就職先を探す前に


就職先を探す前に自分の事をよく考えてみましょう。
就職先を探す前に何をすればいいのでしょうか。
下準備は、必ず必要です。
就職先を探すといっても、会社の雇用形態も時代の変化と共に変わってきており、一番の問題は労働者側の希望と経営者側の希望との間にズレが生じて、以前に比べてマッチングが難しくなっているのです。
今非常に問題になっている格差社会の影響があるのでしょうか。
ここ最近では、派遣労働者の業務についての問題などが取り上げられたり、違法な雇用形態によりニュースになっている派遣会社もあるようです。
そんな中で、就職先探しは、年々難しくなってきているようです。このように年々複雑になっていく就職戦線の中で、効率よく自分が求める職に就く為にはどのようにするべきなのでしょうか。
就職先探しは、自分の能力に見合った給料であるのか、生きがいを感じる仕事かどうかなど、人それぞれの最低条件を考えなければなりません。
就職先探しをする前に、世の中の現状や自分を取り巻く環境や、自分の能力などを知らなければならないのです。
人脈も1つの手段です。
就職就職先探しには信頼関係も必要です。
ここで云う人脈は、それを悪い意味でのコネと捉えずに、信頼関係の賜物だと、自分だからこそ採用してもらえたという自信につなげるのです。
自分の希望と合致する就職先に関する情報を積極的に収集しましょう。
比較するポイントは、給与、休暇、福利厚生、手当てなど、たくさんあります。
自分の希望条件を前もって整理しておくことも大切です。
仕事をすることで得られる給料は、生活をしていく上でなくてはならないものですから、いままでの家計の収支を計算しておくことも大切です。
家族の協力が得られるか否かは、今後の生活に大きな影響をおよぼします。
ぜひとも家族と一緒に生活している人は、ひとりで就職活動をするのではなく、周りの人ともよく相談しながら進めていくことも必要です。
とにかく「情報、状況を把握すること」が、効率良く就職先探しが出来る第一歩といえるのではないでしょうか。

就職戦線異常有り職業選択の自由についての一考察のTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9107307
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




非常識な転職・就職の極意