高卒の就職活動について


高校を卒業してから就職をしようとした場合、具体的にどんなふうに進めれば良いのでしょうか。

第一にすることは、周囲の人に相談することです。

高卒就職を決めた場合は、能力が発揮出来る職種や企業であるかどうか、自分の適性の有無、自分が何がしたいのかということをしっかりと考えなければなりません。

家族、先生、先輩等に相談してみる事も大切です。

高校の進路指導室を有効に利用しすることもおすすめです。

先輩の入社した企業の一覧表や受験報告書、企業見学報告書、就職のしおり等の資料が保管されているはずです。

企業が高卒の求人募集をしている場合は、積極的に調べる様にしましょう。

希望する企業の取扱商品、販売成績、従業員数、支店数、将来の見通し等については、企業に関する参考資料、もしくはインターネットでも確認出来るでしょう。

なかでも、注意して見るべきなのは、高卒の場合の勤務時間、仕事内容、給与、通勤時間、社会保険、福利厚生等の求人条件です。

興味のある企業に就職された知り合いがいるなら実際に会ってみて話を聞いたり相談しても良いでしょう。

就職活動中はいろいろと気になる企業が見つかりますが、企業の名前や事業規模、給与だけに固執してはいけません。

初めて高校を卒業して就職する企業ですから、自分が納得出来る所に就職できるように十分に考えてがんばりましょう。

就職試験の注意点


就職試験はどのようなことに気をつけて受験するべきでしょうか。

まずは就職試験のための問題集を買う時の注意点です。

就職の筆記試験は出題傾向が毎年、微妙に変わっています。

古い就職試験本を、先輩から譲り受けたりして使っている人もいますが、できるだけ新しい就職試験本を使うほうが良い結果を出せるでしょう。

出版社によっては、表紙カバーだけを最新の物に変えて、中身は古いままといった就職試験の対策本もあるようなので、購入する前には必ず、発行日の新しい本を選びましょう。

最も就職試験の中で重要とされるのは、もちろん面接試験ではないでしょうか。

ありのままの自分を出すことも必要ですが、面接や性格適性検査では自分に厳しい判断をしたり、あまり正直に答えるとマイナス評価につながることがありますので、理想の自分というものをを描いて受験すると良いかもしれません。

企業がエントリー時の絞込み対策としても性格適性検査は実施しているので、慣れておくことが重要です。

Web版の性格適性検査を自宅で受験する場合には、パソコンの環境を整備しておくことも重要です。

設定方法の説明等が、テスト前にはあるので落ち着いて支度しておきましょう。

就職試験を実際に企業に訪問して受ける場合には、筆記用具、計算用紙、電卓や時計等を準備してしっかりと集中して頑張りましょう。

就職試験の会場の規模が大きい場合には、受験者全てが同じ問題というわけではありませんので、自分のペースで回りの動きに惑わされず試験を受けるというのが重要ではないでしょうか。

就職試験の傾向と対策


どんなものが就職試験にはあるのかご存知でしょうか。

ほとんどの場合、新卒の方の就職試験には筆記試験がつき物です。

知識を試すための一般常識や時事問題、語学といった学力や就職試験以外にも、基礎的な国語や算数の能力や性格適性を調べる検査もよくおこなわれています。

ほとんどは新卒採用の就職試験で実施される筆記試験といっても、大学受験の様に難しいレベルではないでしょう。

とはいっても、この就職試験で苦戦する人が毎年多いのは、計算問題等がある為で、問題数が多いのに制限時間が短いのと、解き方をすっかり忘れてしまっていることが多々あるからです。

日頃から就職試験対策のための問題集で、漢字や熟語、語句の意味等を勉強しておけば、言語問題に関しては問題ありません。

就職試験が近づいても慌てなくてすみます。

文章整序や長文問題も必ず出題されるので、文章を早く読む、要旨をすぐにとらえるといった練習も欠かせません。

解く速さが何よりも求められる非言語問題の訓練は、とくに算数が苦手な人はまず簡単な問題を中心に何度も何度も問題を解いてみることです。

必ず出題されるのが単純な計算問題ですので、反射的に回答出来る様になるくらい勉強しておきましょう。

事前に各種情報サイトで、性格適性検査の対策として適性・適職診断を受けておくのがおすすめです。

自分の極端な部分や足りない所を知ることで、全体のバランスの良さが見られるこの性格適性での就職試験の対策にはなるでしょう。




非常識な転職・就職の極意