有効求人倍率と景況感


有効求人倍率は厚生労働省が発表する数字であり、厚生労働省ホームページなどでも確認することができます。

失業率と並び有効求人倍率は、代表的な労働市場の需要指標として使われているのです。

少なくとも求職者1人に対して1つ以上の雇傭の口が、倍率が1より大きければ存在するということなのです。

1より有効求人倍率が逆に小さければ就職難であることを示しており、求職者に対して求人が不足しているのです。

有効求人倍率は、景気に対して失業率が遅れぎみに数字に表れることに対して、景気と一致する指標とされているものです。

有効求人倍率が注目されているのは、経済動静の見極めに効果があるものだからです。

国内の景気判断をするために有効求人倍率が、毎日新聞や経済分析誌ではよく利用されています。

雇用統計が重要な経済指標として、アメリカでは投資活動に利用されているそうです。

有効求人倍率を経済指標として用いているのが、日本です。バブル経済期の頃は1.4を越える月もありましたが、平成11年から過去最低を更新し続けています。

最近では0.5を割り込む月もあるほど減少しているのが、日本の有効求人倍率です。

近年の雇用環境が厳しいことが数字を見るとわかりますし、有効求人倍率の低下に対応するように失業率も悪化しているのも事実です。

投稿者 友近由紀子
 
[PR]
|保険何でも相談室|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局|
|初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン|キャッシングローンミニ知識|
|結婚式マナー教室|カードローン地獄!! そんなの関係ない!! |奇跡のjugemダイエット|
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36603846
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




非常識な転職・就職の極意