在宅の仕事の注意点


毎年在宅の仕事が増えてきているようですが、気をつけなければならないこともあります。

在宅の仕事に関連した言葉にSOHOがありますが、これらを総称するのがテレワークという言葉です。

国民生活センターのサイトには、在宅の仕事に関する相談事例が掲載されています。

在宅の仕事を始めようと考えている人には大変参考になります。

個人では営業ノウハウが無いので、その代わりに企業と在宅ワーカーの橋渡しになってくれる在宅の仕事向けの紹介会社があり、それを利用する人も増加しています。

注意しなくてはいけないのが、在宅の仕事を紹介してくれる会社を利用する場合に、はじめに高額な費用が必要だということがあるときです。

パソコン機器を何十万円も支払わせて購入させた挙句、最初の説明とは異なるようなこともあります。

現実には在宅の仕事の紹介をまったくしないという場合もあるので気をつけなければなりません。

在宅の仕事を安心して行う事が出来る様に、厚生労働省ではトラブルを未然に防止できるように行っているものがあります。

在宅ワークの適正な実施の為のガイドラインが、在宅の仕事の契約を締結するときに守るべき最低限のルールとして策定されているのです。

在宅ワークの契約様式の参考例も在宅の仕事の契約条件の明示及びその適正化の為にあるので、ガイドラインは事前に確認することをおすすめします。

在宅ワーカー側から発注事業所へ契約書の交付を求めるのも最低限必要なことなのです。

子育てと仕事を両立させる環境


子育てと仕事を両立させる環境は女性にとって大変重要な問題である。

重要な会議がある時や、どうしても仕事から手を離せない時に子供が熱を出したらどうするべきかなど、日々起こるかもしれなし緊急時の対策だけではなく、常に母親と一緒に過ごすのと同じような環境を準備し、子供を育てていかなければならない。

仕事をしながら子育てする母親は、直接的はもちろんのこと、間接的に愛情を注ぐことがもっともっと多いだろう。

子供を預けることのできる家族や信頼のおける託児所や保育所を確保できれば安心感は増す。

けれどたくさん家族のように我が子のことを見守る人や場所があるということは心強いといえる。

こういったネットワークを少しずつ広げていくことは、夫婦共働きであっても、シングルマザーの子育てであっても、子育てと仕事を両立していくという意味で大切なポイントだろう。

これらのネットワークは、しっかりと子育ての方針を固めていきながら、積極的に母親が作りあげていきたいものだ。

仕事では職場での人間関係があり、子育てでは子供を中心とした人間関係があり、ワーキングマザーにとって精神的な疲労を与える大きな原因となる。

母親のなかには、子育てを通じて世界が広がったと言う人も少なくないだろう。

家庭ないしは仕事中心の毎日だったのが子供中心となり、目新しい出会いを通して自分自身も成長していく。

苦手意識のあった他人との会話や休日の遠出も、いつの間にか楽しみに変わっていったりもする。

少しずつ地域の情報や支援にもアンテナを張りながら、まずは身近なところからコミュニケーションを図り、子育てと仕事の両立に努力していきたいものだ。

仕事と子育ての両立に向けて


まずは産後の自分自身の体調を、仕事と子育ての両立のために仕事復帰に向けしっかりとケアしていかなければならないであろう。

身体の様々な部分がもとに元に戻ろうとする時期である産後は、ずっと子育てをしていく母親にとってとても重要な時期ではないだろうか。

出産した後、最低3週間は赤ちゃんと一緒に寝て過ごす生活を選んだ方が、育児休暇を取らずに仕事に復帰をするなら尚のこと産後の身体回復をよりスムーズにするであろう。

出産後は、出産までに蓄積された心身の疲労が完全に抜けきらない時期でもある。

子育てに対する責任感や母性が、疲労感も寝不足をも忘れさせてくれるかもしれない。

ところが体のホルモンバランスはまだまだ不安定であり、抵抗力も落ちているといえる。

母乳育児をしようと搾乳器を使い始め、必死になるあまり仕事復帰後も乳腺炎を引き起こすということがある。

無難なのは、妊娠中から出産後のトラブルについての情報収集をしておき、対策をとっておくことであろう。

また、トラブルに見舞われた場合には、決して一人で抱え込まず、すぐに専門家の指導を仰いだ方が仕事復帰への影響を最小限にとどめることができる。

まずはこうして、子育てに対する不安もさることながら、きちんと自分自身の健康管理をすることであろう。

子育てをする母としてだけではなく、女性として社会で仕事をする姿は、他の多くの女性にとっても魅力的である。

子育てそのものに従事する時間がそれほど多くなくても、仕事をする姿もまた格別の子育てであろう。

子供はその母親の姿をみて育っていくからである。




非常識な転職・就職の極意