転職と市場調査の関係


転職と市場調査についてですが、転職をする場合には自分は市場ではどれくらい価値があるのかということが気になりませんか?

自分は社会でどれくらいのメリットがある人間でどれくらいの価値があるのか。

それを知っておくと転職がスムーズに進むのではないでしょうか。

たとえば大手のメーカーの場合には、新しい商品を販売する前には、市場調査を行ってマーケティング活動をします。

それと同じで転職をする自分を商品にたとえて市場価値がどうなっているのか市場調査してみるといいのではないでしょうか。

転職の価値は、市場が決めることですからあなたの今までの経験やキャリアがすごいものでも、転職先が決まらなければ転職はできませんし価値はありません。

では転職の際に自分の市場価値というのはどうやったら判断できるのでしょうか。

最近ではインターネットなどで自分の市場価値を測定できるサイトなどもあります。

こちらを利用すれば自分の市場価値が今どれくらいで転職に有利なのかどうなのかよくわかるのではないでしょうか。

それから求人情報を見るという方法もありますよ。

投稿者 マダムシンコ

海外での就職について


日本人を必要としている職種を選ぶことが、海外で就職しようとするのならば原則ではないでしょうか。

海外就職は、単純に英会話に自信があるだけでは実現不可能です。

なぜなら、英語力だけを重視するのであれば、わざわざ企業側が日本人を採用する必要は無いからです。

例えば、和食の料理人や、言葉によるコミュニケーションが命に係わるスキューバダイビングのインストラクターなどは、比較的海外での就職が叶いやすい職種だといえます。

その国にとって足りない人材を確保することが可能になるからです。

このような技術者や専門家には、優遇して就労査証を発行しているようなので、海外に就職しようとお考えの方は、ぜひ視野に入れてみて下さい。

海外で就職する際には必ず就労許可を取る必要があります。

注意しなければならないのは、不法就労は犯罪になるということです。

万が一不法就労が発覚した場合、国外退去処分となる恐れもあり、罰金だけではすまなくなります。

加えて他国への入国にも支障が出るようになるかもしれません。

就労許可の発給には、どこの国でも数ヶ月以上掛かり、また審査状況も厳しいのが現状です。

けれど、就労許可基準の対象外であったり、特別な資格を持たない場合でも、許可を取得できることがあります。

海外で就職する為に重視されるのは、会社にとって必要な人材か否かという点になりますので、技術や専門知識に自信のある方はぜひチャレンジしてみてください。

投稿者 安蘭けい

就職活動と自己分析


就職活動を始めるにあたってまずは、自分を振り返って見つめなおすことが大切です。

そして就職活動で大切なポイントとしては自己分析、業界研究、企業研究、面接対策、筆記試験対策などを押さえておけばきっと就職活動はスムーズに進むのではないでしょうか。

自分の価値観や選択の基本とつながってそれを満たしてくれる企業や仕事に自分が出会えるのか、それを決めるために活動を行うのが就職活動です。

名前が知れた大手の企業に入ればいいということではありません。

自分にあっていて自分にとって価値のある企業にはいることが就職活動のゴールなのではないでしょうか。

すべての企業がいい企業とは限りません。

大きいからいい企業ということも限りませんし、小さいからよくない企業といも限りません。

企業の良し悪しは自分で見極めるのです。

そのために就職活動というのは行うのですからその点を考えて就職活動の大切さをわかっていればきっと就職活動を成功させることができるのではないでしょうか。

投稿者 山崎真実




非常識な転職・就職の極意