。

就職活動の企業訪問はプラスになることばかりですから行った方がいいですがその連絡の取り方には十分に注意する必要があることを忘れないでください。




非常識な転職・就職の極意