在宅ワークとアンケート


在宅ワークといっても色々な種類があるわけですが、そのひとつに在宅ワークのアンケートがあります。

在宅ワークのアンケートというのは簡単にいえばどんな仕事なのかというと、アンケートに答えるというものです。

最近は市場調査やモニター調査、アンケート調査をインターネット上で登録している全国の多くのアンケートモニターに依頼している会社が多いのです。

しかも会社が個々にアンケートを依頼するのではなくて、アンケートをまとめる、依頼する、受けるといった会社がいくつもあります。

在宅ワークのアンケートの仕組みとしては、まず大手企業や会社などが製品開発や市場調査のために、アンケート会社にアンケートの依頼をします。

そして依頼されたアンケート会社は在宅ワークでアンケートを受けてくれる人にアンケートやモニターを依頼するという流れになっています。

不特定多数の人に一度にインターネットを使えばアンケートが収集できるというメリットもあり、労力や人件費を極力抑えるという面から、今はアンケート会社にアンケートを依頼している会社や企業が多いようです。

ですから在宅ワークとしてアンケートに答える仕事も需要があります。

在宅ワークでアンケートに答える仕事を始めるにあたっては、まずはアンケート会社への登録が必要です。

そして自分の家族構成や趣味などいろいろなことが聞かれると思いますが、これはアンケートを受けてもらう際の対象を選ぶときに必要な情報になっています。

在宅ワークとしてアンケート会員になるためには登録を必ずしなければいけません。

あとは仕事の依頼はほとんどがメールによる依頼になり、報酬は1つのアンケートごとに違っています。

アンケート会社の在宅ワークというのは色々とありますから一つのアンケート会社に絞らずに、複数のアンケート会社に登録をしておけば、たくさんそれだけアンケートを受けることができて在宅ワークのアンケートの報酬がたくさんもらえることになります。

在宅ワークのアンケートの報酬は1つのアンケートにつき10円から100円、高い場合には150円、モニターとして何かを使ってみるという場合は1000円、そして座談会などへ出席するという場合には、5000円から10000円2−4時間でもらえるという場合もあります。

在宅ワークのアンケートの仕事は安定した収入としては難しいかも知れませんが、お小遣い程度に在宅ワークを始めたい人にとってはぴったりな仕事です。

投稿者 藤井 リナ

在宅ワークのプロ意識


在宅ワークのプロ意識が問われる場面というのはやはり納期ですね。

納期については在宅ワークをするうえではシビアな問題になってくると思います。

在宅ワークをしている人は納期を守って期限内に納品するということが基本になってきます。

在宅ワークの中には納期もないし、納品しないというタイプのものもあるかも知れませんが、一般的に在宅ワークといって仕事の受注があるという仕事の場合には納期もあると思いますから、必ず納期を守って仕事をしなければいけません。

また在宅ワークは自分一人で行っている仕事ですから代わりがいません。

体調が悪くなっても、寝込んでしまっても、自分の代わりになってくれる人はいませんから、在宅ワークをしている人はプロとして自分の体調管理やスケジュール管理についてもきちんと管理ができる人でなければ継続して仕事を続けるということは難しいと思います。

どんな仕事にもプロ意識は必要ですが、在宅ワークは自分一人で何もかもやらなければいけませんから、特にプロ意識をしっかりと持って在宅ワークを始めなければ、クライアントとの信頼関係も崩れてしまいます。

投稿者 中村江里子

在宅ワークと仕事量


在宅ワークの種類によってはパソコンを使った仕事などもありますからその場合に、パソコンが家にないのであればパソコンを買わないといけません。

それを買うために個人的に費用がかかるということは特に問題ありませんが、在宅ワークをあっせんしてくれる会社に費用を支払うようなことのないように注意しましょう。

在宅ワーク初心者は一つの会社にこだわってしまう傾向にありますが在宅ワークは必ずしもコンスタントにもらえるというわけではありません。

在宅ワーク初心者の間にいろいろなところに在籍しておくと在宅ワークを色々とまわしてもらえますから収入が安定するかもしれません。

しかし在宅ワークで安定した収入が欲しいからといってあちこち登録してしまって仕事がたくさん来て首が回らないということになっては、在宅ワークをやっている意味がありません。

在宅ワーク初心者の場合には自分がどれくらいの量をこなせるのか、限度を知ることも大切ですし、最初から限度ぎりぎりまで仕事を入れることのないように注意しましょう。





非常識な転職・就職の極意