転職には履歴書が大切


書類選考時から面接まで、転職活動中のあなたを表す書類として、転職の際の履歴書は欠かすことのできないものです。

そういうわけで、転職する際に転職活動を有利に進めるには、履歴書をしっかりとしたものにすれば良いということなのです。

詳しく転職の際の良い履歴書についてお話します。

あなどれないのは、履歴書1枚目の日付です。

これは提出日の日付にするのが良い書き方で、転職の面接に持って行く場合は面接当日の日付を書きます。

年号は西暦か平成などの元号で揃えて書くのが良いでしょう。

氏名は履歴書の中で一番最初に見る大切なポイントです。

氏名は、姓と名の間に空白を入れると、バランスが良く見やすくなります。

フリガナはカタカナでフリガナと書いてある場合にはカタカナで、ひらがなでふりがなと書いてある場合にはひらがなで記入しましょう。

そして履歴書に貼り付ける写真のサイズは2.4×3cmか3×4cmが一般的でしょう。

正面から撮影された上半身の写っている写真を使用し、撮影後3ヶ月以内のものにします。

これをしっかり糊付けしておきます。

また住所を書くときは、都道府県からきちんと記入して、郵便番号も忘れないことが大切です。

電話番号は自宅だけではなく緊急用として、携帯番号も記載するのがおすすめです。

学歴と職歴はいちばん履歴書を見るときに注目される部分です。

高校迄は卒業年のみの記載で、大学からは入学した年も記載するのが学歴欄の書き方の常識です。

しっかりと学部や学歴等も記載し、また職歴は全ての会社の入社と退社についてきちんと記入しましょう。

就職活動のスケジュール


就職活動のスケジュールについて紹介したいと思います。

就職活動のスケジュールを把握する場合には、内定を獲得するまでの道のりを逆算して就職活動に取り組むといいといわれています。

たとえば就職活動のスケジュールというのは、経済環境によっても変化するといわれていますから内定がもらえるまで頑張ることが大切です。

まず就職活動を行い始めから9月頃までは自己分析をして自分がどんな就職先を希望するのかをあらかじめ考えておく必要があります。

そして10月から11月頃には、就職活動のスタートとしてエントリーをします。

メールを使って連絡先を企業に教えることで就職活動の接触が始まります。

そして12月から1月では、就職活動のセミナーやイベントなどが活発に開催されると思いますからそれらには積極的に参加するようにして就職活動に有利な情報収集をしていきます。

それと同時に、人事担当者とも何度が会ってしゅう食活動に有利な環境を作るというのも大切なことになります。

そして就職活動のスケジュールとして2月から3月は、説明会が頻繁に行われていると思いますから就職説明会に参加して積極的に話を聞いていきましょう。

この時期頃から、大手の企業などでは内ない定も決まりつつあると思います。

そして就職活動のスケジュールとして一番の山場は4月ではないでしょうか。

4月にはいれば就職面接の選考が行われたりほとんど毎日のように面接を受けることが多いと思われます。

そして一番のゴールになる内定は5月のゴールデンウィーク前に出るのが今の就職活動のスケジュールになっています。

この就職活動のスケジュールはスムーズに進んだ場合のスケジュールですから、場合によってはもっと時間がかかる場合もあると思います。

そして就職活動をスムーズに進めるためには、やはり情報交換をしたり、企業から発信される情報に敏感になっておくということが大切なのではないでしょうか。

なかなか就職活動のスケジュールというのはうまく進まないものですが少しでも就職活動のスケジュールがうまく進むためにも情報のアンテナは常に広範囲に広げておいた方がいいでしょう。

就職活動のスケジュールをスムーズにさせることには他にも、就職応援サイトなどへ会員登録してサポートを受けるという方法もあると思います。

サポートを受けることによって就職活動が円滑にスムーズに進みスケジュールも早まるのではないかといわれていますね。

就職とインターンシップ


就職とインターンシップについて紹介したいと思います。

インターンシップをしておくと就職に有利だという話を聞いたことがありますか?

これを聞くとインターンシップに参加した方が就職しやすいと思う人も多いと思います。

インターンシップに行く理由が就職に有利だからという人も多いかもしれませんね。

しかしインターンシップというのは就職に有利だから参加するという目的で行われているものではありません。

インターンシップの目的というのは、本当は社会に出る以前に、自分が興味をもてる仕事が何か見つけるために、職場へ実際に行って仕事をやってみることが目的です。

経験をすれば自分がイメージしている就職先との違いがわかると思います。

実際に就職してからイメージしているのと全然違っていたと思うよりも就職する前に気がついた方が本人にとっても就職先にとってもメリットがあると思いますい。

就職してから思ったとおりだったと思うのは本人だけでなく企業にとってもいいことですよね。

やはり就職したのにすぐに止められたのでは企業にとってはダメージになるからです。

イメージが違ったからといって就職してもすぐに辞めていく人がいなくなるようにと、採用面接のときに、就職先の企業はいろいろと質問などをするのですが、その時にインターンシップに参加して就職先の現場を実際の目で見て体験した人なら入社したいと思っていても後でイメージが違ったということにならないために企業としても安心して就職採用をすることができます。

面接のときちんと自分の意思が伝えられるようにするためにも、インターンシップに参加してやりがいや大変さなどを先にしるということは大切なことです。

ですからインターンシップが就職に有利であるという目的として参加するのではなくて、仕事を先に把握して就職してから困らないようにするということから、インターンシップに参加するということをわかっておいた方がいいと思います。

自分が実際に就職してからここで働いているのだという気持ちで真剣にインターンシップに取り組むことでより就職に役立てて就職に失敗するということがなくなると思います。

インターンシップに参加するための目的をしっかりともって就職を成功させるために頑張りたいですね。

インターンシップに参加する目的をしっかりと持っていなければインターンシップにせっかく参加しても就職につながるものにはならずに意味のないものになってしまいます。




非常識な転職・就職の極意