インターネットでの就職活動


インターネットを使った就職活動についてまとめてみました。
たくさんある就職情報を効率よく集めるためには、求人情報誌、新聞の折込広告、街頭のフリーペーパー、ハローワークへ出向くなどの方法があります。
ここ数年はインターネットを利用して就職の情報を集める人が増えているようです。
実際に検索サイトで「転職」と検索してみると、非常に多くの就職支援サービスのサイトが出てきます。
その中で自分に合ったものを選ぶのは容易ではありません。
インターネット上で提供されている就職支援サービスには「登録型」と「スカウト型」の2つあります。
この2つの違いを理解することが自分にあったサービスを選ぶ第一歩でしょう。
就職支援サービスの1つ目「登録型」というサービスは、比較的大手の就職支援会社が行っているサービスです。
就職希望者がその会社が運営している求人サイトのホームページ上からエントリーします。
その後、その就職支援会社のキャリアコンサルタントとの面談を行います。
キャリアコンサルタントとの個別面談では、いままでしてきた仕事内容、これからやりたい仕事、さらに希望する待遇面など様々な相談にのってもらうことができます。
その面談内容を考慮した上で、希望に合致した複数の企業の面接を受けることができます。
自分のこれから進むべき道がまだはっきりと決めかねている場合には、キャリアコンサルタントに相談してもらえるこの登録型をおすすめします。
もう1つの「スカウト型」は、前もって求人サイト上から、自分の職務経歴や履歴書のほか、希望する職種や待遇内容などを登録しておきます。
そしてこの登録情報を見た企業の人事担当者からのアプローチを待つスタイルです。
インターネット上の「ヘッドハンティング」のようなもので、人事担当者の目に止まるように、履歴書・経歴書・自己PR分をしっかりと作成することが必要になってきます。
自分のやりたいことがはっきりとしていて、現在の就職先と同じような企業を探している場合はこのスカウト型を利用すると良いでしょう。
インターネットを上手に活用すれば就職先探しの幅も広がるかもしれせん。

就職戦線異常有り職業選択の自由についての一考察のTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9108835
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




非常識な転職・就職の極意