【就職について考える】 の記事一覧


就職と電話応対


就職してからは会社の電話に出ることもあると思います。

電話の応対というのは自分だけの問題ではなくて就職先のイメージにも関わってきますからきちんとした応対を身につけないといけません。

就職先の信頼を上げることもできますし下げてしまいかねない電話応対はかなり重要なことではないでしょうか。

まず電話にはメモ帳とペンを常に用意しておくのがいいですね。

そして右利きの人は左手で、左利きの人は右手で受話器を持ちましょう。

就職して間もない頃は自分から電話をかけるということは少ないかもしれませんが、電話をかける時には、相手の都合を考えましょう。

「今お時間はよろしかったでしょうか」と相手の都合を聞いてから話し始めるのがマナーです。

そして相手が話しているときは適度に相槌などを打つようにしましょう。

黙っていると電話が通じているのか不安になりますし不快感を与えてしまうのではないでしょうか。

就職してまずは電話を受けることを学ぶ事務職の人もいるかもしれませんが電話が鳴ったら3回以内に取るのがマナーです。

もしも4回以上なってからとる場合には「お待たせいたしました」といいましょう。

そして電話では相手がわからないような専門的な用語や会社だけの言葉を使うことも避けましょう。

もしも電話をしていて聞き取れなかったときには、そのままにせずに丁寧に聞き直すことが大切です。

そして電話をこちらからかける場合はとにかく簡潔にしましょう。

そして電話をかけた方から先に電話を切るのが、マナーです。

しかし、かけてきた相手が目上の人の場合には、電話を切ったことを確認してから電話を切りましょう。

就職先によっては新人の最初の仕事が電話応対というところもあるようです。

そんな場合にもスムーズに仕事ができるように、あらかじめ電話応対を就職前からイメージトレーニングや練習をしておくと実際に就職してから困ることも少ないのではないでしょうか。

最初に話しましたが、電話でのイメージというのはとても大切で顔の見えない相手だからこそ、電話での応対というのは大切です。

会社全体の信頼やイメージにも関わってきますからきちんとした対応をして会社が恥をかくことの内容に注意しなければいけません。

就職してから身につけるマナーは本当にたくさんありますが電話応対のマナーも特に重要なマナーの一つですから必ずマスターするように心がけておくことが大切ではないでしょうか。

電話一つで仕事が決まることもあります。

就職と来客応対


就職してからの来客応対について紹介したいと思います。

就職してからはどこの部署につくのかわかりませんが場合によっては来客の応対を任される場面も出てくるかもしれません。

そんなときに就職したてなのでわかりませんということでは恥ずかしいですからしっかりと来客応対も就職前から理解しておく必要があると思います。

まずお客様が来た場合には必ず立ち上がりましょう。

あなたが就職活動で企業を訪れたときでも立ち上がって迎えてくれていたはずです。

そして挨拶をしてお辞儀をします。

用件を尋ねましょう。

そして相手が名前をいって用件をいったら複唱するのが基本です。

そしてアポイントの有無も確認した方がいいですね。

もしもアポを取っている場合には、応接室に直接案内すればいいのですがアポなしの訪問の場合にはまずは取り次ぐことを話して内線などで指示を待ちましょう。

就職活動であなたが企業訪問をした際にしてもらった対応と同じことを就職してから他の人にやってあげるのです。

案内の方法ですが、応接室に案内する際には、廊下を歩いていくなら、お客さんの3歩ほど前を歩くようにして、背中を完全に向けるのではなくて斜めに向けて歩きましょう。

そして段差や階段があるなら「足元に気をつけてください」と一言いうといい印象が持たれますね。

階段を上がるときにはお客様に先に上がっていただきましょう。

下がるときには、自分が先に降りましょう。

そして目的の場所についたら、ドアの前で「こちらです」といって誘導を終了することもありますし、ノックをして扉を開けてあげることもあります。

その際は臨機応変に対応しましょう。

就職先の部署が会社の受付などの場合には必ずマスターしておかなければいけないビジネスマナーです。

企業によってはお見送りまでしっかりしなければいけないと教育しているところもあります。

ビルの中の企業ならエレベーターまでは必ず見送ってあげるのが基本です。

失礼しますと声をかけてお辞儀をしてお客様が見えなくなるまでお見送りをするのがビジネスマナーです。

このように就職してからというのは来客応対も心得て置くことが大切で、それも社会人としての大切なビジネスマナーの一つだと思います。

なかなかすぐには身に付かないかもしれませんが自分が他の企業を訪問したときにどうだったか思い出しながらイメージしておくとスムーズに応対できるのではないでしょうか。

就職して間もない頃は多少の手順違いはあるかもしれませんが慣れるまでは頑張ってマスターするように心がけましょう。

就職と席次のマナー


就職してからというのはいろいろなビジネスマナーを身につけなければいけませんが就職してから身につけるビジネスマナーの一つに、席次があります。

ビジネスマナーの席次というのは、部屋によっても違いますし、乗り物によっても変わってきます。

目上の人が座る順番や場所があらかじめ決められているのがビジネスマナーです。

就職したての人はなかなか覚えるのに時間がかかるかもしれませんが営業や接待などの仕事が入ってきたら知らなかったではすみませんから、就職する前からこのマナーは覚えておいた方がいいでしょう。

ではまず、会議室やレストランでの席次ですが、基本としては入口の近くが下座になりますから就職したての人は入口付近に座ることになりますね。

逆に入口から遠い席は上座ということになります。

接待をするときには、接待される人側が上座になります。

レストランのときには、トイレに近い席が一番身分が低い人の席ということになりますから就職したての人は、トイレや入口を確認して自分の席に着くようにしましょう。

そして和室の場合には、床の間があります。

床の間を背中にした席というのが一番目上の人が座る場所です。

もしも和室で床の間がなかったら入口から一番遠い席に目上の人が座って就職したばかりの人は入り口の近くに座りましょう。

応接スペースなどが置いてある取引先に就職してからいくということもあると思います。

その場合には、デスクを背中にした席が相手の会社の席で、長椅子は訪問者用ということが一般的です。

営業などで応接スペースに座る際にも席次には注意しましょう。

そして就職するとタクシーに上司や目上の人と乗る機会も多いかもしれません。

運転席の真後ろは一番目上の人になります。

そして助手席が一番下の人の席ということになります。

タクシーに乗るときも必ず席次を考えて座りましょう。

自分の車に目上の人を乗せる場合には、どこが上座になるのかというと、助手席です。

そして新幹線や飛行機の場合には、通路から一番離れている席が上座になって就職したての人などは、通路沿いに座ることになりますから注意しましょう。

就職前でも就職活動中にエレベーターで会社の人と乗り合わせた場合も、実は立ち位置は決まっていて、ボタン操作をする人は、下座にあたって、奥が上座ということになっていますから上司や目上の人が来た場合には奥を譲ってボタン操作は自分がするようにするのがビジネスマナーです。




非常識な転職・就職の極意