女性の仕事と男性の仕事


仕事に対する考え方や、人間関係に対する考え方は、性別によって特有の考え方があることをご存じでしょうか。

男性は自分を中心とした上下関係を意識するため、仕事上の立場や権限について常に問題視しています。

男性の場合は、同僚や近しい人との間でも、どちらの能力が秀でているかなど競い合う気持ちで相手と接することもあるようです。

これが女性になると、地位や立場よりお互いに相手をどう感じているかが重要です。

私にとって良い人悪い人、好きな人嫌いな人などと職場での居心地を重視する傾向があるのも女性です。

女性は住まいを定め子供を育てる生き物なので、住環境に敵がいないことが大事なのでしょう。

仕事の上で力関係を重んじる男性には、そこに起因するストレスがあるでしょう。

女性が感じるストレスは男性が感じるストレスと異なり、仕事の上下関係だけでなく人格形成や人生設計に関わる場合があります。

女性は職場での居心地を重視する分、常に自分が何処に居るのがベストか模索し続けます。

とはいえ、女性が感じる職場環境でのストレスを、別方向から考え別な場所での居心地の良さを見いだしたり、男性的な人間関係を持つことできます。

女性が仕事を長く続ける為には、職場への居心地、自分中心の人間関係の持ち方をある程度忘れた方がいい時もあります。

仕事の成功やスキルアップなどにもある程度やりがいを見つけ出してもいいでしょう。

投稿者 友近由紀子

仕事とストレス解消


日々の仕事でストレスを感じるという方は、仕事内容以外にも関係しているかもしれません。

人と人との関わりは、仕事をする上でのストレスに大きく関係します。

複数の人間が一堂に会して作業をしてるいのですから、おのずと人間関係というものが形成されます。

誰もが一度は頭を悩ませる対人関係、この対人関係をどうさばくかであなたの仕事ストレスは大きく変わっていくのです。

人付き合いを上手くできるかで、仕事の楽しさも左右されます。

楽しく仕事をできていると感じる割合は、人間関係に問題がない方の方が断然多いようです。

ですが、人と人との関係がスムーズでない仕事場では、仕事への楽しみも減少することが多いようです。

職場の人間関係の良し悪しが、仕事の量や質よりも、仕事の面白さを大きく左右していると考えられます。

協力し合って働いている仕事場では、雰囲気もよく楽しく働けているようです。

人間関係が円滑でそれが仕事にも生かされている会社であればストレスは少なく、ぎくしゃくした関係の中で働いているとストレスが蓄積されやすい職場になりやすいようです。

人間関係がうまくいかないのは、言い換えればお互いの個性がぶつかり合っている状態でもあります。

ストレスのない楽しい仕事をするためには、周囲と仲良くやっていくためのちょっとした心がけも重要です。

相手を思いやり、相手の考えを理解しようと努めるだけでも何かが変わることもあります。

投稿者 友近由紀子

現代社会の仕事とストレス事情


この現代社会はストレス社会と呼ばれています。

おそらく一人も、仕事のことでストレスを全く感じない人はいないかもしれません。

働いている人の半数以上が、精神的疲労やストレスを感じているということが総理府の調査でわかりました。

特に20代後半の女性はたくさんいて、ストレスを7割以上の人が感じているようです。

さらにストレスが残りの人も、全く無いということはないといわれています。

仕事があまりにも忙しすぎることが原因で、自分がくたびれている事に気づいていないということかもしれません。

仕事上の悩みを相談することによってストレスを解消できるように、大手企業の社内には専任の心理カウンセラーがいるような所もあるといいます。

案外ストレスなんて溜まっていないという人に限って、ある日突然大きな病気にかかってしまうことも、仕事を頑張りすぎてしまう分あり得るのではないでしょうか。

もともと責任感が強く、一生懸命に仕事をする人のほうが、ストレスにさらされていることが多いのです。

自分のストレスに早く気づいて、少しでも解消する事が、仕事に頑張る人ほど重要なことなのです。

ストレスが溜まると弱音を吐いてばかりいる人の方が、適当に休みをとったり仕事をペースダウンしたりして、上手にストレスがかからないように調整しているかも知れません。

仕事を頑張りすぎないで、肩の力を少し抜いてリラックスしてみるのも必要なことなのです。

投稿者 友近由紀子




非常識な転職・就職の極意