就職試験の面接での自己PR


就職試験で行われる面接の内容は、どこの企業もおおよそ同じだと考えてよいかもしれません。

就職試験で行われる面接の内容として、自己PRがあります。

希望の職種を目指すには、面接でいかに自己PRができるかがポイントです。

自己PRをするためには、自分についてよく知ることです。

今までの自分を自分史にまとめることなどが、自己分析になります。

自分史を作るには、昔から興味関心を傾けていたことをまとめてみてもいいでしょう。

物心ついた時からの年表を作り、その時々に打ち込んでいたことや考えていたビジョンなどを箇条書きに書いていくと、興味深いものが見えてきそうです。

どんな将来像を抱いていたのか、何を求めていたか、楽しんでいたことは何かなどを書き出すことが、今の自分を知ることに繋がります。

客観的な視点で昔の自分を見直すことによって、自覚していなかった自分の好みや将来への価値観などを認識することができることもあるでしょう。

就職活動に際して、この会社に入りたいと思うようになってのはどうしてか、自分を知ることによってオリジナルの志望動機を発見することができるかもしれません。

企業側は、教科書通りの面接の答えは望んでいません。就職先を決めるためには、独自性のある自己PRで面接を通して自分自身を相手に売り込むことです。

投稿者磯山さやか

就職時の面接試験について


どのような職種に就くにしても就職活動の中で面接試験は避けては通れないものです。

会社の規模や仕事の内容などによって、就職活動でどのような試験を受けるかは異なります。

保育士、美容師、医師、教師、弁護士、など、特定の業務に専従する場合は、高度な専門知識や技能を求められます。

弁護士試験や医師免許試験などは、それぞれの試験を通過しない限りその職には就けないのです。

採用試験と資格試験は違うものですが、就職活動の前提として考えておきたいものでしょう。

資格試験は専門知識を問うための共通の試験ですが、各企業が個別に行っている採用試験では、何を求められるかはそれぞれ違います。

とはいえいずれの場合でも、採用に際しては面接を行い、応募者と企業側が直接言葉を交わす機会が確保されるようです。

面接は就職採用試験だけに限定した手段ではなく、中学や高校の受験やその他の試験においても面接を含む試験は珍しくありません。

たいていの場合、学校の入試面接は多人数で短時間で終わります。

ですが、就職採用試験での面接は、受験の面接よりも時間をかけて踏み込んだところまでのやり取りをすることもあります。

履歴書には職歴や経験を書くことはできますが、人間性や仕事に対する考え方は書ききれないため、面接で見抜く必要があるわけです。

そのため、どうしてもある程度の時間が必要になってくるのであると考えられます。

投稿者磯山さやか

福祉の仕事に求められるもの


知的障害者相談員や精神保健福祉士だけではなく、福祉のエキスパートとしては社会福祉士や介護福祉士などがいます。

多くの業務が福祉にはあり、それぞれの専門家が従事しています。

現在の日本は少子高齢化が進み、福祉の仕事が必要とされるのは時代の流れから確実であると考えられます。

高齢者に限らず児童障害者の中にも、福祉関連の仕事に従事する人を必要とするケースは少なくありません。

近年、若者たちの間で、福祉の仕事に従事しようと考えている傾向もあります。

ボランティアで福祉活動に参加しているという人や、将来的に福祉の仕事に就くために必要な資格の取得に今から励んでいる人もいるようです。

ただし、どのような内容の福祉の仕事であっても、最も大事なことは1つです。

それは、福祉は人を相手にする仕事であり、相手のことを第一に考えるということでしょう。

日常生活を送る上で相手が抱いている問題を、共に乗り越えていくような手助けをすることが福祉では大事です。

利用者が心を開いて、福祉の仕事に携わる人に相談や援助を求められる体制づくりも必要です。

若い人たちが福祉関係の業務に寄せる興味はますます高まり、福祉の仕事自体も拡大しています。

高齢者社会に突入しつつある日本の福祉は働き手を強く切望しており、福祉という仕事は今後も重要な位置を占めるでしょう。

投稿者レミオ口メンズ




非常識な転職・就職の極意