就職内定までの流れ


就職活動の流れについて紹介したいと思います。

就職活動をスムーズに進めるためにも流れを把握しておくということは大切なことではないでしょうか。

まず、2−3月頃に行われる就職セミナーに参加した人に、就職選考に進むのか確認されます。

もしも就職選考の意思がある人は必要書類を提出して就職の書類選考、筆記試験へと進みます。

だいたいエントリーシートの受付や筆記試験、面接といった流れは、企業のほとんどが4月頃に行っているのが多いですね。

この時期が一番の就職選考のピークだといえると思います。

就職内定をもらうまでには企業によっても違うと思いますが面接は3回以上5回以下位であります。

場合によっては、10回も面接があるところもあるといわれています。

この面接と面接の間の期間はそれほど長くありませんから就職希望先の企業からの電話やメール連絡は必ずチェックした方がいいでしょう。

そして就職内定は決まりによって10月1日以降に発表されることに決められていますから、この時点では内内定と呼ばれることが多いです。

10月1日の正式な内定を待つ時期ということになりますね。

これが就職活動の主な流れですが、この流れを見てもらうとわかるのですが4月にはすでに試験や面接を受けるわけです。

2月にはもう就職先を決める必要があるということになります。

ということは、就職活動を実際に動いている時期というのはその前の年の一年間ということになりますね。

年々就職活動の時期というのは早まりつつあるといわれていますが、4回生になったばかりの4月にはすでに就職先の採用試験や面接を受けるということになり5−6月には、早ければ内々定が決定してしまうことになります。

正式な内定は10月以降ですがもしも複数の企業から内定をもらったという場合には、この期間中に一つに絞って内定辞退の手続きなども行う必要がありますから意外と6月以降も忙しいという人もいるかもしれませんね。

4回生になってから就職活動をするのではなくて3回生から就職活動を始めて、4回生にはもう就職活動も終盤になっているということです。

最近の企業の就職事情では通年採用や秋採用を行っているところもありますからもしも春に内定がもらえなかった人でも、1年フリーターということではなくて通年採用や秋採用の企業の就職を目指してまた就職活動をすればいいのではないでしょうか。

通年採用や秋採用の就職情報などを掲載しているサイトもたくさんありますよ。

就職の筆記試験


就職先で採用の際には、面接や筆記試験が行われることがほとんどですが筆記試験といってもいろいろなものがあります。

たとえば筆記試験には基礎能力といって計算や国語の力を見る試験もありますし、一般常識や教養、時事問題や語学、そして専門的な試験や小論文などの試験があります。

学力の力を調べる筆記試験もあれば、その仕事にあっているのかという適正試験もあります。

筆記試験で代表的なものと英場SPI2という試験です。

こちらは総合適性検査と呼ばれる試験です。

この試験はたくさんの企業が専門の試験を作成する業者が作った適性検査を行っています。

リクルートマネジメントソリューションズという会社があるのですがここが作っている適性検査のことをSPI2と呼んでいます。

この適性検査は30年以上の歴史があり、ほとんどの企業で採用試験に利用されているそうです。

現在7400の企業がこのテストを使っているといわれています。

このSPI2の試験を利用する目的というのは、就職採用試験の学生の数を絞り込むことが目的なんだそうです。

残念ながら企業では一人一人を面接して就職採用試験を受けさせるということは難しいですよね。

そんなときに就職採用試験としてSPI2を利用すれば手軽に面接を受けられる学生を絞り込めるというわけです。

他にも就職採用試験の筆記試験はいろいろとその企業独自のものもあります。

就職活動中にやらなければいけないこととしては、就職採用試験の模擬試験を受けるとか問題集や参考書、過去問題を実際にといてみて試験対策をすることが大切なことです。

大学よっては、試験対策講座を開いてくれている就職課のセミナーもありますし、予備校のようなところで就職採用試験の講座を行っているところもあります。

それらを利用して就職採用試験に合格できるように対策をすることが大切です。

ほとんどの企業では就職採用面接にたどり着くまでにはまずは筆記試験に合格しなければ面接を受けることができませんから面接を受けて人柄を知ってもらったり自分をPRしたいと思っている人はまずは筆記試験に合格するために頑張らなければいけません。

SPI2対策講座を行っているところもありますし、参考書などもいろいろと販売されていますから購入するのもいいですし、就職情報サイトでは模擬試験を公開して実際にインターネット上からうけることができるサイトもありますから利用して試験対策にするといいのではないでしょうか。

勉強せずに試験に合格するというのは難しいでしょう。

webデザイン学校で身につくスキルについて


webデザイン学校で身につくスキルについて。

webデザイナーになるためにwebデザイン学校で学ぶべき事はパソコンを扱うための基本的なスキルの他に、パソコンを使ったサイトデザイン、グラフィックデザイン、web構築能力などのスキルです。

まず始めに基礎的なアプリケーション作成能力をこれらのスキルを効率よく学ぶためにwebデザイン学校で身につけます。

そして実際のサイト構築やグラィック作成を行うこともできます。

webデザイン学校では、ホームページ作成の知識はHTMLやCSSのような、ホームページを記述するためのプログラミング言語を学ぶことができます。

ホームページ作成ソフトを使用すればホームページ作成に関しては問題ありません。

しかし専門的なwebデザインの仕事をこなすに当たっては、HTMLなどの言語はマスターしておくべきものです。

webデザイン学校でも、画像の編集をするときには、フォトショップというアプリケーションがよく使われているそうです。

webデザインのプロを目指すなら必ずフォトショップを使いこなさなければならないでしょう。

クライアント企業や製作会社からのデータをやり取りする時もフォトショップの形式が使われることがほとんどです。

もしパソコンの基本的な操作ができなければいろいろと不便な点があるでしょう。

ですからwebデザイン学校のカリキュラムにエクセルやワードなどのオフィスソフトも組み込まれていることがほとんどです。




非常識な転職・就職の極意