就職内定後の過ごし方


就職内定後の過ごし方について紹介していきたいと思います。

就職活動をして就職採用試験や面接をとおって晴れて内定がもらえたという人は、就職内定後から入社までに何をすればいいのか紹介したいと思います。

まず内定してからも、遊び呆けるのではなくて入社までに自分を磨いて残っている大学生活などを楽しむことが大切ですね。

具体的には何をすればいいのでしょうか。

就職内定後にすることとしては、たくさん本を読むということも大切なことですよね。

特に営業の仕事に就職することになった人の場合には、マーケティングに関する本を何冊も読むことで営業の力が付いてきます。

そして会社から入社までに覚えることなどの教材が送られてくることがありますからこちらをきちんとこなすことも大切です。

そして就職先によっては、スキルが必要になる場合もありますから、そのスキルを身につけるための勉強もしておく必要がありますね。

たとえばコンサルティング会社への就職の場合には会計関係のスキルは必須ですし、システム系の就職先の人はプログラミングの勉強をしておいた方がいいと思います。

入社してもちろん研修も始まると思いますが、入社前からある程度勉強しておくことで入社してからのスタートがスムーズになるのではないでしょうか。

ここまでしっかりと就職内定後にこなしておけば入社してからも困ることなく社会人としてのスタートが切れると思います。

就職内定後はあとは遊ぶことも大切ですね。

遊びから生まれるこれからの人生を送る上で大切なことが得られることもあります。

また学生だからこそ経験できることもありますし、もう一生の中でこんなに自由な時間があるというのもないと思いますからその時間を大切にすることもポイントです。

十分にやり残すことなく大学生活や学生生活を満喫した人は、それが活力となって就職したあとも思う存分力を発揮できるようになります。

時間があるときに自分のやりたかったことをやってみる、新しいことにチャレンジする、時間を有効に使って新しい自分を発見させるというのも大切なことです。

これから就職して会社で働く前のこの大切な時間というのは決して無駄ではなくてきっと就職してからの自分にとってプラスのものになると思いますから有意義に過ごすことがポイントではないでしょうか。

やることはやって、遊ぶところは遊ぶ、これさえ押さえておけばきっと有意義に時間を使うことができると思います。

就職のグループディスカッション


就職のグループディスカッションについて紹介したいと思います。

就職先によっては採用にグループディスカッションを使用するところもあると思います。

グループディスカッションというのは何かというと、1つの物事について、4−8人位のグループに分かれて議論して、そして結果を出すという採用試験の一つになっています。

このグループディスカッションは就職の採用試験としては最近では結構たくさんの企業に利用されていますからあらかじめどんな感じなのかイメージトレーニングしておくのが大切です。

この就職のグループディスカッションは合格なのか不合格なのかの判定が学生自身から見てわかりにくいのでなかなか大変なのではないでしょうか。

たとえばテーマが一つ与えられます。

「少子化社会について」といったテーマが与えられたら制限時間内に、自分でまずは議論して制限時間中にグループの意見をまとめるというのが流れです。

このグループディスカッションの就職採用試験で大切なことは、チームワークもある程度必要になってきます。

制限時間内にきちんと結論を出さなければいけませんから自分勝手に議論すればいいというわけではありません。

ですから自分の中できちんと時間のスケジュールを立てて話すようにするとスムーズにまとまるのではないでしょうか。

そして就職採用試験のグループディスカッションではとにかく発言すればいいというものではなくてチームワークを乱していないか、まとめようとしているのかなども見られていますからチームワークを重要視して大切に進めてきましょう。

そしてグループディスカッションでは正しい答えというのはないと思いますから難しいのですが根拠のある話をすれば数ある意見もまとまるのではないでしょうか。

最近では就職活動の一環としてグループディスカッションのテクニックを教えてくれるセミナーも開かれていますからセミナーなどに参加してグループディスカッションになれて本番でもうまくいくように練習するということはとても大切なことではないでしょうか。

就職採用試験は筆記試験、面接以外にも、このようにグループディスカッションがあるということも忘れないで自分の中でイメージトレーニングと実際の練習も大切にして進めていきたいですよね。

それが就職採用試験のグループディスカッションで成功する、好印象を持ってもらうポイントになると思いますから頑張ってイメージトレーニングをしていきましょう。

就職時の面接について


就職の面接試験について紹介したいと思います。

就職活動を行う上で必ず面接試験というのはあると思います。

場合によっては、多い会社では3回も四回も行うところもあります。

面接では就職活動の一番の山場だといわれていますから頑張りどころでもあると思います。

面接ではどんなところをチェックして合否が決められているのかというと、一緒に仕事をしたいと思うような人材であるかどうか。

また採用したときには、会社に貢献しそうかどうかということがチェックされています。

就職活動の面接で一緒に仕事をしたいと思わせるというのはなかなか難しいことですよね。

これは、面接官といかにコミュニケーションを取れるのかということが大切なポイントになってくると思います。

自分をアピールすることは大切なことですがそれがただの自慢話にならないように質問された本当の意味をきちんと理解して答えるのが大切です。

しかしあまりにも硬くなりすぎてしまうと、一緒に働きたいと思ってもらうことは難しいと思いますから、面接官と普段通りにコミュニケーションをとって楽しく会話をするくらいの気持ちを持って話せばうまくいくのではないでしょうか。

そして二つ目のポイントである採用したときに貢献してくれそうかということですが、自分がこの会社に就職すればどんなメリットがあるのかということは必ず伝えた方がいいですね。

今まで頑張ってきたことを活かしてどんなことができるのかということは必ず就職の面接では伝えるべきポイントだと思います。

就職の際の面接にはいろいろな種類があります。

たとえば個人面接の場合には、1対3くらいの割合で行われる面接です。

そして就職の面接ではグループ面接というのもあります。

このグループ面接というのは、学生を一度にまとめて3−5人位一緒に面接するという方法です。

いろいろな面接の方法が就職の面接にはありますから、それぞれの面接では自分をアピールする方法というのは違ってくると思いますから、個人面接には個人に合わせた自己アピールを、集団面接やグループ面接のときにはそれに合わせた自己アピールをするようにするのが大切なことではないでしょうか。

就職の面接は、今までやってきた就職活動の一番大切な部分といってもいいと思いますから頑張っていい印象を持ってもらうことや自分をアピールすることができるようにイメージトレーニングをしておくといいかもしれませんね。

日々のイメージトレーニングは意外と大切なことです。




非常識な転職・就職の極意