就職ガイダンスと就職セミナー


就職ガイダンスは、就職にまつわる専門用語にあたります。

就職活動には、就職活動専用の言葉がありますが、スムースな就職活動の為にもそれらの言葉の意味をしっかり覚えておくことが必要です。

就活という言葉もありますが、これは就職活動のことです。

就職活動で使われる就職活動専用の言葉の意味を知ることは、就職活動をスタートする際の出遅れを防ぐためにも重要なポイントです。

就職ガイダンスは、これから就職活動をしようとする人を対象にしたものですが、就職ガイダンスを一歩前進させた形が就職セミナーと呼ばれています。

学校が主催する学内就職セミナー、企業が主催する企業就職セミナー、オープン就職セミナーなど、形式も主催者も多種多様です。

内容も広範なものから業種を絞ったものなど千差万別です。

オープン就職セミナーというと、職務内容や業界の動きなどを就職希望者に伝えるために開催されるものです。

学校に訪れた企業が自社の説明を行うのが学内就職セミナーです。

数十から百数十の企業が一堂に会して行われる合同企業セミナーは、大きな施設を使って、様々な会社の説明を聞くことができる催しです。

単独で会社がセミナーを開くこともあり、その場合は求人内容や会社情報の詳細を知ることができる会社説明会と等しいものです。

どのような就職セミナーがいつ開催されるかについては、就職ガイダンスなどで知ることができますので、ぜひ行ってみてください。

仕事を探すために、就職ガイダンスなどに出向いて色々な情報を収集するといいでしょう。

就職ガイダンスとは


まず就職ガイダンスで就職活動について知ると、はじめての人は取りかかりやすいようです。

就職活動とはどのように行うのか、全く知らないという人のために一から教えるところです。

説明会のようなものをガイダンスといいますが、一般的には、初心者に対してどうすればいいかを教えることがガイダンスといえます。

例えば、家にあった電気機器に何らかのトラブルが起きた場合、対処法がわからない時はサポートセンターなどに連絡をします。

家庭用電気製品の何が、どんな状態なのか。

おかしな動きをしている場所はないか。

メーカー担当者と直接話をする前に、電話の音声に従ってダイヤルを押していくと案内されることがあり、これがガイダンスです。

これは、家電品の修理相談をするということに対してのガイダンスです。

誰に対するガイダンスかといえば、サポートセンターに電話をかけてきた修理を頼みたいという顧客に対するものといえます。

円滑な就職活動のために開催される就職ガイダンスの開催主は、各大学のもの、企業のもの、ハローワークなどの公共機関によるものなど様々です。

また、ここのところは海外からの留学生のために就職ガイダンス、というものも増加傾向にあります。

就職ガイダンスを賢く利用するためには、その就職ガイダンスではどのようなことを扱うのか、ネットなどで事前確認することです。

転職の面接時の条件確認


どのような形で、面接で採用条件を聞けばいいのでしょう。

自分から採用後の話を切り出すのは難しい時もあるかもしれませんし、聞き入れてもらえる範囲で留めるべきです。

前もって転職希望先の会社についての情報や、業界の動きについて知識を得ておくと、話も進めやすくなります。

条件の話をする時は、給料のことにも話題が及ぶこともあります。

会社の利益にどれだけ寄与できるかを見積もっておくと、話もしやすいでしょう。

自分が会社に対してできることや能力を伝えた後は、給与の話を持ち出さずに相手側から給料の金額についての話を切り出してもらった方がいいです。

また、採用後に問題が起きることを避けるためには、労働条件や会社の内容、どんな仕事なのかをはっきり確認しておくべきです。

また、月の残業時間や休日出勤がどのくらい求められるか、オフ日に制約はあるか等についても気になる部分は聞くべきです。

採用後の条件の中で理解しにくい部分があったり、はっきりさせておきたい箇所があったら、質問をさせてもらうといいでしょう。

採用後に後悔しないためには、転職活動中の今でこそ色々な確認をしたいところですか、面接中の相手の好感を得ておくためには、給与な話に固執することはいいことではありません。

どのような点を聞きたいかあらかじめ考えておけば、いざ担当者と会った時にスマートに会話ができるでしょう。

面接が終わった後には、転職の面接を受けさせてもらった事への謝辞をしたためた手紙を出すようにします。

面接時に伝えられなかった事のフォローも手紙で出来るのでおすすめです。




非常識な転職・就職の極意