【就職について考える】 の記事一覧


就職フェアの利点


たった1日で複数の会社の説明を受けられることが、就職フェアのメリットです。

複数社の人事担当者と直に話しができるチャンスは、就職フェアくらいといえます。

遠慮せず、面白そうな会社があったらどんどん行ってみましょう。

多くの企業が参加しているので、どこか目にとまるところがあるでしょう。

話を聞いている内に興味が湧いてくる場合もありますので、せっかく就職フェアに行くのなら時間を有効に使いましょう。

時間に余裕があるのならば、全然魅力を感じない企業の説明も受けてみることも大切なポイントです。

ひょっとしたら、本命のつもりで足を向けた会社の1つ隣に、今まで気づかなかった希望通りの会社がブースを出しているかもしれません。

全然知らない分野の説明を聞ける機会は就職活動の時くらいですし、将来にわたってメリットになるかもしれません。

その時点で就職を希望する業種が固定されていない場合は、少しでも関心がありそうなジャンルの会社にはどんどん顔を出し、広範囲に話を聞くのも今後の就職活動にいいかもしれません。

集まっている会社を見比べることができることも、就職フェアでの強みです。

就職フェアの特徴は、実際に企業で働いている人と、直接会って話すことが出来る事で、これは求職者にとって大きなメリットになります。

採用担当者は会社の顔だと言われます。

採用担当者の態度や顔付きから、会社の内情が見え隠れすることだって十分あるのです。

いい加減な噂や他人の評価に振り回されるよりも、自分自身の目で企業そのものを見極める事ができるのも就職フェアの利点なのです。

就職フェアと履歴書


職務経験書や履歴書を用意していなくても、就職フェアには問題なく参加可能です。

しかし自分が足を運ぶ予定の就職フェアに、初めからお目当ての会社が来ると判っている場合は、履歴書や職務経歴書を準備した方がより好印象を与えられます。

志望する企業に熱意を伝えることで、人事の担当者に強い自己アピールが出来るからです。

就職フェアに参加する際に履歴書を持って行くことは、希望する会社が出ていない時でも使うことがあります。

採用を希望する業種があるならば、そういったアピールを履歴書に書いた上で会社側に提出することができるからです。

はっきりした志望動機を書き込んだ履歴書には、人事担当者を納得させるパワーがあります。

履歴書や面接での言動によって、会社で戦力として役に立つ存在だということを担当者にアピールすることが就職を進める上では大事なのです。

優秀であるに超したことはありませんが、やる気を見せることはとても重要です。

企業側も優れた人材を探しに来ています。

そのため、就職フェアで有望な求職者を求めている企業側からしてみても、その会社に入りたいという意志を持つ人は願ってもない存在なのです。

また、事前資料では不参加となっていたお目当ての企業が、行ってみたら参加していたということもあります。

目の前にチャンスが転がっていた時に掴めるよう、就職フェアには履歴書などを持って行くといいでしょう。

就職フェアについて


就職活動時に利用する就職フェアは、求人企業が合同で開催する会社説明会です。

就職フェアには、毎回多くの企業が優れた人材を求めてブース参加をします。

採用担当の人が各ブースでは待っており、詳しい求人内容や会社の内容について説明してくれます。

様々な企業が就職フェアの会場に出向き、また来場者も新卒者から転職希望者まで交じり合っているので、きっと良い刺激となることでしょう。

希望に合う就職先を探している人は、関心を持った会社の人事担当者とその場で直接話しながら自分を売り込むことができます。

インターネットや転職雑誌をチェックすれば、就職フェアの詳しい情報がわかるでしょう。

特に開催日に法則性はなく、様々な場所で様々なところが開催しています。

就職フェアに行ったことで、自分のこれからの就職先を見つけることができることもあるでしょう。

無料で就職フェアには参加できますし、担当者と話す時に履歴書や職務経歴などの書類も必要とはしてません。

様々な業種の会社が就職フェアには参加するので、興味を持てそうなところをぐるりと回っているうちに、眠っていた自分の才能に気づくかもしれません。

失敗のできない就職活動の場として固く考えずに、新しい可能性を見いだすきっかけとして就職フェアに足を運ぶという考え方もいいのではないでしょうか。

就職フェアの強みは、短い時間で多くの採用情報を目にし、その会社の人と話ができることです。

ネット求人やハローワークでは知り得なかった会社とめぐり合える可能性も就職フェアにはあります。




非常識な転職・就職の極意