就職作文の書き方


就職作文はどの様に書けば良いのでしょうか。

作文を通して自分の個性を伝え、希望の動機や考え方などを相手に伝えることが作文の目的です。

つまり就職の作文は、しっかりとした自己分析が出来ていないと書けないものなのです。

では、採用される作文とは、与えられたテーマに対してどう分析し、どのような順序で、どんなことを書いていけばいいのでしょう。

まず、与えられたお題に関する具体的な内容を押さえた上で、自分の主張や考え方を折り込むようにしましょう。

自分以外の他者の言いたい事や、異なる主張との対決に耐えられるような文章構成になっていれば、就職試験に合格する作文となるのです。

会社への姿勢で言えば、求職者それぞれがどう考えていようと実際は関係ありません。

意欲と向上心を持って会社での仕事に取り組み、上司を尊敬し、同僚との和を重視し、会社の一員として励みたいという意欲を示すのが作文の狙いです。

作文では色々な主題が出されていますが、作文を通してすべきことはこれに集約されます。

採用されやすい作文を書くには、将来設計をテーマにした時でも守りに入った内容より、積極性があり挑戦へのモチベーションがあることを主張します。

テーマに対してどんなアプローチで文章を書いてもいいという作文だとしても、字義通りの意味で取っていいものではありません。

作文を求められた場合に書くべきポイントは何か要点を把握しておけば、就職を目指した適切な作文が書けるでしょう。

投稿者 友近由紀子

就職の作文について


就職活動では、試験として作文を書き上げることが要求されることがあります。

就職作文のほとんどは、題目だけの作文の様です。

試験によくあるテーマとしては、「私の生活信条」「就職をするに当たっての抱負」「組織と個人について」「今関心があること」等といったものです。

就職作文のよくある主題としては、1つの名詞だけポンと出してそれについてどう考えるか問うものか、人生や会社についての姿勢を業界情勢や社会情勢と絡めて問うというスタイルのようです。

この時、作文では文章表現力に期待して書かせているわけではありません。

もちろん読んでもらえるレベル以上の作文を書かなければはじまりません。

文章を生活の糧とするわけではない以上、作文1つで人事担当者に深い衝撃を与えるようなものを目指す必要はありません。

求職者にあるテーマで作文を書いてもらうことにより、その人がどんな人物か見たいという理由で就職試験の作文にはあります。

意識していなくても、文章にはその人の性格が何となく予想できるものがあり、それは就職試験のための自己アピール作文なら一層のことでしょう。

書類選考時には、作文と履歴書の両方を使用することもあるようです。

就職希望者が多く、採用人数もそれなりとなる大きな企業の場合、希望者全員と面談するだけでも大事業です。

就職試験で作文があるのは、文章を通してどんな人物かを採用者側が知りたいと考えているからです。

投稿者 友近由紀子

たった2つのポイントを押さえるだけで面接試験に合格するこができると言ったら、あなたは信じられますか?


実は・・・面接開始後わずか3秒で面接官の心をがっちり掴むことができるんです。

その2つのポイントとはなんなのか?

それはこちら⇒ http://tinyurl.com/mensetu

もしも、あなたが、


・「絶対に面接を突破したい!」

・「転職を成功させたい!」


と心から望むのであれば“5分だけ”この手紙をお読みください。

学歴、年齢、性別に関係なく、どんな業種、職種でも使える「面接合格法」をあなたにすべて公開しようと思います。

この手紙を読み終わる頃には、あなたの不安は一切なくなっていることでしょう!

http://tinyurl.com/mensetu

はじめまして、箱田忠昭と申します。

現在、私は転職・再就職支援を行っており、

「できる人」シリーズ(累計37万部)

など、著書も出していますので、もしかしたらご存知のかたもいらっしゃるかもしれませんね。

私があなたにお伝えしたいこと。

それは、「学歴、年齢、性別に関係なく、どんな業種、どんな職種でも面接は合格できる!」ということ。

書店に行くと、転職面接のマニュアル本が溢れているのは、あなたもご存知の通りです。

「自己PR、志望動機がしっかりしていれば、面接は受かる!」

「経験、スキルをPRすれば必ず採用される!」

一見、もっともらしいことが書いてあります。

ですが、はたして本当にそうでしょうか?

自己PR、志望動機、経験は本当に重要なのでしょうか?

絶対に人に負けない仕事のスキルを身に付けていれば、必ず採用されるのでしょうか?

実務経験が少なく、スキルを持たない人は転職できないのでしょうか?

答えは明白。

「NO」です。

私に言わせれば、経験、自己PR、志望動機などより、面接にはもっと大事なことがあります。

「たった2つのポイント」を押さえるだけで、採用を勝ち取ることができてしまいますから。

「たった2つ?・・・それだけで面接に合格できるの?」

はい、そうなんです。

たった2つのポイントを押さえるだけで、会社側はあなたを喜んで採用してくれるようになるのです。

もう、面接で落とされる心配はありません。

学歴、年齢、性別に関係なく会社側はあなたを受け入れてくれるのです。

今すぐ2つのポイントを知ってください。

そして、あなたが理想とする人生を確実に実現させてください。

今すぐ2つのポイントを知る↓

http://tinyurl.com/mensetu




非常識な転職・就職の極意