合否を分ける就職のお礼状


どのような効果が就職のお礼状にはあるのでしょうか。

企業側に丁寧に対応しているはずなのに、相手にマイナスの印象を与える場合が就職活動の選考においてあるようです。

面接後に書くお礼状がそうです。

現在、面接に合格するワンポイントのテクニックとしてお礼状は一般的になってきました。

お礼状の送付を奨励しているものも、就職することができるノウハウ本などではあるようです。

お礼状は、面接後の予期しないものなので担当者としてはうれしく感じるでしょうし、良い印象を与えるものです。

就職活動中にお礼状を送ることは、企業側にとって良くないことではありません。

けれど条件はお礼としての気持ちが伝わることでしょう。

就職活動のノウハウ本やマニュアル本などに書かれているような形式的なお礼状になってしまうと、相手側に与える印象は受かりたいという下心だけで、魅力的どころか逆の印象を与えることも否めません。

お礼状の中に卑しい印象を感じたというのが、お礼状でマイナスになったケースで言われていました。

あまりにも届いたお礼状がマニュアル通りですと、形式的だなと面接の担当者に思われてしまうかもしれません。

あの時の言葉はうれしかったですなどの率直な表現でいいので、形式的と思われないためには、一言でいいのでお礼状に自分の面接を受けたときの感情を入れてみることが大切です。

初めて就職のお礼状を送るときは、大変緊張すると思いますが、失礼がないかと気にしながら書くともらった側としてもうれしくありません。

就職のお礼状にとって重要なのは、担当者の顔を思い浮かべながら、一言書き添えること、相手に対する感謝の気持ちを率直に伝えることなのではないでしょうか。

投稿者 友近由紀子
 
[PR]
|保険何でも相談室|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局|
|初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン|キャッシングローンミニ知識|
|結婚式マナー教室|カードローン地獄!! そんなの関係ない!! |奇跡のjugemダイエット|
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35484612
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




非常識な転職・就職の極意