就職先探しには自己分析が大事


就職先探しには自己分析をすることがポイントです。
就職先探しで大事なことは、自分が自分をどれだけ理解しているかということです。
何を基準に選べばいいのか、迷っている人が多いのではないでしょうか?
それは自分を良く知らないからです。積極的なのか、消極的なのか、真面目なのか、楽天家なのか、何が好きなのか、何が嫌いなのか、肉体派なのか、頭脳派なのか、何が得意なのか、何が苦手なのか、自分はどんな性格でどんなタイプの人間なのか、性格に答えられる人はほとんどいないでしょう。
分析できれば、逆に長所短所を活かすことが出来て、就職先探しも容易になります。
ここで云う自己分析とは、なにも性格や能力の分析だけでは無いのです。
自分の経験をしてきたことを思い出したり、自分が生きてきた過程を振り返りることでできることなのです。
自己分析は、ただ思うことではなく、紙に書くことで、いろいろなことが見えてくるのです。
これを機会に自己分析ノートを作ってみてください。
就職先探しに役に立つ、必要になる、自分自身の今まで気付かなかった事が見えてくるはずです。
自己分析は自分独りですればよいのでしょうか?
自分を客観的に見ることが出来ても、あくまでもそれは自分の目線でしかありません。
自分の短所には目をつぶりがちです。今まで生きてきた過程で、たくさんの人と関わってきたはずです。
自分は人に対してどんな印象を与えているのか、どんな風に思われているのかなど、家族や、親しい友達や、学校の先生にも聞いてみるといいでしょう。
予想もしないような意見もあるでしょう!
これからはじめる就職先探しにはもちろんのこと、今後必要になってくる履歴書作成や面接にもきっと役立つでしょう。
自己分析をするかしないかで、就職先探しの楽しさを見出せるか見出せないかが分かれてくると思います。

就職戦線異常有り職業選択の自由についての一考察のTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9107810
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




非常識な転職・就職の極意