アナウンサー就職希望者


アナウンサーに就職したいと思っている人も多いのではないでしょうか。

芸能界の中でもひときわ華やかなイメージがあるアナウンサーの就職の倍率は何千倍とも言われていますからかなり就職活動は厳しいといわれています。

ではアナウンサーの就職活動について紹介していきましょう。

まずアナウンサーになりたいと思っている人はマスコミ系の仕事に就きたいと思っている人が多いようです。

アナウンサーとして就職先を選んだ人はやりがいのある仕事だから選んだという人が多いですね。

就職活動中には、アナウンサーへ就職するための講座を受講したり、フリートークの練習や自己PRの練習、模擬面接などに力を入れて練習する必要があります。

面接などでは、テーマを急に与えられてそれについて解説や実況をするということもあるようです。

また就職テストには、世界遺産のビデオを見ながら解説するというテストを行っているところもあるようですからアナウンサーとして就職するためにはある程度の応用力やアドリブ力が必要になるということがわかるのではないでしょうか。

アナウンサーに就職したい場合の第一関門は書類選考でしょう。

しかも書類の中身というよりも写真がポイントになっています。

有名な写真館などできちんと写真を撮ってもらうといいかもしれません。

また自分の写りのいい顔やスーツで自分に合っているものをあらかじめ把握するということも大切なことではないでしょうか。

アナウンサーとして就職する際の試験は筆記試験と面接になりますが面接は先ほど言っていたようにアドリブ力がかなり必要です。

また、英語ももちろん話せた方がいいかもしれませんね。

アナウンサーの就職選考ではカメラテストもあるようです。

緊張せずにアナウンサーとしてこれから活躍できるのかということもチェックされているようです。

アナウンサーとして就職するのに向いている人は、どんな人なのかというと、何かに頑張ってきた人や初対面でも初めての場所でも自分のペースを持っている人、個性的で華がある人が向いて言うようですね。

そして美人がアナウンサーの就職の上限だと思っている人もいるかもしれませんが顔はあまりなくてやはりオーラ、華といった部分を重視されるようです。

アナウンサーに就職したいと思っている人は就職活動の一環としてアナウンス講座などを受講して勉強をした方がいいかもしれませんね。

アナウンサーの倍率はかなり高いのでストレートで何もせずに合格というのはまずあり得ないようです。

就職先の事務・管理系


就職先にはいろいろなジャンルがありますが事務・管理系の就職先を紹介したいと思います。

就職先の事務・管理系の仕事というのは主に、会社の業務をスムーズに進めるために色々と業務を請け負っている部署です。

業務の内容によっては専門的な知識などが必要なこともあります。

就職先を選ぶ際に事務・管理系の仕事に就きたいと思っている人も多いと思いますが、一言で事務・管理系といっても、いろいろな種類に分かれています。

まず一つ目は就職先が総務・人事・労務関係というところもあります。

ここではどのような仕事をするのかというと、会社の中のほとんどの仕事を支えているのがこの部署です。

どんなスキルを持っているといいのかというと、パソコンのスキルはもちろんのことモラルやリーダーシップのスキルも必要です。

人事や労務の仕事に就職する際に有利な資格としては社会保険労務士の資格があります。

そして就職先に経理・財務・会計の分野を選んだ場合には、こちらは、どんなスキルが必要になってくるのかというと、たとえばパソコンの表計算ソフトのスキルがあれば便利です。

検定試験などでは簿記検定や税理士の資格を持っていれば有利だと思います。

国際的な会計についても知識を持っていると仕事がしやすいとも言われています。

他にも、就職先で事務・管理系の仕事を選ぶ場合には法務・特許・審査といったジャンルや、物流・在庫管理といった仕事、貿易事務や海外事務、そして一般の事務や秘書、受付といったジャンルの仕事もあります。

就職先を選ぶ時に事務・管理系の仕事に向いている人というのは、自分でこつこつ仕事を片付けていくタイプの地道に物事に取り組める人、ひとのために仕事をすることが苦にならない人などが向いているのではないでしょうか。

女性の場合には、事務・管理系の仕事を就職先に選ぶという人は多いようです。

男性でも最近では社会労務士の資格を取ったり税理士の資格をとってから就職先で活躍するという人も多いようですから事務・管理系の仕事と資格やスキルというのは必要不可欠、切っても切れない関係にあると思われますね。

就職活動をしているときに自分にはどんな仕事があっているのか考える時に、会社の縁の下の力持ちとなって業務をこなしていきたいと思った人は、事務・管理系の仕事を考えてみてもいいのではないでしょうか。

幅広い業務がありますからきっと自分に向いている仕事が見つかるかもしれませんね。

就職活動のいろいろなマナー


就職活動中のマナーについてはいろいろと今までにも触れてきたと思いますが、基本的なマナーについて紹介したいと思います。

たとえば、就職活動中で冬にコートやマフラーをつけていた時の脱ぐタイミングなども知りたいのではないでしょうか。

セミナーや会社訪問などでビルに入っている会社に行った場合には、ビルの外からコートやマフラーは取るのかそれともフロアについてからでいいのかということは迷っている人も多いと思います。

まず就職活動はスーツが基本でコートを着ていたりレインコートやマフラーを着ている場合でも、きちんとしたスーツになってからビルにはいるようにするのがマナーです。

意外とビルのフロアで脱いでコートを手に持っている人は多いようですがビルにはいる前からきちんとした格好で行った方がいいですね。

また逆に、夏場で暑くてもスーツの上着を着なければいけないのかと思っている人もいると思います。

上着はなくてはいけないということはありませんが出来れば着て行った方がいいですね。

社会人になったら暑くてもビジネスマンはみんなスーツの上着を着用して営業などもしていると思います。

就職活動で使っている鞄がブランドのものであった場合には印象が悪いのかどうかという問題もよく悩むそうですが、あまりにもロゴマークなどが目立っているようなブランドでいやらしくなっているのでしたら面接に通りたければ避けた方がいいかもしれませんね。


身だしなみの面では人事の担当者が就職活動をしている人のどこを見ているのかというとシャツはパリッとアイロンがかけられているのかどうか、靴下はちゃんとスーツにあっているものを履いているのか、ズボンの折り目はきっちりとついているのか、靴は綺麗かどうかなどをチェックしています。

ですから就職活動をしていく際には、身だしなみの面ではこれらのことを気をつけつつ活動を続けた方がいいですね。

直接就職の合否に身だしなみがかかわることもあります。

身だしなみを見れば、その人の人柄や性格がわかってしまいますから、どんなに勉強をしていてもスキルを持っていても身だしなみがちゃんとしていなければそれだけで判断されてしまいますからそれでは残念すぎますよね。

ですから、身だしなみについてもしっかりとしておく必要があります。

このようにビジネスマンの卵として就職活動をしていく上でのいろいろなマナーがありますから注意した方がいいのではないでしょうか。




非常識な転職・就職の極意