円満退職のポイントは計画性とスケジュール


円満退社のポイントについて調べてみました。

一口に退職といっても、いろいろな退職があります。

定年まで勤め上げて退職をするという人もいますが、会社側の事情で、あるいは自身の理由で退職する人もいます。

こういった事情の他に、退職には円満退職か否かという点があります。

再就職や退職の通知葉書に、円満退職をして、といった言葉が書かれていることがあります。

円満退職とは、社内の人などとトラブルを起こさずに退職をしたことをいいます。

円満退職のポイントは計画性とスケジュールです。

退職日から数か月前に十分なスケジュールを行う必要があります。

円満退職のためには、会社の就業規則を知る必要があるでしょう。

社内の人間関係や待遇に問題があったことが、退職の理由になった人も少なくはないはずです。

しかし、先のことを考えずにその場の勢いで退職をすると、意外なところで後々に響く可能性がありますので、なるべく穏和な退職の形を目指したいものです。

トラブルを起こさずに円満に退職をするには、社内の付き合いの他にも家族や取引先の理解が得られるような退職のスタイルを取れるように心がけることが大事であるといえます。

会社も周囲も納得するような円満な退職を目指す場合は、一両日ちゅうの退職を求めるような、唐突な話はしないようにしてください。

退職したいという希望を伝える時は、1ヶ月〜3ヶ月先の話として、直接の上司に言うという形を取るとトラブルが減らせます。

円満退職のこつのひとつです。

投稿者 友近由紀子
 
[PR]
|保険何でも相談室|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局|
|初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン|キャッシングローンミニ知識|
|結婚式マナー教室|カードローン地獄!! そんなの関係ない!! |奇跡のjugemダイエット|




非常識な転職・就職の極意