求人募集動向とフリーターの就職事情


求人募集動向とフリーターの就職事情について。

総務省が発表した労働力調査によると、34歳までの若年者のアルバイトやフリーターの人数は、減少傾向にある事が報告されているようです。

このようなフリーターの減少傾向は、景気の回復に関係しています。

事業拡大等により、企業が再び新規社員や新卒者を積極的に求人募集しているからです。

高校生の就職内定状況も、企業の業績回復によって、求人募集の増加に即結びつきやすいので回復傾向にあるといいます。

就職出来ずにフリーターやニートとなる若者は、求人募集の増加により減少傾向にあります。

この傾向は、政府が進めるフリーター及びニートの減少に向けた対策のおかげかもしれません。

求人募集の動向は、業績回復を見せる企業の人材採用にあわせて、増加傾向にあるといえるでしょう。

求人募集の増加する動向が続けば、景気が回復し、フリーターは更に減っていくといえるのでしょうか。

仕事をしていないフリーターの減少傾向は、フリーターの就職事情が改善されることによって続くと思われますが、楽観的な見方ばかりではありません。

なぜなら、若者の就職に対する考え方も、年々変わってきているからです。

自由な働き方を希望する若者がフリーターの動向調査によると1番多く、仕事以外にしたい事があるからという理由が最も多いようです。

フリーターの就職事情も一朝一夕には改善されないと考えられます。

女性の30代での転職


ふつう女性の30代での転職は不利であると言われているようです。

確かに20代の女性の転職に比べたら難しいのが現状かもしれません。

人材を採用する企業側からしてみれば、30代の女性を迎え入れることにリスクを伴う可能性もあるので、男性に比べて敬遠したくなるのでしょう。

30代の女性は結婚や出産、子育てなどのイベントを控えている可能性がある、これが企業側が女性の採用を敬遠する理由です。

仕事を休んだり辞めたりする可能性が男性に比べて高いからです。

この30代の女性の転職が不利だと言われる原因はこのようなことが大きいのではないでしょうか。

そうはいっても、多くの30代の女性は、キャリアを積んでいるともいえます。

自ら30代の女性の転職は無理だと思い込まず、自分のキャリアに自信を持った就職活動をする事が、転職成功のポイントになるはずです。

今まで経験してきた仕事が合わず転職を希望する場合は、未経験である職種に転職することになると思います。

さらに狭き門に、30代の女性が転職する場合にはなるかもしれません。

それは企業側が30代に求めるものは、ゼロからのスタートではなく、即戦力として使える人材だからです。

これは男性、女性に関わらないものです。

そうはいっても、未経験者可となっている職種も中にはあります。

ですから失敗しない転職のためにも自分の求めるものを諦めずに、根気よく探すことが大切ではないでしょうか。

高校生の就職ガイダンス


就職ガイダンスで高校生を対象としたものは、大学生の就職ガイダンスに比べ、開催回数があまりないといえるでしょう。

就職ガイダンスで高校生を対象としたものは、大学生を対象とした就職ガイダンスよりも内容は若干薄くはなりますが、それでも各地域、各学校などで開催されています。

年々下降してきているのが、高校生が卒業した後、進学せずに就職する割合です。

そして高校を卒業した後に、就職希望者が希望の会社に就職できる割合は年々高まっています。

そうはいっても高まっているのが、就職後3年以内の離職率だといいます。

このような短い期間での離職率が高い傾向は、送り出す高校側にとっても採用する企業側にとっても、評価が下がる原因になるかもしれません。

そこで有効に活用したいのが高校生向けの就職ガイダンスです。

離職率の上昇傾向を押さえるためにも、重要ではないでしょうか。

高校生を対象とした就職ガイダンスは大学生などを対象とした就職ガイダンスとは内容にも若干の違いがあるようです。

就職ガイダンスは高校生を対象にしたものは、これから初めて就職をしようとする人のためのものだといえます。

大学生などを対象にした就職ガイダンスと、初歩的な説明、案内、手引き、指導、そのために開かれる催しである点においては違いはないといえます。

大学生とは異なる点は、就職を希望する高校生に対して就職活動の支援だけでにはとどまらないということです。

これから働くことの意味や目的を、自分自身でよく考える時間を就職ガイダンスを利用して、与えている学校も多いようです。




非常識な転職・就職の極意