就職のお礼状の書き方


お礼状を就職活動中に出す場合には、基本的に手書きで書きましょう。

企業に好印象を与えますので、就職活動中、企業側に何らかの書類を提出する場合にお礼状は不可欠です。

具体的なお礼状の書き方についてです。

まず宛名ですが、○○株式会社、改行して採用担当者○○様と書きます。

そして右側に学校名を書いたら、改行して自分の名前を記しましょう。

文字は大きめにして、題名を中央に「お礼状」と書きましょう。

「拝啓」から始め、「先日は、お忙しい中……」とお礼や感想を述べるのが、良い書式の例です。

本題では、面接が終わった後ならば「面接させていただきましてありがとうございました」と書き、面接で聞いた担当者の話がためになった、会社にお世話になることが楽しみである、努力して頑張っていく、などの気持ちを書けばよいでしょう。

400文字くらいが、文章の長さとしては適当だといえます。

お礼状を就職活動中に出す場合、あまり形式ばった手紙よりも、自分の率直な気持ちを素直に書いた方がすがすがしく良い印象になるそうです。

初めてお礼状を書くという人は、インターネットなどでお礼状の書き方を検索して参照すると良いのではないでしょうか。

就職のお礼状は、いろいろな例がありますので、自分なりに参考にしながらアレンジして書きましょう。

覚えておきたいのは、説明会へ出席したとき、面接した後、内定をいただいたときなどにお礼状を間を空けないようにして出すということです。

せっかくの感謝の気持ちも、間が空いてしまうと伝わりにくくなります。

文章の最後に「今後ともよろしくお願いいたします」などと書いて締めます。

お礼状を就職の際に出すことにより、先方に好印象を植え付けることができます。

入社後もスムーズな社会人生活が、就職のお礼状によって送れる可能性が高まるでしょう。

投稿者 友近由紀子
 
[PR]
|保険何でも相談室|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局|
|初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン|キャッシングローンミニ知識|
|結婚式マナー教室|カードローン地獄!! そんなの関係ない!! |奇跡のjugemダイエット|
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35295926
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




非常識な転職・就職の極意