転職の面接で自己PRをする


自己PRを駆使して採用試験の面接をこなすことで、転職活動をスムーズに進めることができるでしょう。

面接は、短い時間の中で色々な情報が行き交う場です。

担当者は、目の前の人物を採用することで会社の益になるかどうかを見極めるために、話し方や姿勢、服装など、様々な点を見ています。

転職活動の面接で新卒と異なる点は、転職活動を始めた動機、どうして新しい職場を求めているのかを聞かれることが多いので、準備をしておきましょう。

これまでの経験や実績、習得したスキルなども質問されるでしょう。

全部をこと細かく話すとなると長くなってしまうので、簡潔に自己PRできるよう、事前にまとめておくことが必要です。

面接では、与えられた時間内での自由な自己PRを求められることもあります。

抽象的な言い回しでの気持ちや意気込みを言い連ねても、面接担当者に対する自己PRにはならないでしょう。

一度きりの面接の場で、相手に自分を効果的にアピールするためには、どんな自己PRがいいか考えておかなければなりません。

面接の場では、定まった時間内で自己アピールをすることを求められるというパターンがあります。

決して時間は長くなく3〜5分程度が多いようです。

転職ともなればこれまでの経験を長々と話しアピールする方法もありますが、よい印象を持ってもらえないかも知れません。

採用する側も、決められた時間内でポイントを押さえた自己PRができるかどうかという点も見ているはずです。

面接でどのような事を質問されても対応できるように、自己PRの要点をまとめておく事をおすすめします。

投稿者 友近由紀子

転職での自己PRの整理方法


自己PRを要領よく行うために、転職前にはこれからの展望や現在どんな知識や経験を持っているか、どのような会社にいたかをまとめてみましょう。

自己PRの整理をより時間をかけてきちんとするかしないかで、アピールするポイントが大きく違ってきます。

現在に至るまで積み重ねたきた技術や行ってきた仕事などを、わかりやすく文字化することがまず第一歩です。経験や技術を言葉に置き換える作業は決して簡単ではなく、とても大変な作業になるでしょう。

ですが、曖昧だった物事を文字化していく作業は、自分の中に新たな発見があったり、思いがけない自己PRポイントを見つけ出せるということもあります。

一見単調な作業に感じるかもしれませんが、思考を詰めていくことで、段々と自己PRの方向性も見えてきます。

多少の手間はかかっても自己分析を済ませておくことで、転職活動での自己PRが容易になり、モチベーションにもなります。

様々な実績があれば、文章の量はかなりのものになるかもしれません。

これまでの自分が経験してきたことをすべて自己PRとして伝えたいのは分かります。

とはいえ、聞く側も人間ですから、いくら転職活動とはいえ自慢か自己PRかわからないような話では転職失敗の可能性もあります。

自分は何をPRしたいのか、自分は何をこの会社でやりたいのかをじっくり考え、言葉に置き換える事が大事です。

転職活動を成功させるために、作業としては困難かもしれませんが自分自身を分析して根気よく文章にして自己PRをまとめておくことが大事でしょう。

投稿者 友近由紀子

就職作文を書くときの注意点


どんなポイントに留意をして、就職試験用の作文とは書くものでしょうか。

例え将来展望や入社後したいことがテーマでも、初めての給料で買いたいものや、旅行をしたいといった個人的な欲求や自己中心的なことは書かないようにしてください。

就職作文を希望者に課する会社の狙いがわかっていないと、決定的な失敗に繋がることもあります。

この他、就職作文に限らず文章を作成する時には、誰が読んでも意味の通る文章を心がけましょう。

とはいえ、わかりやすい文章、という言い方そのものが茫漠としていると感じる方もいるようです。

しかし、要は難しい表現を使わない、不親切な表現を使わない、知ったかぶりをしないという基本的な事ばかりです。

人間誰しも、つい自分の得意な事になると、さも知っていますと言わんばかりに専門用語や難解な表現を用いて書きたくなるものです。

しかしそんな就職作文は採用担当者である読み手を退屈させるばかりか、下手をすると読んでもらえない可能性も少なくありません。

読みやすさ、理解しやすさを意識して、簡単な言葉遣いで文章を書くようにしてください。

簡単な言葉ばかりだと幼稚で言葉を知らないと思われると心配する必要はありません。

作文では、読みやすすぎるくらいの方が、読む人の身になって書いていると判断してもらえます。

相手を思いやるスタンスを示すことで、就職後も人間関係や取引相手を大事にできるという人物像を示せるのです。

投稿者 友近由紀子




非常識な転職・就職の極意