主婦の仕事と家事


会社と家の両立について、主婦なら考えなければなりません。

日本で人気のある有名なアニメーションの世界では、主婦が仕事を持っていないことが多いです。

真っ先に想像したアニメに出てくる母親像を思い描いてみましょう。

その人は果たして仕事をしているでしょうか。

恐らく、大多数の主婦キャラクターは子育てを仕事としているのではないでしょうか。

アニメーション世界に登場する母親が専業主婦であるということは、そのアニメの年代設定にもよりますが、視聴者の夢見る女性の姿なのかもしれません。

恐らく、家庭の主婦が夫と子どもの面倒を見ることに専念し、家の仕事をする姿は眩しく写るのでしょう。

しかし、今の日本のように、将来に不安を抱くようなことばかりが話題になっている現実社会ではなかなか出来ることではありません。

女性の結婚を機に会社を辞める、いわゆる寿退社をする人は減り続けているようです。

その原因には、働き手としての女性の存在が見直されるようになったことや、今後の社会情勢への不安感なども関係してきているようです。

主婦が仕事を持つことが当たり前のようになってから、主婦の仕事であった家事も分担して行う家庭が現れ始めました。

料理の手間を省く手軽な総菜が充実し、家電製品も家事の重労働を軽減してくれるような便利なものが増えたことで、家の仕事が簡単になっています。

働く主婦の増加には、このような事情も関係してきているといえます。

就職支援と労働市場について


仕事についていない若年層のニート解消には、農業関係の仕事につけさせればいいのではないかと発言した衆議院議員がいます。

ですが、国内の労働環境は根元からニート問題を解消できるような結論が出ていないというのが現実で、農業支援を行っても急ごしらえの対策にしかなっていないといえます。

仕事を分け合って雇用の枠を守るというワークシェアリングという考え方がありますが、日本国内ではこの方法を使う会社はほとんどないようです。

毎日一生懸命働いているのに、最低限の生活水準の維持すら困難な収入しか得られていないというワーキングプア状態にある人もいます。

労働者を取り巻く環境については、正社員並に働いても足りないという状況についても何らかの方策を打つべきです。

ワーキングプア状態に陥っている人々は、一昔前の一般的な貧困層や失業者とは随分と違う部分があり、働く貧困者という新しい概念が出現しています。

これは日本国内だけの問題ではなく、ワーキングプアは先進国に見られる未知の問題として知られています。

働く人たちに関わる問題は、このような色々なものがあり、対策の必要性が訴えられています。

就労サポートのためには、ワーキングプアやフリーター、ニートの解決が必要なのです。

就労サポートを考えるためには、今までの価値観がそぐわなくなるほど変わってしまった労働環境の問題や、実働時間と休日の比率、基本的な権利についても考えなければなりません。

どれだけ会社や国が援助をしたとしても、最終的にはこれらは本人達の問題に帰結するのです。

就職情報は世の中にたくさんありますし、インターネットを使えば様々なデータが入りますので、よく検討してみましょう。

就職サポートを活用することも大事ですが、仕事について見つめ直し、一人一人が明確なプランを持って仕事探しをすることも必要です。

政府の就職支援対策


政府は実際どの様な就職支援対策を行っているのでしょうか。

就業援助政策は内閣官房の再チャレンジ担当室で行われています。

公務員の採用枠にニートやフリーター用の増員をしたり、企業に対する表象や優遇措置によって再チャレンジ者の支援をしています。

当時の総理大臣だった安倍晋三氏が提唱したものが再チャレンジ支援です。

再チャレンジとは、大学入試や就職活動に挫折したことがある人でも建て直しがきくようにというコンセプトです。

フリーターの就職を支えるために厚生労働省が作ったものとして、若者自立塾があります。

実地で仕事を体験したり、仕事の研究会を行いながら集団生活を行い、一つの施設で3〜6ヶ月の間一緒に生活する、というものです。

この就職支援にかかる費用は一部自己負担(10〜40万円)となっています。

厚生労働省の目標は、卒業生の7割が半年後迄に就業する事としています。

現実では、就職できた若者は50%以下です。

若者自立塾を運営するNPO法人からは、まだまだ試行錯誤の段階であり、期間延長等の更なる改善をすべきとの意見もあがっています。

また、文部科学省の分析では、ニートの増加は若者の職業への考え方の変化によるとされています。

キャリア教育を中心に文部科学省は事業を行っています。

生徒達は総合的な学習時間を用いて就業支援となる予防学習を受けたり、保育所やスーパーなどで5日間ていどの職場体験学習を通じて就業準備学習を行うという内容です。




非常識な転職・就職の極意