【就職について考える】 の記事一覧


就職に役立つ言葉づかい


就職をしたら必ず言葉づかいに困るという人も多いようです。

今までの学生の時には先生にも敬語を使わなくても過ごせてきたかもしれませんが就職したらそうはいきません。

敬語はとてもひつようですから仕事ができても言葉づかいがうまくできなければ一人前ではありません。

就職したら社会人として恥ずかしくないような言葉づかいをする必要がありますね。

まず、丁寧語についてですが丁寧語というのは、「お」「ご」といった言葉を言葉の最初につけます。

「御家族」とか「お荷物」といった感じですね。

そして言葉の最後にはです、ます、ございますを必ずつけるようにしましょう。

そして普段は「あっち」と言っている言葉も「あちら」といったように丁寧に話しましょう。

就職してから上司との会話は勿論のこと、取引先との会話も増えるでしょうから丁寧語や敬語はマスターしておかなければ大変なことになるのではないでしょうか。

就職してはじめのうちはなれるまで大変だとは思いますが慣れれば自然に使えるようになると思いますから頑張って使えるように心がけたいですね。

クッション言葉をいうのをご存知でしょうか?

たとえばいいづらいことがあったときなどには「申し訳ありませんが」「お手数ですが」「恐縮ですが」といった言葉を間に入れて使うと相手にも不快感を与えずに話をすることができます。

また何か頼みごとをする際でも「お時間をちょうだいして申し訳ございません」といったように話をつけるとスムーズに進むのではないでしょうか。

就職してからの言葉づかいは学生気分が抜けない人はなかなか苦労するといわれています。

上司に敬語を使っていたかと思ったら、社外の人への対応の際には、自分の上司を下げて話さなければいけませんから大変ですよね。

尊敬語、謙譲語、丁寧語という三つの言葉を必ずマスターして使い分けることが就職してからのビジネスの言葉づかいではポイントになると思います。

普通に話している言葉とビジネスでの尊敬語、丁寧語、謙譲語というのは違っています。

相手を敬う言葉が尊敬語ですし、自分をへりくだって相手を敬うのが謙譲語、そして、丁寧にきれいな言葉づかいをするのが丁寧語です。

この三つは就職してからの言葉づかいの基本になりますから十分に頭に入れておいて使い分けるようにすることが大切です。

なかなか難しいことではありますが慣れてくればきっと上手に意識しなくても使えるようになるのではないでしょうか。

もちろん就職活動中も同じです。

就職に役立つ挨拶のマナー


就職の際に役に立つ挨拶のマナーについて紹介したいと思います。

就職してからというのは社会人として恥ずかしくないような態度をとらなければいけません。

就職先の自分の会社でもそうですが取引先の会社の人と会うときでも恥ずかしくないようにしっかりとあいさつのビジネスマナーはわきまえておきたいところですよね。

もちろんこれは就職してからも役立ちますが、就職活動をしている人にとっても役に立つマナーなのではないでしょうか。

まず、仕事中に上司や就職担当者に話しかける際には、かならず「今よろしいですか?」と聞いてからにしましょう。

相手の都合も考えずに話し始めるのは、マナー違反です。

そして就職活動で企業を訪問することもあるでしょう。

そんなときにエレベーターで乗り合わせになった場合には、込んでいる場合には目礼でいいのですが込んでいない場合や二人だけの場合には、あいさつをきちんとしましょう。

そして廊下などを歩いていてすれ違ったときには、廊下のすみによけて、相手の通るスペースを必ずあけてからちゃんと足を止めて挨拶をしましょう。

間違っても、歩きながら挨拶をしないように心がけましょう。

そして自分が仕事をしているとき、就職活動で何かを書いているときなどに、話しかけられたら作業は中断しましょう。

そして目線をちゃんと話かけた相手にむけて挨拶をして座っている場合には腰を浮かせるのがいいでしょう。

間違っても作業をしながら話を聞いたりしないようにしましょう。

就職活動をしているときや働いているときに階段で上司や取引先の人に出会った場合には、相手と同じ目線に来るまで移動してから同じ目線で挨拶をしましょう。

上から見下ろして挨拶をすることの内容に気をつけましょう。

このように挨拶にはいろいろとマナーがあります。

そして種類としては会釈、敬礼、最敬礼といったように種類があってそのつど腰を曲げる角度も違っていますからそちらも確認しておきましょう。

会釈は15度位、敬礼は30度、そして最敬礼は45度が基本になっています。

就職活動をしているときからこれらの挨拶の基本をわきまえているとビジネスマナーが身についているとしてポイントが高くなることもあります。

もちろん就職してからも多いに役立つわけですが挨拶はビジネスの基本ですから必ず守って社会人としての第一歩を踏み出したいですね。

よく間違えやすい言葉に「お疲れ様でした」と「御苦労さまでした」がありますが、御苦労さまは目下の人にいう言葉なので注意しましょう。

自社株


自社株買いとは、別名 自己株取得ともいい、その名の通り、自社の株を買う事を指します。

配当の場合はすべての株主が現金で受け取れますが、自社株買いは現金化するか選択できます。

過去に発行した自社株を買い戻し、自社株を利益等で消却することにより『バランスシートの圧縮』や『株主への利益配分』に繋がります。

買い戻しには上限があり、会社の情勢によっては変更もありえます。

以前までは自社株買いは債権者保護の立場から原則的に禁止されていました。

財源という目的を限定した形で認められたのが1994年です。

自社株消却(株式消却)やストックオプションの付与等目的が制限されていました。

しかし、2001年以降は商法改正により、目的を定めず金庫株として保有できるようになりました。

2003年の9月以降は株主総会での定款変更によって一定の財源の範囲内ではありますが、取締役会で自社株買いの時期や量を決められるようになりました。

資本効率を表す指標は株主資本利益率(ROE〈Return On Equity〉)を使うのが一般的です。

ROEとは株主資本を効率的に利益を上げたかを示す指標です。

ROEが上昇するには利益が資本を上回らなくてはいけません。

投資家が投資判断の適否を決めるときに参考にするのはROEや1株あたりの利益です。

自社株式取得(自社株買い)を行うにあたって多くを占める理由は、資本効率の改善をし、株主利益を増やすことです。




非常識な転職・就職の極意