就職と名刺交換


就職してからはその会社の名刺を持つことになると思いますが、名刺の交換には細かいマナーがあるということをご存知でしたでしょうか?

名刺交換のマナーは社会人として就職したら必ず大切なことになりますから覚えておきましょう。

まず名刺を渡す際のルールの一つ目としては目下の人から先に名刺を出すのが基本です。

ですから就職したての人はもちろん自分から名刺を出すのがルールですよね。

もしも先に目上の人が名刺を出してしまった場合には、「おくれて申し訳ございません」という言葉を一言いってから、自分の名刺を出しましょう。

就職して他社へ行った際には訪れた人から出すのがルールです。

もしも名刺を切らしているとか、持っていなかったときにはそのことに対してお詫びを告げましょう。

そして相手の名刺を受け取ったら自分の会社の名前と部署、自分の名前をいいましょう。

次に会うときには必ず名刺を持っていくようにしましょう。

就職したての場合には、名刺を渡すルールを覚えるだけでも大変だと思いますが、頑張って覚えなければいけませんね。

流れとしてはまず名刺は、常にすぐに出せるように用意しておきましょう。

そして座っていたとしても立って名刺を渡します。

名刺は相手の向きにして差し出して右手でもって左は添えましょう。

そして会社名と名前をいいながら渡します。

就職したてで名刺を渡すことはマスターしたという人も受け取るマナーをマスターし忘れている人は多いかもしれませんね。

受け取るときには頂戴しますといって名刺を必ず両手で持って、もしも自分も出す時には、左手で受けて右手を添えて渡すようにしましょう。

そして名刺を受け取ったら確認するために苗字や名前を読み上げるといいですね。

その際に読めない漢字などあればその場で聞くといいでしょう。

そして名刺はすぐに片付けるのではなくてテーブルの上に名刺入れを置いて名刺を置きます。

もしもたくさんの名刺を受取ったときには、席順に名刺を置いておきましょう。

そして話が終わったり面談が終わったタイミングで名刺を片づけましょう。

なかなか就職したてで名刺のこの一連の流れをすぐにマスターするということは難しいと思いますが営業職の人の場合には特に、名刺の交換は基本となってきますから就職してから身につけるのではなくて就職する前にあらかじめ名刺交換についてのポイントを理解してイメージトレーニングをしておくと実際に交換しなくてはいけないときにもスムーズにいくのではないでしょうか。

転職の面接を受ける際の注意点


転職の面接を受ける際の注意点について考えてみました。

もし転職の際の面接の直前に都合が悪くなったり、時間に遅れそうな時はどうしたら良いでしょうか。

どれほど前もって準備をしていたとしても、万が一の出来事が絶対にないとは言い切れないでしょう。

行けないとわかったらすぐに連絡を入れ、改めて面接の日取りを決めるようにしましょう。

ですが、できるだけ日程の変更は起きないようにしてください。

面接関係者全員に迷惑をかけますし、印象も悪化しかねませんので、その後の面接の場では特に気をつけてください。

この他にも、面接をする時に気をつけるべきことがいくつかあります。

面接会場への入室は緊張の瞬間ですが、落ち着いてこなしましょう。

ドアを後ろ手に閉める等の失敗は禁物です。

こんな時こそ冷静を心がけ、落ち着いてドアを閉め、向きを変えて挨拶します。

転職の場合は、面接官からの質問の中でも、転職理由が大きなチェックポイントとなるのでは間違いありません。

気をつけるべきことは、悪感情をもたれてしまうような言い方をせずに仕事を変える理由を言えるようにしておくことです。

前職を辞める際に、自分に好ましくない環境に対し、どういう前向きな行動をとったかを面接官は知りたがります。

この時こそポジティブな動機で転職活動をしていることをアピールし、やる気を示しながら志望動機に結びつけることが大事です。

このような時に、経営が安定しているから、将来性を感じたから、などのありがちな答え方をすると没個性になってしまうので、気をつけましょう。

転職活動での面接時のチェックポイント


就職活動を行う時はほぼ面接がありますので、面接についての心構えを持っておくといいでしょう。

転職活動での面接時のチェックポイントは、面接官である相手の視線を受け止めることが大切です。

また、面接の答え方で心がけることは、要点をスッキリまとめてはっきり回答することです。

能動的なタイプという印象を与えます。

また、過去より転職してから、入社してからの事をアピールすることも重要です。

また、実際は知らないのに知っているように話すとボロが出ます。

大げさな言い回しは逆効果になることもあります。

頑張って取り組む態度を示すことが面接での最も重要なポイントです。

以上の点を心に留め、あとはあがりすぎないよう落ち着いて面接に向かうようにしましょう。

もちろん、当日何時に家を出ればいいか、どうやって行くかはあらかじめ確認しておく必要があります。

服装の乱れはないか、髪型や姿勢に問題がないか、面接の場に入る前にもう一度確認をしましょう。

待ち時間ではせかせかしすぎないよう。

部屋に入る前には深呼吸をして心を落ち着けてからがいいかもしれません。

そして、心もち大きめの発声を心がけながら話し、困った時はまず一拍おいてください。

意地悪な質問に対しても、感情的にならずに対処するよう心がけます。

よく理解出来ない質問については、確認することは良くないことではありません。

面接の場ではあまりがちがちにならないように心がけ、ピンチもチャンスに変えるくらいの心づもりでいくといいかもしれません。

転職活動での面接に際して、これだけの最終チェックポイントを確認出来れば大丈夫です。

自信を持って面接会場へ出かけることができますね。




非常識な転職・就職の極意