福祉の仕事について


何かと話題の福祉事業ですが、福祉関係の仕事には何があるでしょう。

福祉の仕事は多種多様に及んでいるのが特徴で、まず初めに、福祉の仕事にはどんな種類のものがあるのか、いくつか見てみたいと思います。

福祉関係の職の典型的なものが、介護福祉士及び社会福祉士です。

介護職、福祉職の定番という印象のある、ある意味典型的な職業かもしれません。

主に日々生活のアドバイスや効率のいい行政サービスの紹介を行ったりする仕事で、専門知識を駆使して障害を持つ方や周囲の助力が必要な方をサポートします。

たいていの場合は、市の児童相談端や生活相談員といった仕事に日々取り組んでいるようです。

福祉の中でも介護の重要性は今後ともクローズアップされていくでしょう。

介護福祉士はそんな介護現場の第一線で、寝たきりや認知症の高齢者への介護を助ける仕事です。

身の回りの世話や日常生活の援助だけでなく、介護福祉士は要介護者とその家族が必要としているひとを広く助けるような立場にいます。

福祉の仕事としては、精神保健福祉士という仕事もあります。

福祉サービスを必要としている障害者やお年寄りだけでなく、家族や周りの環境を含めたサポートや知識訪問も行います。

知的障害者相談員は仕事として専従するのではなく、ボランティア活動の一環として携わっている人が多い分野です。

今のところ、日本国内には45万人以上の知的障害者や知的障害児がいるといわれています。

本人への指導や援助だけでなく保護者の相談にも応じる仕事をしています。

投稿者 ポオンカレ

福祉の仕事に就くには


専門知識が欠かせないため、福祉関係の仕事にはそれぞれの資格が必要です。

困難な勉強をしなければならないものもあります。

例えば、国家試験を突破しなければ社会福祉士にはなれません。

社会福祉士の資格を得るには、社会福祉一般養成施設を卒業後社会福祉士の試験を通過するか、福祉系大学で単位取得をする必要があります。

国家試験が必要な資格には精神保健福祉士もあり、こちらは毎年1回の試験があります。

精神保健福祉士の受験資格は保険福祉系の大学を卒業するか、一般大学を卒業後に精神保健福祉士養成施設を卒業する必要があります。

精神保健福祉士養成施設には、指定施設での仕事経験を積むことでも入ることができます。

通信制などを設けている福祉系学校もあり、福祉関連の仕事をしながら勉強をして資格を取得する人も多いようです。

都道府県知事や政令指定都市市長によって仕事を委託されるという形を取るのが知的障害者相談員です。

多くの場合は、福祉事務所長によって推薦を受けて決まります。

福祉施設に就職するという形ではなく、自分の住まいを軸に地域に密着した活動をしています。

今までも福祉活動の経験があり、地域の知的障害者のバックアップを期待されている人が知的障害者相談員であり、知的障害者の保護者などがなることが多いようです。

福祉の仕事について知りたいという時は、ネットの福祉関係のサイトを参照するといいでしょう。

福祉に関する仕事や資格について書かれた本もあるので、図書館や本屋で調べるという手段もあります。

投稿者 投稿者 大橋 未歩

求人情報を利用した就職活動


就職活動を成功させるために、心がけるべきことは何でしょう。

特に初めての就職活動や転職活動で悩んでいる方なら、まずは求人情報を絞るところから始めましょう。

求人情報を絞るためには、自分の重視する項目をメモに書き出して整理する必要があります。

月々の収入を最優先するのであれば、休日や待遇は少しは我慢しなければならないかもしれません。

適正を活かした特定の仕事を希望したり、今後のスキルアップを目指すなら、収入に拘泥していてはいい仕事は遠ざかります。

就職活動とは仕事に就ければ何でもいいということではなく、納得のいく就職先を見つけることを意識して求人情報に目を通しましょう。

どんな職種の仕事が自分に何が向いているのか判らない場合には、やりたいこと、やりたくないことを書き出して整理してみましょう。

一見して就職活動と関係がなさそうなことでも、思いつくままに書き出してみると見えてくるものもあります。

自己分析は、自分がどんな仕事に就いたら良いのか、自分に適した就職先をたくさんある求人情報の中から選び出すヒントになるはずです。

就職活動をはじめると、求人情報の整理作業が重要となります。

ただし、求人情報はあればあるだけいいというものではないので、気をつけてください。

納得のいく就職先を見つけるには、使いやすそうな求人サイトや希望に沿いそうな求人雑誌を探すところから始めましょう。

投稿者 投稿者 川村 りか




非常識な転職・就職の極意